So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

カメラマン:コンテスト歴30年!スーパーアマチュアカメラマンの夢! [コンテスト]

こんにちは。



前回、カメラ雑誌の月例三冠を制覇したサラリーマンの方
とりあげましたところ、
アクセスがグーンと急激に上がりました。

ちょっと驚きました。

カメラ雑誌(日本カメラ、アサヒ、毎日、フォトコン)は、
その筋ではよく知られた本であり、しかも全国版ですから、
月例の年度賞に入るのは、並大抵のことではありません。

それも、3誌すべて一位ですから、おどろきですね!


アクセスされたかたは、「このサラリーマンはいったいどんな人?」
と思われたのでしょう。


四方1.jpg



この方は、サークルのリーダーなどもやっておられて、
良い写真仲間を作っておられるようです。


仕事を除いては、ひたすら、
写真道を歩んでいる感じですね。

いわば 「カメキチ」 といっていいでしょうか。

(コトバが悪くて、ご本人にはカンベンしていただきたいと思います)



ところで

私がこの人に注目したのは、下の写真を見た時からでした。


①トップ
廃船.jpg
(フォトコン誌2013年)



廃船をばっくに、ロングヘアーの女性が波打ち際を追われるように、

こちらに向かっています。両手には、いままで履いていたであろうくつが持たれています。

廃船と現代風女性のコントラストが、ひじょうに印象的でした。

2013年フォトコンの推薦に入った写真です。

名前を見ると、四方とあります。

実はこれと出会う前に下の写真に出合っていました。


最近月例であまり見かけない写真でした。



子供.jpg
(フォトコン誌2013年特選)


この写真も四方さんの入選作で、

今まで、あまり見かけなかった写真です。

遊ぶ二人の子供と雪道に残る多くの足跡。

それをビルの屋上かどかで俯瞰(ふかん)して撮ったものでしょう。

いつものこの人なら、遊ぶ子供の動きや表情を
近くで捉えるだろうなと思います。


それがこの写真は、そうではなく、子供や靴あとを点とてし扱い、
全体を広く感じさせるスケールの大きな写真になっています。



四方さんは、

「 これまで、月例入賞を目的としてきたので、
一発やなんです。 これからは、自分の撮影テーマを
みつけることを、課していきたい 」

と語っています。


①②の写真が、これまでと傾向が違うのは、その表れかもしれません。


30年スナップを撮り続けてきて、三誌の年度賞 「1位」 を
獲得したよろこびの言葉をまとめると、


「画面構成、その他、技術的なことには徹底してこだわった」
「そして、さまざまな対象を撮りまくってきた」
「長年、多くのコンテストに応募し続けてきた」
「夢は土門拳賞!」


ということになりそうです。

そして、このことが、とりもなおさず、

月例やコンテスト必勝のコツ!

だということが言えるでしょう。


やり方は人それぞれでしょうが、四方さんは、
写真そのものを楽しんでいます。

写真サークルの仲間だと思いますが、喫茶店のような場所で
談笑している写真を見ると、彼の表情から、そのことが、
熱いほどつたわってきます。


今後の  は、「土門拳賞をうけること」 と
いうことですが、この勢いでガンバッテいかれたら、
その可能性も大いにあると思います。


土門拳について書かれた本に出ていたのですが、

自分は必ず日本一のカメラマンになって見せる!

と固く自分に誓っていました。


口をギュッと真一文字に結んで、遠くを臨む厳しい
土門の顔が表紙に載っていましたが、

その鋭い迫力を今でも、忘れることができません。


四方さんは、「日本カメラ 」誌で、スーパーアマチュアカメラマンと紹介されていましたが、その名のごとく、さらに精進を続け、
必ずや、夢 を実現されんことを、いのっております。


私はもちろんですが、このブログの読者の方にも此の上ない
勇気を与えてくださったのではないかと思います。


本当に、感謝しております。




    ■ 関連記事 ■

月例3誌制覇の中年サラリーマン必勝のコツ!夢は土門拳賞
http://00naoki.blog.so-net.ne.jp/2015-09-07
















nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
コンテスト ブログトップ


スポンサーリンク