So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

写真家:土門拳賞受賞者のスナップ撮影スゴワザを公開します! [写真家]


2016年土門拳賞受賞者Yさんのスナップ撮影秘話を紹介します。
30年間、写真家として、撮り続けてきたスゴワザに驚かれることでしょう。
アサヒカメラ誌上で密着取材が公開されましたので、再現して
みたいと思います。  どうぞ参考にしてみて下さい。





写真家Yさんのスナップ手法






① 見事なフットワーク。




スナップ1.jpg




Yさんは、ある交差点を ウオーミングアップ するように、
何度も往復しながら、「これぞっ!」 と思ったら、すばやく
シャッターを切っていきます。

「あっ」 と言う間です。





② 相手に斜め方向から近づく。




スナップ③.jpg




「相手にまっすぐ向かうとスグ気づかれてしまうので、
斜めから、そっと、近ズいていきます」

これは、よく使うそうです。




③ 人波を風のように、すりぬけて通る。




スナップ②.jpg





巧みな足さばきで、音もなく人波をフワッとすり抜け、
被写体の前に来ると、瞬時にカメラを構え、シャッターを切る。





④ 至近距離まで寄る。




スナップ5至近距離.jpg




至近距離に関しては、これまで何度も出てきましたね。

多くの人は、これがなかなかできにくいようです。

これを、実践すると画面に力強さが表現されて、写真らしく
なってきます。


最初は、遠慮がちになって、つい腰がひけてしまいますが、
思い切って寄ってみて下さい。



以前にも出てきた「素人カメラマン」を名乗る人は、

「60センチまで寄った」 と言ってましたよね。

「望遠レンズを使ったけれどウマくいかなかった」

とも言ってました。


今回のYさんの場合も、1メートルを切ることが多いそうです。

被写体に近寄ることが、苦手なひとは、場所を選んでみてはどうでしょうか?


A)イベント(祭り)。
B)混雑する駅。
Ⅽ)百貨店。
Ⅾ)Yさんが撮っているような交差点。


こういうところは、人が、比較的「カメラ」を意識しないところです。


どうしても、撮りにくいばあいは、「声」をかけることです。

失礼にならぬように、簡単なコミュニケーションを
とるようにしてみるとよいですね。





⑤ レンズは広角を使用。



Yさんは、「35ミリ」 を使用していました。

私は、28ミリ1本で通しましたが、この辺は、

人や、好みによって、変わると思います。



<広角を使う理由> は、前にも言いましたように、


近くから遠くまで鮮明に写る(被写界深度が深い)
ということにつきます。


スナップの場合、普通、ピンとを合わす時間がありません。


若くして「木村伊兵衛賞」を受賞して話題となった女性カメラマンの

梅佳代さんは、歩きながら、あっちをみてはカチッ、こっちをみてはカチッ!

とにかく、頭にヒラメイタ瞬間を、すかさず 「オート」 で撮っていました。

「オート」 なら、ただシャッターを押すだけですみますからね。

ジャーナリストとして有名な 「田原総一郎」 さんと歩きながら
対談していたとき、しゃべりながら、撮っていたみたいですね。

彼女のカメラが「広角」であったかどうかはわかりませんが。



いずれにしろ、素早く、シャッターを押すためには、
やはり、「広角」 が便利です。


だいたい、「24~45ミリ」 を使用している人が
多いような気がします。





⑥ 目立たぬ格好をして出かける。



写真① をみていただければ、分かるように、地味な服装を
しています。

なるべく、目立たぬ方が、カメラに気付かれにくいということでしょう。



さて、
2016年の 「土門拳賞」 を受賞した人がいったいどんなカメラで
どんな撮り方をしていたかを、簡単にまとめてみましたが、

参考にしてみて下さい。


もちろん、すでに、同じ撮り方をやってる人も、中には
おられるかも知れませんが、再確認のつもりで
読んでいただければと思います。




nice!(1)  コメント(0) 

写真家:有名&女性&風景などプロに確実になれる方法知りましたよ! [写真家]



写真家のプロに、確実になれる方法ってどんなの?

有名な写真家、女性写真家、風景写真家・・等々!

確実にプロになれる方法を私は知ったんですよ!
  

      
       今回、それを、皆さんにお伝えします!






こんにちは。



昨日は、記事が、びっしり詰まった文字で読みにくかったでしょう?

