So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

広角レンズのコツを掴めば初心者でもコンテスト入選し易いです! [広角レンズ]


前回、広角レンズで撮った写真を数枚載せましたが、

どうでしたか?


これまでにも、広角レンズについては、触れてきましたが、

先日、広角一本に絞り込んで入選できたという

「G」さんのメールが届いたものですから、ここで、

もう一度広角レンズについて、書いておきたいと思います。



広角の種類と特徴



広角レンズは、


① 超広角=24ミリ未満。

② 広角24ー45ミリ。

③ 標準50ミリ前後。
 


元々は、「厳密な規格」 があったようですが、

カメラマンたちが、普通に言う場合、上記のような

区分けをしているようです。


けっこう アバウト な感じですね。


ズームレンズが普及してからは、

「20ぐらい~300ぐらい」のズームが出回って

いますので、最初からズームレンズセットのカメラを

購入すれば、普通に撮るのには、ОK です。


まあ、最初の頃から、数年は、

「20~200」 ぐらいで充分間に合うと思います。


この辺は、個人差や好みなどもあると思いますので

そこは、知人や、買う店などで相談してみて下さいね。


ちなみに、カメラ雑誌の入選作に使用されている

カメラレンズは、


下は「20ミリ前後」

上は「200ミリ前後」

が多いようですね。


300ミリになると、手持ちではなかなか 「ピント」 を

あわせるのに、苦労します。

慣れてくると、そうでもないですが・・・。



  
   < 広角レンズとは >



超広角は、特殊な場合しか扱いませんのでここでは

省きますね。


あなたも含め多くの方が使用するのは、


ほとんど ② 番目の



「24~45ミリ」 となります。



ここでは細かい説明はやめておきますね。


あなたが、カメラ雑誌のコンテストに

「入選」 できやすいことを、目指して、

説明していきたいと思います。



コンテストに入選している「広角レンズ」は、

「アサヒカメラ」「日本カメラ」「フオトコン」

の「3」誌に限ってみたところ、


「28~35ミリぐらい」 が、多いように感じました。


これは、「広角レンズ」の特徴を知れば、

なるほどと、納得されるだろうと思います。



    < 広角レンズの特徴 >



① 遠近が鮮明に写る。(遠近感がウマく表現できる)



② 手前に写ったものが大きくなるため、
  インパクトが強く、それだけ印象が深くなる)



③ 絞りの設定によって、手前から遠方まで
  ピンとが合うため、操作はしゃったーを
  押すだけで済ますことができる。



④ ③によって、シャッターを押すだけで
  いけますので、子供でもとることが可能。



⑤ 街中のスナップなどでは、便利。

  (コンパクトカメラをポケットにいれて、
  持ち歩き、即座にスナップできるのもそのため)

  

⑥ 画角が広い(巾広く写る)ので
  ノーフアインダーで撮ることが可能。




以上、思いついたところをアトランダムに書いてきましたが、

だいたい分かっていただけたと思います。



前回、ご紹介した写真は、ほぼこのうちのどれかに、

当てはまると思います。



そこで、次回にそれらの写真をもう一度取り上げて、

感想や、撮ったときのエピソードなども加えながら、

お伝えしてみたいと思います。


前述の「G」さんが広角レンズ一本に絞って、

入選した理由が少しは理解していただけると

思います。



それでは、今日はこの辺で・・・・・・。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

広角レンズ:入選作すべてが広角!コレ使わなきゃもったいないです! [広角レンズ]

広角レンズの特徴や効果は、写真に見ばえを与えます!
入選作すべてが、広角で撮った写真だと気づきビックリ!
偶然ではありません。  実例をご覧ください!



見直そう広角レンズの威力!



