So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

写真家になりたい!宗教・風景・人物他、究極何を伝えたいかです! [写真家は究極何を伝えたいかです]

カメラマン(写真家)になりたいと言う人は、
男女とも、増えているのが現状です。
風景、人物、動物、宗教、など、写真家は、
それらを通して何を伝えたえるかが勝負では?



スポンサーリンク












こんにちは。


さて、前回 OTさん のご相談にお答えする途中でしたので、
その続きを「2回目」として、お伝えしたいと思います。 


問題を4つ挙げましたが、一番大事な「テーマ」について、 触れたいと思います。


カメラマンが自分独自の作品を創造するうえで、 重要な事と思われる点に触れてみたいと思います。

さらに、働きながら、そういうカメラマンになりたい
思う場合の方法にも、言及できれば、と思っています。

それは、風景、人物、動物、宗教・・・等々、
被写体にかかわらず、どの分野にも、共通です。



OTさんの場合、テーマは「宗教&民族」ということでした。

結論から言いますと、OTさんが


「自分は、コレが、一番伝えたい事なんだ!」


という魂の叫びを写真にされることが、
最大の条件だろうと私は思っています。


このことは、前述したように、宗教にかぎらず、
すべての被写体にいえることでしょう。


  
 ● <私の体験から>


ちょっと、わたくし事になりますが、
かんべんして下さいね。


もう10数年ぐらい前のことです。

私は、東京に存在する、某 密教寺院に1ヶ月ほど、
泊めていただいたことがありました。


やしろ建物.jpg



何故、密教 だったのか?

ご存知のかたもおられると思いますが、
密教には、祈りで難病を治す秘術というものがあります。

由緒ある神社仏閣よりも、私は密教の持つ秘術に、
魅かれたのです。

場合によっては、長年患った足の痛みとか、 医者で治らぬ肝臓病とかが、僧侶の祈りで、 ピタッと止まってしまいます。


そのような多くの、奇跡的現象を目の当たりにした私は、
密教のもつ「威力」に圧倒されました。


「これを撮ろう!」 と思った瞬間でした。


私は、一人の僧に焦点をあて、その人の生活と修行を、
取材することで、「密教」という宗教の持つ力を
少しでも世の人に知ってもらえたら、と考えました。


ということで、私の場合は、宗教でも、その建物とか、
教義や、儀式などには、全くふれずに、密教に伝わる
秘儀」にのみ焦点を置きました。

なので、一人の僧侶の修行を深く取材する事に、
没頭したのでした。

密教の秘儀が持つ力に焦点をあてていましたので、
その力を最大限、引き出すための撮り方が、おのずと、
決まってきます。


この撮影が、
医者で治らず悩んでいる人たちに、少しでも、

・役立つのではないか!
・喜んでもらえるのではないか!

そう思えば、心がハズミ、やり甲斐を感じたものです。

厳寒の冬、滝行の僧を撮影しながら、
私も、しぶきに濡れて、震えていましたが、
とても、充実感に満たされていました。

売る為、食べるために、カメラマンになるのではなく、
OTさんが言う自分独自の写真を追求していくには、 こういう心境がとても大事だろうと思います。


速く言えば、 「苦しみではなく、楽しみながら」 ということです。


私は、この取材で、密教とヨガのつながりを知り、
ヨガ道場にも足を運びました。


   
  ● <作品発表の場を持つ>


このあと、撮りためた作品の発表をどうするかです。


・個展か、
・出版社へ持ち込みか、
・全国的な各種コンテストか、
あるいは
・カメラ雑誌の月例か、
はたまた
・新聞社への売り込みか、
・新人対象の公募か、


私は、さまざまな方法を考えました。


この後、私が、何に発表の場を選んだかを
お伝えしたいと思います。

私の場合、非常にタイムリーな幸運を得ました。


ちょっと長くなりそうなので、次回で続きをお伝えしたいと思います。


どうぞお待ちくださいね。



スポンサーリンク












nice!(0)  コメント(0) 
写真家は究極何を伝えたいかです ブログトップ


スポンサーリンク