So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

風景カメラマン:中西敏貴・美瑛に惹かれ、魂の叫びを求め続けて20年! [中西敏貴]

風景カメラマン中西敏貴さんは、北海道・美瑛に惹かれ、
わが魂の叫びに導かれてその地に移住しました。
爆発的にその地を撮り続ける今、注目の風景写真家です!




このブログでは、働きながらプロカメラマンになろうと
している人たちを少しでも応援できる記事を更新しております。


仕事をして、そのかたわら、独学で写真を学ぶ人にとって、


一番大事なのは、

「 その人にとって、写真を学び続ける為の

ー 士気を高める力、希望の炎を燃やす力 ー

を、啓発してくれる存在ではないかな 」

と思っています。




私自身、独学中、いつプロカメラマンになれるのだろう?

と何度、自問自答を繰り返してきたか知れません。

確実にプロになれる保証など何もなく、暗中模索の中で

不安と焦燥に駆られる日々が続きました。

そんな自分に、「やれば必ずプロになれる!」 と、

励まし、勇気を与えてくれたのは、実在のプロカメラマン
が活躍する姿だったのです。


前にもお伝えした独自の 「切り抜き帳」 を作ったのは、
そのためでした。



特に、自分と同じように、独学でプロになったカメラマンの
体験や記事には、どれほど励まされたか知れません。

これまで、ご紹介した


・蜂須賀秀紀
・竹内敏信
・英伸三
・大森けい子(詳細は不明です)


などのカメラマンは、その代表的な人でした。

どの方も、60代、70代の今も現役カメラマンとして、
大活躍なさっています。



写真を学ぶ上で、撮影のノウハウや、カメラ機種、レンズなど
も大切ですが、上記のようなカメラマンの実像を知ることが、
独学者にはもっと、大事かつ必要ではないかと思っています。


私が、いろいろなカメラマンをご紹介するのも実はそのためなのです。


そして、ご紹介する中で、テーマの選択や、機材などについても、
ある程度は学んでいただけるのではないかと思います。



突き詰めれば、結局、写真家には、


「自分が、心から表現したいと思っているものは何か?」


を追及する行為そのものが、問われていると思うのですが?



「 どうしても、これを撮りたいという魂の叫びを

自分の中に、求め続ける行為こそ 」

写真家の究極の姿ではないでしょうか?



あのムンクの絵も、ムンクの抑えようのない 「何か」 が、

体の奥底から、噴出して、あの表現となったように思えて
なりません。


「ムンク = 叫び」
Wikipediaヨリムンク.jpg
(Wikipediaヨリ)



前回、北海道の「美瑛」に惹かれてその地を撮り続けた風景カメラマンの
中西敏貴(なかにしとしき)さんは、まさに、そんなカメラマンの
一人ではないでしょうか?


というのは、ちょっと、飛躍でしょうか??


なんか、つい、エスカレートしてカタイ話になってしまったようです。(苦笑)


どうか勘弁してやってください。



それでは、今日はこの辺で・・・・・また次にお会いしましょう。






nice!(1)  コメント(1) 
中西敏貴 ブログトップ


スポンサーリンク