So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

一眼レフは安くて軽量カメラで初心者の場合充分傑作撮れます! [一眼レフ]

一眼レフは安くて軽量カメラが、初心者にとって一番!
初めは、使い勝手のよい軽量のカメラを手にしてみて下さい。
操作が多く、重い一眼レフカメラは、初心者にとって不適ですよ~。



1年ぐらい前に、九州の医師、「W」さんから、

「趣味として写真を始めたいがどんなカメラがいいでしょうか?」

という相談メールをいただいたことがありました。

その方が、今年から、このブログで始めた

「最速・独学戦略」

の記事を読まれて、早速嬉しいメールをくださいました。


「最速・独学戦略」

の ①番目、「ブレインダンプ」を実践してみたそうです。


これまで、風景を撮っていたWさんは、

どんな風景を撮ったらいいのか、

迷って、とにかく、よさそうな風景を手あたり次第

撮っていたといいます。


ところが、①「ブレインダンプ」 を実践して、

以前このブログで紹介した、緑川洋一さんの

風景写真集に、最も惹かれていたことを

見い出します。

[地下鉄]
緑川洋一風景①.jpg
(緑川洋一さんの作品から)


注)緑川洋一さんについて。


(今はもう故人になっておられますが、もともとは、岡山で
「歯科医」を開業されていた人です。

写真は趣味として始められたのですが、自分としては、「絵」が好きで、
「東京美術学校」(今の東京芸術大学)に行きたかったそうです。

カメラを持ったのは学生時代で、最初の頃は、人物、風景、ドキュメント
など何でも撮っておられたようです。  

また、カメラ雑誌の「月例コンテスト」
腕を磨いた人でもあります。

私も、先輩からもらったカメラ雑誌の「バックナンバー」の月例に、
この人の名が頻繁に出ていたのを覚えています。

上の [地下鉄] のような、海の写真を撮るようになったのは、
あとあとのことで、瀬戸内海を中心に撮り始めたのが、
この人の「持ち味」を引き出したのだろうと、
言われておりました。

個展や、写真集なども、多く、「写真出版社」に
自作の写真を送れば、「たいてい採用された」 と
雑誌に書いておられました

この人の場合、「プロ」といっていいのか、「アマチュア」
といっていいのか、ちょっと分かりにくい存在の写真家
ですが、

「大物」 写真家といってもいいだろうと思います。


住んでおられた岡山の隣(鳥取県)には「山陰の巨匠」とも
いわれる
「植田正治」 というこれまた、有名な写真家がいました。


注)はここまで・・・・・・



これでやっと、自分の風景に対する「好み」が

決まったというのです。


それから、約1か月。

毎週休日は、車で海へ、走ったそうです。


そして、撮ったのが次の 写真 ② です。


作品海.jpg
(Wさんの撮った写真=佳作)オート・135ミリ


これが、地元の展示会で50点のうち、「佳作」に選ばれたそうなんです。


早朝、朝日と波際の鳥のシルエットを、

必死で、数枚撮ったなかの1枚だそうです。

このタイミングを狙うのに、30分ぐらいかかったと

述べてありました。


撮ったカメラは、初めに安く買った

軽量の一眼レフ(ペンタックス)でした。


一眼レフを購入するとき、

安くても充分撮れますので、

 ゴク普通の軽い一眼レフカメラを買ってください」

 と伝えました。

② 「操作に充分慣れるまで、徹底して、

  オート(自動)で撮れるようになって下さい」

③ レンズは、28ミリ~200までのズームで安価な

  レンズにして下さい」

④ レンズに関しては、単焦点の「28ミリ」か「135ミリ」

  でもいいです」


以上の④点を、お伝えしただけです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一眼レフ:初心者おススメは?安価で充分!ペンタックス試して! [一眼レフ]

一眼レフの選択に迷う初心者へのおススメカメラは?
日本のカメラは、技術的には世界のトップレベルです!
どのメーカーでも一長一短はあります。安価で充分です!
一度、ペンタックスを試してみて下さい!



初心者はカメラの選択はどうしたらよいか? 