昨日、あるカメラ雑誌をみていると、プロの指導による
撮影会の模様が出ていました。


撮影会といえば、一人のプロカメラマンが限定場所で、
希望者とともに写真を楽しみながら、指導していくというもので、
毎月、カメラ雑誌などで、よく見られる光景です。


今、大人気のカメラマン「米美知子さん」は、
こういう撮影会を精力的に開いておられるようで、
頻繁に見かけますね。


もちろん、他のプロがツアーなどで撮影会を
催している場合も、よくみかけます。


地域には、大体、有力な「カメラくらぶ」があって、
同じような撮影会を行っているようです


関西のある写真クラブ.jpg
(関西のある写真クラブ)



各地域などには、年度賞作家がいたりして、そんな人が、
中心となって、教えている例も多いようです。

注)
年度賞作家 = カメラ雑誌のコンテスト一年間を競って
       1位~5位までになったベテランの
       アマチュアカメラマンのことです。


撮影会を行うと、その結果をプロが審査して、
コンテストをおこなう場合もあります。



私が、今回、ここに取り上げたのは、

プロ指導のもとで、行われたある「」の

コンテストに参加した人たちの入選作です。



大体、どのコンテストでも、「入選作」は、

「広角レンズ」 で、

撮影したものが、多いですね。


特に、私が今回見たカメラ雑誌に掲載されていた入選作は、
撮影データを見ますと、
なんと、そろって、みな 「広角レンズ」 による作品でした。

グランプリ=1点
入選   =9点

合計10点の写真が並んでいます。



「偶然」 だという人もあるかもしれませんが、
あながち、そうだとばかりは言えません。


皆さんが持っているカメラ雑誌を開いて見て下さい。

入選作の中には、「広角レンズ」で撮った作品が
相当あるはずです。

最近は、ズームレンズがほとんどでしょうから、
広角で撮ったか、中望遠で撮ったか判別しがくいかも
知れません。

その辺は、慣れてくると、写真を見るだけで、
大体、見分けがつくようになります。


いずれにしても、入選作10点が、皆「広角」であったとは、
正直驚きました。


しかし、実際それほど 「広角レンズ」 には威力があるんです。


広角で撮った入選作の紹介



それでは、実際に入選した作品をご覧いただきましょう。

(下①~⑥の写真は 「日本カメラ」 誌のバックナンバー
ヨリ引用させていただきましたのでご承知下さい)



10点のうち、投稿の都合で6点を載せました。

ケータイで撮り直していますので、ちょっと
見づらいところもありますが、

「広角の特色」 が、

よくとらえてあると思います。


「広角の特色」をもう一度簡単に挙げておきますと、


  <広角レンズの主なメリット>

1)遠近がハッキリしている。
2)手前が強調されて迫力感が出やすい。
3)被写体の大小の違いがハッキリ出るため、印象が強くなる。

あくまで、これは、私個人が感じているものですので、
あまり、神経質になり必要はありません。

一言でいえば、「パッと見た瞬間の迫力が強い」 と言えるでしょう。


それでは、写真にうつりましょう。



①(グランプリ)
グランプリ②.jpg


手前の蓮の葉の群れ、中間の水面、その向こうの山々と雲。(遠近)
全体としてバランスがとれていますよね。
さらに、水面にうつる雲の表現が美しいです。

空の雲と水面の雲を対比させた構図はプロでも非常に多い
表現の仕方ですね。

カメラ雑誌を見る時、注意して見て下さい。
そして、その表現法も実践してみて下さいね。

写真が映えますよ!



②(入選・以下同じ)
入選①.jpg

海と灯台の夕景です。これに似た写真はよく見ますね。

手前のさざ波、中間の灯台、そして、遠景の岩(?)。
定石どおりです。



入選②.jpg

これは、広角の特徴が一目でわかりますね。
周囲も広くとって、田舎の田畑が、犬と散歩する人の
生活感が表れていると思います。



入選③.jpg

この写真は、かなり寄って撮っていますね。
餅つき、特に、「餅」 を強調しているところでしょう。



入選④.jpg

コレは、一種の 「トンネル構図」 で手前に大きく桜を捉え、
枝の間、かなり向こうに、シルエットの岩が配置されています。
さらに、かすんだ山々が、はるか向こうに見えますね。



入選⑤.jpg


この写真 ⑥ は、「広角」で撮ったものだと、すぐ分かる写真です。
どうですか?

