So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

スナップ写真・主婦が見つけた誰でもできる方法! [方法]

スナップの方法として、前回取り上げた、コンテスト1位になった主婦が実践している 「スナップ手法」 を、 取り上げたいと思います。     特に初心者の方は、ジックリと会得してみて下さい!    きっと、お役に立つだろうと思います。


モデル②.jpg



モデル①.jpg


上の写真は、「週間文春」 に掲載されたプロの写真です。


はご存知、女優 「末広涼子」 のポートレート。
は、雑誌社が選んだ無名の若い女性を撮った写真です。


この2枚を見比べて、どうですか?


ここで、人物写真を撮る時の最低限の


スナップ写真の「基本」 を知っておいて下さい。

1)人物をアップで撮る方法。

2)人物にバック(環境)を入れて撮る方法。


2)の場合は、

バックをボカス方法と、バックもハッキリ撮る方法、とがあります。


1)のアップで撮る場合の注意を言いますね。

  ・ 思い切って、モデル(被写体)に迫り、
   写真のように、頭を少し削る感じで撮る
   これで、モデルの迫力とか、緊迫感が出て、
   写真が引き締まります。


今回取り上げました主婦・「牛場さん」 の作品でいえば、

コレ(下)です。  このフレーミングをご覧下さい。

牛編み笠女.jpg


こういうスナップは、つい全身の姿を入れてしまうのが、
初心者です。

「頭をこんな形でチョンギルなんて・・・・。?」
そう思って、ついつい全身を撮ってしまうんですね。

この牛場さんの写真は、審査員から絶賛されています。
特に、切り取り方の良さが誉められていたことは、注目されます。


それでは、

2)人物にバック(環境)を入れて撮る。
に移って見ましょう。

下の写真が、入選した牛場さんのものです。

牛①.jpg
(入選した主婦の写真)

子供が下駄を手にトボトボ歩くウシロ姿です。

わびしい感じ」 がしませんか?

その向こうに、誰も通っていない一本道が、
写されていることで、いっそう 「わびしさ」 が、
強調されているのが、分かります。

そして、道が 「ボカシ」 てあることで、さらに、「わびしさ」
の表現がウマク出てきたといえるでしょう。

(ボカス方法は分かりますよね!
絞りを少し開ければ、ボケが出てきます。
その分、シャッターチャンスを速くしてくださいね。)



どうですか、

 モデル(被写体)に思いっきり迫る。
 背景をウマク入れる。

この2点を注意するだけで、写真が、一段と、
良い写真に変わります。

もう一度、
プロの撮った写真と主婦(牛場さん)の撮った写真をご覧下さい。


ただし、例外は、ありますので、それは、現場で、
注意して下さいね。


これからは、人物を撮る場合、
この2点を必ず考えて撮るようにしてみて下さい。

スナップの方法を、たった2点変えるだけで、
写真の出来がきっと変わってくると思います。

主婦 G さんの場合は、最初は、あれこれと工夫し、
考えながら撮っていたと思われますが、長年撮っているうちに、
カメラを被写体(モデル)に向けるやいなや、
瞬間的に、上のような写真の 切り取り方(フレーミング) を
するようになったわけです。

つまり、もう 反射的に、こういう撮り方をするようになったと
言えるかと思います。

時間の遅い、早いはあっても、撮り続けているうちに、
ほとんどの人が、こういう風になっていくようですね。


それでは、今日は、ここまでにして、
続きは又次回でお伝えしていきましょう。

どうぞお楽しみに・・・・・・・。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー


スポンサーリンク