ペンタックス①.jpg
「一眼レフカメラ」<ヤフー検索ヨリ>



初心者の方は、最初にカメラを選ぶ場合とても迷います。

ボクも経験がありますのでその辺は、よく分かります。


初心者の方の一眼レフの選び方のポイントは何か?

この点をしっかり押さえておけば、基本的にどんな機種

でも、かまわないとボクは、考えています。



誤解のないように、初めに言っておきたいと思いますが、


「このブログは、働く人が

”プロカメラマになる”ためと、

働く人が

”プロレベルまで写真がウマくなる”

ということを、目指して書いております。


その一番軸になるのは、最終的に、

「カメラ雑誌の月例コンテストに入選する」

ことです。


つまり、四つ切(週刊誌大)の大きさまで伸ばしても、

写真が「クリア」に写っていればそれでOKとします。


これまでも、触れたことがありまあしたが、

カメラも、最低この条件をみたすように撮れれば良い

ということになります。



言い換えれば、「一眼レフ」 なら、日本製のカメラで

あれば、どのカメラでも、いけるということです。



あとは、自分の好みに合うかどうかだけです。


私の場合は、アマから、プロを通じて、ズーッと

「アサヒペンタックス」で通しました。


条件は、

① 軽量だということ。(スナップに最適だった)

② 安価で手に入ったということ(当時)。


この二つでした。


高い製品もあったんですよ。

ただ、学生のボクには、とにかく安いものが

良かったのです。(苦笑)


さらに、ボクは「中古品」を手に入れましたから、

ホントに、やすくて、初心者にも撮れて、性能も

劣らないものが手に入ったと感謝してます。


前にも言いましたが、

スナップの名手 「森山大道」 も小型のデジカメを

ポケットにしのばせて、街に出かけたのですから。



高価なカメラ必ずしも良いとはいえない!



最近ギャラリーで知り合ったクリスチャンのKさんは、

定年後、写真を趣味としていて、カメラについては

詳しい人でした。


ボクが、かつて、プロだったことを話すと、

いっそう、親しくなっていきました。

まあ、そこまでは良かったのですが、知り合って

しばらくした頃、Kさんの自宅を訪れたことが

ありました。

入って、ふと棚を見ると、「ニコン」 の高価そうな

カメラが置いてあるではありませんか。

「いやあ、いいカメラをお持ちですねえ!」

とそれに見入っていると、サッと、ケースにそのカメラを

おさめて、きまり悪そうに、


「 実は、太助さんが、ペンタックスを持っている話を聞いて、

えっ? プロだった人が、ペンタックスなんかを使っているの?

と思った」 というのです。


つまり、ニコンがペンタックスより、高級なカメラだと

思い込んでいたわけです。


自動車で言えば、

「カローラよりベンツがいい車」

と思い込んでいるのと同じです。


あなたはどうですか?


ボクは、カメラそのものに対しての

執着はありませんでした。

日本のカメラの性能を信じていますので、自分の好みに

フイッとしていて、使い勝手がよければ、ニコンだろうが、

ペンタックスだろうが、特に意識したことはありません。



ただ、学生の初期の頃、同期の生徒が「ニコン」を誇らしく

自慢していたのを見て、たいして何も知っていない

ボクは、勝手に、「ああニコンってよさそうだなあ!」

と彼を羨ましく思ったことはありました。(笑)



しかし、カメラは、あくまで道具です。

使いこなせなければ、まったく意味がありません。


ボクが初期の頃使った「ペンタックス・SP」 は、

軽くて、小型で、非常に重宝してくれました。


バイトを終えての帰り、夜中の公園で、

ペンタックスを片手にしばりつけて、

「ノーファインダー」

の練習を繰り返したころを思い出します。


おかげで、プロになって、政治家たちを

取材する時、大ぜいのカメラマンを出し抜いて、

傑作を「ものにできた」のも、小型のペンタックスを

片手で自在にあやつれたからでした。


高価で重い 「ニコン」 なら、おそらくそんなに

ウマくはいかなかったでしょう。


初心者の方が、カメラを選ぶとき、性能より、

自分の、撮る目的や、好みや、使い勝手を優先

して選ぶことが、大事だとボクは考えています。


とにかく、日本のカメラの性能は、

すばらしいですから!




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
一眼レフ ブログトップ


スポンサーリンク