申し訳ありませんでした。

あとで、修正しておきたいと思っています。

なんとか直りましたので(笑)。


実は、前回、2枚の写真を載せるつもりでしたが、それも、
記事に出ていませんでしたので、今日の記事に
改めて載せておきたいとおもいます。  ご覧ください。



syuukann1.jpg



しゅうかん2.jpg




さて、

それでは 「確実にカメラマンになれる方法」 について、

書いてみたいと思います。


「確実にカメラマンになれる」 なんていうと、

魔法かなにか、そんなに、いいやり方があるのかな?
と、いぶかしくおもわれたかもしれません。

決して、そうではなく、真を突いた方法なのです。


これは、「素人と玄人」の 関係を実に明確に解き明かした本です。

解き明かされた本は少し文章が難解ですので、
それを分かりやすく、誰にも理解できる言葉で

大学教授の 「鷲田小弥太」 という先生が表現を
書きなおしてくれております。



原文を書いたのは、学校の教科書などにも出てくる
有名な「夏目漱石」なんです。

きっと皆さんも、ご存知のことと思います。


夏目漱石」は、仕事における 「素人と玄人」 の関係を
深く考え、それを明確に書いてくれております。


書かれている内容は、キラメクような才能の持ち主に
書かれた秘訣ではなく、

だれにでも、どんな凡人にでも、修得可能な生き方や、
プロになれる方法 」

「真理」として書かれています。



私は、先輩から譲り受けたこ本から、

「夏目漱石の説いた方法」 を、

幾度も幾度も、繰り返して「座右の銘」 としてきました。

プロになってからも、読み返したものです。




確実にプロカメラマンになるには




それでは、「誰でもカメラマンになれる方法」 を、


「夏目漱石の説いたコトバ」 からご紹介します。

(ポイントのみの紹介です)


● 「・・・・玄人(プロ)の特色は、彼らだけのものではない。
   誰でも、真似のできる共有的なものである。

  必要なのは、練習とおさらいだけである。

  つまり、ほとんどの人が、根気よく、丁稚奉公(でっちぼうこう)  さえすれば、雑作(ぞうさ)なく達せられる。」

名人と言われる「職人」さんなどを想像してみて下さい。

それでは、解説を見てみましょう。
  
 
   <「鷲田小弥太」教授の解説。>



「練習と反復を繰り返しさえすれば、誰にでも、到達可能な芸(ここでは技)を
極めたのが玄人(プロ)である。

プロのワザは、いつでも、学習でき、伝達もできます。

どこでも、誰でも修得可能であり、利用可能であり、
改良、進化が可能です。」


とあります。


・ 数年前、盲目にして、世界一になったピアニストは、
一日20時間の練習をやることもザラにあったそうです。


・ 先日引退を公表した 「沢穂希=さわほまれ」 のサッカーチーム
「なでしこジャパン」は、どの選手も四六時中、「サッカー」
を考えていたと言います。


・ 「 かつて、「日本バレーチーム」をオリンピックで、金メダルに
導いた大松監督は、寝る時間以外は、すべてバレーに使うよう
選手たちに、求めた 」

という話も聞いたことがあります。



・ 野球の「一郎」とか

・ フイギュアの「羽生選手」とか、

・ 体操の「内山航平」とか、

・ 相撲の「白鵬」 などは、生まれ持った素質があったかもしれません。



でも、それは、氷山の一角で、ほんの、一握りの人なのでは
ないでしょうか。

歌謡界の女王と言われた 「美空ひばり」 は、
百年に一人出るか出ないかの天才歌手だといわれました。


今、述べてきたことは、は、写真家の世界でもいえると思います。

それが、風景の分野であれ、報道分野であれ、
女性であれ、他のどの分野の写真家であってもです。


「夏目漱石」 のいうことは、すべてにハマルことだと思います。


センスや感覚、才能は、「練習反復」の中で
養われていくものだろうと、私は感じています。


このことは、プロになってから、特に、実感するようになりました。


皆さんは時間がないところで、頑張っているわけですから、
地道にコツコツとやっていかれたらいいと思います。

一つ一つ、確実にマスターすることの積み上げが、結果につながります。



以前、「一日、10時間は眠らないと体調が悪い
という漫画家がいました。


彼は、「それなら、その分長生きすれば人並みになれる!」

と考えて、健康に気を付けたとエッセイに書いていたことが
ありました。


皆さんもそのぐらいな余裕を持たれたらいいと思います。


3年前にカメラ雑誌 「フオトコン」 の「ネイチャーの部」で
年度賞「1位」を獲得した方は、60歳から
写真を始めて、ひたすら「ネイチャーの部」に
応募をし続けました。


それから10年目、念願かなって、
年度賞 「1位」 に入ったのでした。

いいえそれだけでは、ありません。

風景写真の専門誌 「風景写真」 の年度賞も受賞したのです。

産経新聞にも大きく取り上げられ、話題になったようです。

写真の人物がその人です。


年度賞林.jpg
(林惣一さん・受賞時=70歳)


「フオトコン」誌を読んでおられる方は、知っておられることでしょう。


林さんは、受賞まもなく、個展を開き、70歳で新たな
出発を成し遂げたのです。


林さんについての記事を読みますと、

実にコツコツと、歩んできておられます。

「 24時間、写真のことばかりですよ。
 ”フオトコン”誌を何度も夢中で読んで、
いっぱいマーカーで、線を引きながら、本気でみていました 」

取材に対して奥さんがこう答えていました。

まさに、「夏目漱石」 の言葉通りではありませんか!

そうは、おもわれませんか?!



それでは、今年もあとわずか、どうぞ良いお年を
迎えてくださいね。


いつも読んでくださる読者の方、よくメールを
下さった方、 コメントなどを下さった方、

皆さんに、心より厚く、厚く、お礼申し上げます。


本当にありがとううございました。



注)

皆さんへのプレゼントを思案中ですので、近いうちに、
お知らせしますね。




nice!(1)  コメント(3) 
写真家 ブログトップ


スポンサーリンク