手前の紫陽花をウンと手前に寄せて、「ウワッ!」 と目に入ってきそうです。
はるか遠くの山肌、空の雲の様子、ウマクまとめていますね。


<一言>
もし、これを私が撮るとすれば、もう少し俯瞰(上から)して、遠方に見える
山々をもうちょっと入れます。
さらに、下を真ん中の紫陽花の付け根までカットして、空をわずかに
広く撮ります。

そうすることによって、空気感も広がり、紫陽花も今より
強調され、もう少し「スケール」が出るようなきがします。 



それでは、 どうぞ参考にしてみて下さいね。 











nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

広角レンズを使いこなそう!その効果はコンテストで証明済み! [広角レンズ]

広角レンズの魅力を何度かお伝えしてきました。
その効果もコンテスト入選作でお伝えしました。
今度は、皆さんが実践してみて下さい!




広角レンズは便利!




広角レンズについては、これまで述べてきましたように、

本当に重宝なレンズだと私は思っております。

特に、雑誌や、種々の週刊誌には載っている写真は、広角で撮られているもの

がかなり多いように見受けます。



正直、私も、プロになってから、1年近くは「広角」ばかり

使っていました。



(広角れんず装着したカメラ)
カメラ.jpg
(これはニコンですが、私は、ペンタックスでした)




というより、最初、広角の「28ミリ」での「スナップ」を

マスターしてきましたので、自然にそうなったといった方が

いいかもしれませんね。



しかし、いずれにしても、広角レンズは「利便性」が高い

レンズだと思います。



ただ、注意すべき点は、被写体に近寄るか、撮る角度によって、

「像」に、ゆがみが出てきたりしますので、それを頭に入れて、

広角の使い方に慣れていってください。



広角の場合、前景を強調できることが、私は、気に入っていました。


簡単に言えば、

①「近くが大きく撮れる」
②「広範囲が撮れる」
③「近くから遠距離までピンとが合う」

この3点を大いに利用しました。


のちに、「覚せい剤」 の取材をしたときなどは、

覚醒剤そのものの存在感をだすために、それに近寄って、

「これが覚醒剤だ!」

といわんばかりに、撮影したものです。

「ヤク」 の強調に「広角」は持ってこいのレンズでした。


コンテストなども、 入選した写真のほとんどが、「広角」で撮ったものです。

たまに、「135ミリ」 の中望遠を借りて撮ると、

ウマくいかなかったのです。


2011年と2013年に3誌のカメラ雑誌「月例コンテスト1位」

を成し遂げた「S」さんをご紹介したことがありましたが、

この人も、調べてみると、入選作の多くが「広角レンズ」で撮った写真でした。

インパクトのある写真が多かったですね。


このブログでも、その幾つかを載せましたので覚えている方も

おられると思います。
























広角レンズは便利!





広角レンズについては、これまで述べてきましたように、

本当に重宝なレンズだと私は思っております。

特に、雑誌や、種々の週刊誌には載っている写真は、広角で撮られているもの

がかなり多いように見受けます。



正直、私も、プロになってから、1年近くは「広角」ばかり

使っていました。




カメラ写真)




というより、最初、広角の「28ミリ」での「スナップ」を

マスターしてきましたので、自然にそうなったといった方が

いいかもしれませんね。



しかし、いずれにしても、広角レンズは「利便性」が高い

レンズだと思います。



ただ、注意すべき点は、被写体に近寄るか、撮る角度によって、

「像」に、ゆがみが出てきたりしますので、それを頭に入れて、

広角の使い方に慣れていってください。



広角の場合、前景を強調できることが、私は、気に入っていました。


簡単に言えば、

①「近くが大きく撮れる」
②「広範囲が撮れる」
③「近くから遠距離までピンとが合う」

この3点を大いに利用しました。


のちに、「覚せい剤」 の取材をしたときなどは、

覚醒剤そのものの存在感をだすために、それに近寄って、

「これが覚醒剤だ!」

といわんばかりに、撮影したものです。

「ヤク」 の強調に「広角」は持ってこいのレンズでした。


コンテストなども、 入選した写真のほとんどが、「広角」で撮ったものです。

たまに、「135ミリ」 の中望遠を借りて撮ると、

ウマくいかなかったのです。


2011年と2013年に3誌のカメラ雑誌「月例コンテスト1位」

を成し遂げた「S」さんをご紹介したことがありましたが、

この人も、調べてみると、入選作の多くが「広角レンズ」で撮った写真でした。

インパクトのある写真が多かったですね。


このブログでも、その幾つかを載せましたので覚えている方も

おられると思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラマン:コンテスト荒しと呼ばれる人の使う広角レンズ! [広角レンズ]

カメラマンになるため、カメラ雑誌で腕を磨く人は多いです。
中にはコンテスト荒しと言われる,群を抜いた優れた人もいます。
何故そんなにウマいのか?その理由は「広角レンズ」にあるのでは?




