So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

プロカメラマンの収入は依頼があってこそ|素人で百万稼ぐ人もある! [稼ぐ素人写真家]

プロカメラマンの収入って、みなさん気になるようですね。
プロカメラマンの収入は、依頼があってこそ手に入るものです。
依頼 がなければ、無収入といってよいでしょう!
しかし、アマチュアと言いながらスゴク稼ぐ人もあります。



一律でない カメラマンの収入




プロカメラマンの収入を気にする人が、私たちの
写真グループの中にはいます。


ハタから聞いている人は


「そりゃ、当然だろう!」


とおっしゃるかもしれません。

でも、グループに入ったばかりの大学生「Ⅿ」君が
そう聞くのです。


まだ写真を始めて1か月ぐらいにしかなりません。

自分が果たしてプロになれるか、どうかも
まだわからぬ先に、収入の方が気になってしまうんですね。


「うーん~~~~?」


と、首をかしげたくもなるのですが、

それは、ともかく、今日は、前回取り上げた


「自称、”素人カメラマン” と名乗る一人のカメラマンとその収入」


が、もっぱら話題になりましたので、この人を取り上げて
考えてみたいと思います。


なんといっても、月収 「100万」 は正直スゴイと思います。


私の知るところでは、プロカメラマンの多くは、


「年収=200万~300万」 ぐらいです。


もちろん、「500万」、「1000万」 と稼ぐカメラマンはいます。

特に、「広告写真」を撮るカメラマンは、収入が多いですね。

それと、「女性科のカメラマン」 も多いです。

例えば、週刊誌とか、カレンダーとかですね。


報道カメラマンは、仕事の厳しさに比較すれば、かなり低い
と思わざるをえないです。


昨年亡くなられた「福島菊次郎さん」は、もしその気に
なれば、相当な収入を得てもおかしくないお人だったと思いますが、


「原爆」、「軍事」、「政治」・・など反国家的写真を撮り続けたため、
さまざまな、組織の弾圧や反対に会い経済的には恵まれていなかったようです。


晩年には、国から出る「年金」さえ拒否したと聞いています。

しかし、その業績のすばらしさは、歴史に残るといっていいほどの
偉業を成し遂げた、「偉大な写真家」 だと私は思っています。


作品 「日本のうそ」 はとても評判になってるようですね。


書けば、カメラマンと収入も「千差万別」の世界です。


そこで、先ほどかきました 「自称素人カメラマン」
という人の収入「100万」について、言及してみたいと思います。

カメラマンの仕事や収入も一律ではないことを
知っていただけたらと思います。


素人カメラマン?の収入について




まず、プロカメラマンとはどんなカメラマンを言うのか?

それに対して曖昧では、話が進めにくいので、
ごく簡単な定義をしておきますね。



① プロカメラマン = お金を稼ぐことを職業とするカメラマン。
② アマチュアカメラマン = お金を稼ぐことを目的としないカメラマン。



実際には厳密な区分けは難しいのですが、
ここでは便宜上 ① ② のようにしておきたいと思います。



さて、では先に述べた 「自称素人写真家」(仮にⅮさんとします) という人は、

区分からすれば、「プロカメラマン」 といえると思います。


好きなを旅(世界)しながら、行く所々で、撮っては、売るという
方法で稼いでいるそうです。

それが、けっこう売れるみたいですね。


いったいどんな写真なのかをみてみましょう。


(Ⅾさんのブログから引用させていただきましたので
どうぞ、ご了解くださいね。)



①素人.jpg




女見本45.jpg




素人③.jpg



Ⅾさんは、自分では、「へたくそ」とおっしゃっていますが、

どうしてどうして、なかなかの腕前とおみうけしました。


ここで、Ⅾさんのおっしゃっていることを、前回に続き、もう一度
ご覧ください。


 ”写真の勉強” は、旅に出てから独学で始めたので、
プロの方から言わせれば”下手くそ”でしかないと思う。

カメラの扱い方など細かいことを言われると、全然わからない。
もちろん写真に対する思いは真剣そのものだけどね。

こんな僕らですが、写真で稼いでるお金だけで

月収100万円以上”。


自慢できるような数字ではないけど、単純に素人の僕らでも
これくらいのお金は稼げるのだと、
自分たちでも驚います。



どうやって売るの?
どういう写真が売れるの?


僕らが常々心がけていることは、暑苦しいほどの

・ 写真に対する思い入れと、
・ 熱意と、
・ 勇気、、、、


そんなところでしょうか。


・ 絞りがどうの、
・ シャッタースピードがどうの、
・ 露出がどうの


なんてことは今の時代、必要ないですね。

なにせカメラが ”高性能すぎて”
誰でも簡単に美しい写真が撮れる時代です。


数パターンあるそのカメラのシーン選択を覚えるだけで
一通りの写真が取れてしまう時代です。


すべて 

”オート”、 自動で

これらの調整をしてくれる時代です。

そんな時代に、わざわざ古めかしい技術を勉強し遠回りする必要はありません。

その時間があるのなら、被写体に接近するための
技術を身に着けたほうが断然良いと思う。


僕らが人物を撮るときの距離は

その人物から 

” 60cm~ せいぜい 2メートル ”

望遠レンズで隠し撮り、なんてことも初めはしてきたけど、
そんなのでは納得いく写真が撮れず、

今はこのスタイルに落ち着いています。



この写真家 Ⅾさんは、次のようにも、話しています。


 僕が思うに、写真の質やカメラの質、

そんなものに拘らなくても、売れます。

技術的な勉強も必要ないし。

こんなことを言うと一部のプロの写真家に怒られそうだけど、

結局は自分で撮った写真に多くの人が共感して、感動して、

写真にお金を支払ってくれる人がいれば、それが「プロ」であると思う。


プロ、つまり ”その世界で稼いでいる人” が、

イコールであって、どんなに素晴らしい写真を撮っても、

それが売れなければ ”アマチュア” だと思う 」


Ⅾさん ”写真の撮り方” も知りたいですね。



 僕らの場合、人物中心の写真だけど、とにかくその人物に歩み寄り、

なおかつ相手に ”カメラを意識させない事” を常に意識しています。

異国の言葉も通じない中で、撮りたい人物に接触し撮るのは結構難しい。

小さな子供なら簡単、それは相手が構えず無邪気に向こうから歩み寄ってくるからね。
しかし大人を撮るのは本当に難しいと日々感じています。」 と。



60センチ~2メートルまで寄って
” カメラを意識させないで ”

写真を撮るということになるわけですが、撮る側としては、
非常に難しいところですね。


でもこれこそ、「スナップ」 の王道といえるかもしれません。


このことを書きながら、私は、雑誌「フォコン」の月例コンテスト

2012年度「年度賞1位」を受賞した 「牛馬寿子」 さんを思い出しました。

牛馬さんは、まさに「Ⅾさん」の撮り方を実践していた主婦カメラマンでした。

その後も、きっと、腕をあげておられることでしょう。


手持ちのカメラ雑誌を開いて見たところ、

Ⅾさんが、言っておられる
近くまで寄って、オートで撮った入選作がありましたので、
載せてみましょう。



橋女④.jpg



②線路.jpg



祭り③.jpg



みなさんも、カメラ雑誌の入選作品をもう一度
見直してみてください。

Ⅾさんのおっしゃっていることが、お分かりになると思います。


Ⅾさんは、こうして、旅をつづけながら、

月収「100万円」という収入をあげておられるわけです。

誰でも、マネのできることではありませんが、

非常に参考にできる実例だろうと思います。





nice!(1)  コメント(0) 
稼ぐ素人写真家 ブログトップ


スポンサーリンク