So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

写真を撮る方法をマスターし、能力を発揮するのは誰でも可能です! [写真を撮る]


写真を撮るための「方法」とか「能力」について、
前々回から、作家たちのコトバを参考に、考察
してきました。プロの域までは、誰でも到達できます。



写真撮る上の必要な能力と方法に関して




先日から 「写真撮る上で必要な能力」 について、

お伝えしていますが、明快に、ハギレよく、

「それは、こういうことです!」

という具合には、なかなかいきません。

多分、皆さんも、読みながらジレッタさを

感じておられたのではないでしょうか?


「写真撮る上で必要な能力や方法」


というのは、人によって、千差万別、みなそれぞれ
異なっています。

前に言いました

元「スマップ」のヒット曲


sumappu①.jpg
(元スマップメンバー)<ヤフー検索ヨリ>


「 世界に一つだけの花 」

と同じで、私たちは、皆それぞれ、個性が異なっています。

それこそが、オリジナルの能力であり才能と言えるものだ

ということを作家たちのコトバでお伝えしてきました。


つまり、
前回挙げました、

作家「高橋源一郎」さんや、

takaha」si①.jpg
「高橋源一郎さん」<ヤフー検索ヨリ>



大学国文科の駒田信二先生が、

駒田信二①.jpg
「故・駒田信二先生」<ヤフー検索ヨリ>




「誰でも、その人には内に、何らかの能力を秘めている」


という意味は、まさに、そのことことだと思います。


いいえ、他にも、年配の専門家にはそういう人が、
いくらでもいることを知ることができます。


今、写真を学んでいる「さ中」にいる皆さんには
なかなかその辺が、「もやもや」していて、
暗中模索しながら、

本や
写真仲間や
セミナーなどで

いろいろ勉強を続けておられるのだろうと、思います。


そんな皆さんが、私も含めて

「写真撮る上で必要な能力」 というのは

どうしたら、身に付け、発揮できるだろうと
日夜、頭をひねっておられる問題でも
あろうかと思っています。


それが分かれば、少しは、写真を学んでいく上で

「やれば出来るんだ!」 という「自信」を皆さんなりに

持っていただけるのではないかと、考えて、前々回から、
ひつこいように、書いてきております。


そして、

「写真撮る上で必要な能力」 というのは、

プロの域までは、普通の人なら、ほとんどの人が

「可能性」

を持っているということができると確信させられました。

実は、これまでも、それは確信をしていました。

過去に何度かそのことは、書いてきたこともありました。


ただ、それは、私自身が、多くの、プロカメラマンや
写真仲間を観察してきて、得た自分だけの確信でした。


「方法や能力」 は多少の違いこそあれ、必ずプロの域
にだれでもが到達できるという確信です。



そこで、今回は、より、広く専門家の意見聞いて、

客観的には、どうなのか、深く掘り下げて

「写真を撮る上で必要な能力」

が誰にもあるということを、お伝えしたかったのです。


プロの域までは、時間の差はあっても、誰でも
イケルということは言えると思うのですが、

では、そこからはどうなのか?


おそらく、すべてのカメラマンが腐心しているのが、

「この点」 だろうと思います。


そこで、よく知られたベテランカメラマンは、
どういう思いでその辺を考え、写真を撮っているか?


次回で 「篠山紀信」 他、実例を挙げながら

書いてみたいと思います。


今、写真を始めたばっかりの「初心者」の方にはあまり興味
がないかも知れませんが、

写真を撮る「方法」や「技術」がだんだん身に付いてくると、
やがて、直面する問題でもあると思いますので、

まあ、しんぼうして、読んでみて下さいね。



それでは、今日はこの辺で・・・・・・・。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
写真を撮る ブログトップ


スポンサーリンク