So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

才人アラーキー:モデルに打ち込む魂が、次は「書」で町おこしや! [アラーキーと書]

才人アラーキーさんは、奥さんをモデルにし、女優も撮りまくる。
被写体は、変遷きわまりなく時代を駆け巡るように「止」を知らない!
その才能は、「書」にも移って、展示で町おこしまで始める!




アラーキーさん ・ その才能は「書」にも!




前回、アラーキーさんの天才ぶりに少し触れました。


すると、それを読んで下さった読者の方から、

「 アラーキーさんは、”書”の才能もありますよ」

と言った、メールが届きました。



そう言えば、いつだったか、アラーキーさんが、
筆で、なにやら、「文字」を書き込んでおられた
自作の写真を、テレビで見たことがありました。


私は、読者の方が送って下さったメールを見て、

「へーっ? そうなんや・・・?!

「この人、奇人? 変人?  いやいや、やっぱり天才なんや!」

と、あらためて、驚きました。



私はこれまで、正直いって、アラーキーさんには、そんなに
興味がありませんでした。


こんなこと言うと、誤解を受けるかもしれませんが、

パッと見で、

「変なおやじさんや!」 と

決めつけていたところがあって、

それほど、関心が持てなかったのです。



しかし、読者さんが前述のメールを下さった時、
私は、少しアラーキーさんのことを調べてみました。


いや、調べざるを得なかった。

といえるかもしれません。



そして、全く偶然なのですが、2日前に借りていた

雑誌「文学界」を開くと、女優さんのグラビア写真に、
「アラーキーさん」の「書」が書かれてあったのです。


次の写真がそうです。



アラーキー書.jpg




書③.jpg



書の目利きでもある展示界隈のHさんと言うコーヒー店主さんは、

「 サービス精神あふれる 諧謔(かいぎゃく)性が先生らしい。
筆の入りが優しく、いやらしいけれん味がない。

これは90歳以上にならないとたどり着けない境地です 」。


とアラーキーさんのことを評していました。


独特の文字は、最初、写真集の題字などで話題になり、

海外で書展が開かれたこともあるそうです。

国内では初めての展示会だとか。




アラーキーさんの芸術への思い!





昨年、右目を失明されたそうです。

町お越しが行われた当時(2年前)、アラーキーさんは、
今、病と老いのなかに居るといっても、過言ではない
状態だとありました。


アラーキーさんを身近に知る人は、

「そんな中で、見つめた生と死。

冴えた遊び心が躍っている。」

と彼を讃嘆しています。




アラーキーさんが 「書」 を本気で始めたのは、

ちょっと風変わりな写真家として、

世間に波風を立てていた「30代」のころなのだそうです。



アラーキーさんは、

作家の富岡多恵子さんに

「 すてきな字。 書10+ 件道教室なんかいっちゃ駄目よ 」

と褒められたことが、励みになったと言ったそうです。


つまり、「妙なところに」に行かないで、

純粋な自分の「書」を書いてほしいというような
意味ではないかと思います。



そして、アラーキーさんは、次のように
語っております。


「 やってることは、俺の『私写真』と一緒。

技術がどうのじゃなくて、自分の思いが表れていなくちゃ

”書”だって面白くないよ」 と。


さらに、

「 我流の道を二刀流でゆく 」

と結んだそうです。



流石(さすが)ですね。

私が今回申し上げたかったのは、実は、この最後の



「 技術がどうのじゃなくて、自分の思いが表れていなくちゃ、

”書”だって面白くないよ 」


という言葉でした。


私は、写真表現も、全く同じだと思っています。



それでは、今日はこの辺で・・・・・・・。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
アラーキーと書 ブログトップ


スポンサーリンク