<広角レンズの魅力と表現 ①>


広角レンズは、使い方しだいで、大きな効果を発揮してくれます。

今回は、コンテストで上位入選する人たちが「広角レンズ」を

どんなふうに、使用して作品を作っているか、各種カメラ雑誌の

入選作の実例をもって、皆さんに、見ていただこうと思います。


まず、その作品をいくつか掲載してみますので、

先にそれをご覧ください。

(画像が鮮明ではありませんが、実物は、
ハッキリ写っておりますのでご了解ください)



作品

スイカ寄る.jpg

「スイカ」

「18ミリ」で、至近距離から撮ったものです。

「子供の表情、力が入った手の形は、今にも食いつきそうだ
・・・暗いばっくにスイカを中央に配した構図、シャッターのタイミング、
絶妙です・・・・」

審査員から絶賛された作品で、もちろんトップです。


この時の審査員は「大石芳野」氏。
報道写真家であり、大学の教授でもあります。
女性写真家の大御所的存在です。






嫁入り①.jpg

「花嫁」

これは 「24ミリ」で、至近距離から撮ったものです。

撮った場所が一段高く、見下ろす状態になれたようです。

今まさに通り過ぎようとする花嫁を、思いっきり
近寄って撮ったものだと思われます。

「犬がいて、ユーモア感が撮れたことと、アングルの良さが
良く、意表をついた写真となった」 

ことが、好評でした。



花と階段.jpg

この写真は 「プロ」 の撮ったものです。

曼珠沙華を手前左に置き、場所の状況として、
そのずーっと奥まで、遠近を表現したものです。

これは、「広角レンズ」の 「得意」 とするところですね。



木株広角.jpg

巨木を強調したものですが、この写真は少し弱かった
ように思いますね。



次に、広角を生かした「巨木」の例でもう一つ別の「入選作」をお見せします。



木広角最高.jpg
(フオトコン誌バックナンバーヨリ)

月例コンテスト「ネイチャーの部」で推薦になった作品です。

奥の流れや光も含め、好評だったのですが、手前の
 「木株」 の状態のすさまじさと大胆さに審査員は驚いたようです。

この作品の場合広角レンズの典型的な例かもしれません。

いずれにしろ、「広角レンズ」では、このような表現が可能です。



アコーデオン.jpg

「広角」でウンと、そばによって撮った写真です。

この場合、このおばさんと撮影者は、かなり親しいか、
お友達のような関係にあるのかもしれません。

広角を使って、ここまで被写体に近寄れるのは、

普通では、なかなか、難しいでしょう。


今にもニヤッとしそうな表情、右手の格好、
アコーデオンの開き具合、
やや年配者を思わせるズボンのシワなど、 全体として、

なんとなく 「フワっとした温かみ」 が感じられる
写真です。

普通なら、80みり~135ミリをつかいたいところですが、
おそらく、この「温かみ」が出るかどうかは疑問です。

そして、この暗さでは、中望遠は、は使えないかもしれませんね。




ーーー 以上5枚の写真を見ていただきましたが、

どだったでしょうか?


私は、前にも言いましたように、「28ミリ」 だけを使い続けましたが、

広角で撮れないからと言って、他のレンズに「色目」を使うことなく、
ひたすら、「広角レンズ」をマスターしました。

たまに、どうしてもダメで、人から中望遠を借りることはあっても、
基本的には、「広角レンズ」を徹底的にこなしました。


すると、妙なもので、「中望遠」 の役割を 「広角」 で表現できる
方法はないものだろうかと、あれこれ模索するような
ことがあります。

そんな時、以外な妙案が出てきて、「ハッ」 と
するようなことがあったりします。


「一事は万事に通ずる」

といいますが、写真にもそれがいえるのではないでしょうか?





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
広角レンズ ブログトップ


スポンサーリンク