So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

写真撮影:接写(マクロの世界)手法が適当の場合 [接写]

下の写真をご覧ください。


他のブログからお借りした写真です。

(nobuzouさんのブログから引用させていただきました)



nobuzou.jpg




nobuzouさんは、思いっきり近づいたら ボケ たと感想を
書いておられます。



私は、自分のブログで、このところ、何回か

「広角で、寄って撮る」 

といい写真ができやすいことを、書いてきました。


nobuzouさんは、ひょっとして、それを意識されたのかも知れません。


上の写真は、なんと「10センチ」 まで寄って撮ったそうです。

  レンズは = 「14ミリ」 
  絞りは  = F8 

だそうです。


写真は、確かに全体がボケているようです。

花と、ミツバチもわずかにボケていると思われます。



これは、もう 「接写の世界」 だと思います。


マクロレンズを使用すれば、きっと鮮明な画像が撮れるはずです。


私は、「接写」 による撮影は一度もやったことがないので、
「接写」については、立ち入ったことは言えません。


しかし、広角で撮る場合、「10センチ」 まで寄って撮影した
というのは、正直、聞いたことがありません。

ここまで寄って撮るとすれば、やはり、マクロレンズを
使ったほうが良いかなと思います。


「背景がボケた」 とおっしゃっていますが、よく見ると、

私には、花も、ミツバチも、鮮明には写ってないように見えます。


ひょっとしたら、わずかな「手ぶれ」があったかな?
と感じたりしています。


14ミリの広角で10センチまで寄って撮ったことがないので、
実際のところ、よくわかりません。


ただ、この試みは、一つの実験的撮影とすれば、素晴らしい
と思います。


なぜなら、普段、しないことを試みてみるというのは、
「創造的写真」 を撮るうえで、非常に大切なことだと
思うからです。


えらそうなことを、言うわけじゃないのですが、
自分が使用するカメラやレンズを使いこなすのは、
スナップ撮影をする場合、最低条件だと思うのです。




次の写真は、2009年フオトコン誌で
年度賞2位になった主婦の(N)さんという方です。




西原.jpg






この方は、翌々年に「1位」になった実力者です。


そのNさんが、


「写真を撮影する前に何を考えるか?」


という問いに対して次のように答えています。



撮影場所が決まり、被写体も決まったあと、


「 どんなイメージで撮ろうか?

・広角で力強くしようか、
・望遠で、背景を整理して撮ろうか、
・高速シャッターでシャープに撮ろうか、
・スローシャッターで、流し撮りに挑戦しようか、

などを決めます」 と。



広角から望遠まで、(この場合ズームレンズだと思います)
さらには、高速シャッターや、スローシャッターで撮ったときの
イメージが、頭には、ほぼ出来上がっているわけです。


なので、広角でどの位の絞りを使えばどんな写真になるか、
シャッター速度まで、含めて、

すでにカメラ操作が、迅速にできるところまで、イメージが
出来上がっているのだと思いますね。


自分のカメラが使いこなせるというのは、こういうことなんですね。




今日は、「nobuzouさん」の写真を引用させていただきました。

事後承諾になってしまいましたが、どうぞ勘弁してやってくださいね。

ありがとうございました。


熱い中ですが、nobuzouさんも頑張って下さいね。



nice!(1)  コメント(2) 


スポンサーリンク