So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン






風景画像①.jpg

スポンサーリンク


          

広角の使い方:初心者でも操作簡単で写真は注目され易いは何故か? [広角レンズは注目される]

広角レンズ使った感想はどうですか?使いにくい
ですか?今日は、誰でもできるダイナミックな
写真の撮り方や何故そうなるかを書いてみますね。


大きいことは、注目される。




前々回(11月10日)、広角レンズで撮った一連の写真をご覧になって、

どうでしたか、ホントは、一枚一枚にそれぞれ「感想」なり、

「評価」を書くつもりでしたが、あとで考えて、

あえて、写真のみにしました。



あなたが一人で、トコトン自分なりに観察をして

頂いた方が、広角を意識する上で、深い見方が

できると思ったからです。


でも、多くの人は、多分、ザーッと見流されたのでは

ないでしょうか。


なぜなら、同じタイプのものが並んだ時には、

そういう習性が人には、あるからなんです。


あなたは、いかがでしたか?


どれか、一枚でも、時間をかけてご覧になった

写真がありますか?



では広角レンズで撮った写真が注目されやすいのは何故か

について、書いてみましょう。



原理は単純なことです。


「 大きいからです 」(笑)



例えば、

① 大阪万博のあの「シンボルの塔」。

   日本の巨匠「岡本太郎」の制作の巨大な

   塔として有名です。


② 「奈良の大仏」 日本一の大きさを誇っています。


③ 「富士山」 日本一高い山であり、日本一美しいとされています。



①②③、多分あなたもよくご存知だと思います。


これらの、作品が多くの人に注目される理由は、

いろいろあると思いますが、その一つの要因は、

作品が、ダントツに大きいということにあります。



広角レンズを使うと、被写体を大きくダイナミックに

撮影できます。

これが、広角で撮った写真が注目される理由の一つなのです。



①ニコン・24ミリ)
hanadesu.jpg

(フォトコン誌バックナンバーヨリ)


「右端が黒ずんでいますが、これは見開きページの
真ん中のスジが移ったものですので、ご了解下さい」





②「カランコロン」 (7回総合写真展・1位)
koukakugeta①.jpg
(28ミリ)
(フォトコン誌バックナンバーヨリ)



広角レンズの使い方は簡単!



初心者の方が広角を操作するのは非常に簡単です。



あなたのカメラを

「オート」

に設定して、

シャッターのみ押せばよいように、決めて下さい。


これで、OKです。


中級者の方は、いろいろ好みの操作をされたら良いと

思います。


これまでも、たびたび取り上げましたが、

「オート」で撮った写真はコンテストでも、

いくらでも入選しています。


上位に入選した写真も、多くあります。


操作が簡単だからと言って、入選しないなどと

言うことは決してありませんのでご安心ください。




niimineko①.jpg
(新美敬子=猫写真家)


おなじみ猫写真家の新美敬子さん(55)の写真です。

広角で、目線よりわずかに上から接近して撮ていますので、

猫がグーンと大きくクローズアップされました。


広角でも、絞りを「f2,8」 まで開いて撮ると、

バックの河と船は、うっすらとボケております。


もちろん、猫を強調するために故意にそうしているわけです。


新美さんの撮る猫は、概ね明るい印象のものが多く、

見る者を解放してくれます。


他にも、猫を撮る写真家を時々見ますが、

路地裏とか、山とか、街中といった特有の雰囲気の

中で撮った写真が多いようです。


猫に隠された作者の心眼




雑誌などで、比較的新美さんの写真をよく

見かけますが、それは、クセがなく、

一般受けする、いわゆる「かわいい猫」が多いからかな?

と思ったりします。



しかし、③ の写真をよく見ると、バックに

ビルが立ち並び、その手前の河を忙しそうに

行き交う船々。


さらに手前のコンクリートの堰(せき)の上で、

一見、無表情な顔をレンズに向けているかに見える猫。



ジーッと、見つめる瞳の向こうにはナニカが

見えるようです。


都会の喧騒は、

「完全に自分を無視している」

「自分の存在など、そしらぬ顔をしている」


そう言わんばかりの一匹の猫を、一人のカメラマンは、

画面いっぱいにその存在を示して見せた。



「自分も生きている」

「自分も忙しい」

「お前らにかまっている暇なんかないよ」


そう言って土手の上を急ごうとする一瞬を

新美カメラマンは捉えたのです。


それは、新美カメラマンがこの猫を通じて

発するメッセージなのです。


「足を止めてゴメンネ!」


新美さんは、きっとフアインダー越しに

そう呼びかけていることでしょう。


大きくアップにとらえたこのフレーミングは


” 広角 ” だからこそできたものです。


広角レンズは、あくまで手段です。


新美カメラマンの想いを伝えるツールなのです。



それでは、今日はこの辺で・・・・・。





nice!(3)  コメント(0) 

広角レンズのコツを掴めば初心者でもコンテスト入選し易いです! [広角レンズ]


前回、広角レンズで撮った写真を数枚載せましたが、

どうでしたか?


これまでにも、広角レンズについては、触れてきましたが、

先日、広角一本に絞り込んで入選できたという

「G」さんのメールが届いたものですから、ここで、

もう一度広角レンズについて、書いておきたいと思います。



広角の種類と特徴



広角レンズは、


① 超広角=24ミリ未満。

② 広角24ー45ミリ。

③ 標準50ミリ前後。
 


元々は、「厳密な規格」 があったようですが、

カメラマンたちが、普通に言う場合、上記のような

区分けをしているようです。


けっこう アバウト な感じですね。


ズームレンズが普及してからは、

「20ぐらい~300ぐらい」のズームが出回って

いますので、最初からズームレンズセットのカメラを

購入すれば、普通に撮るのには、ОK です。


まあ、最初の頃から、数年は、

「20~200」 ぐらいで充分間に合うと思います。


この辺は、個人差や好みなどもあると思いますので

そこは、知人や、買う店などで相談してみて下さいね。


ちなみに、カメラ雑誌の入選作に使用されている

カメラレンズは、


下は「20ミリ前後」

上は「200ミリ前後」

が多いようですね。


300ミリになると、手持ちではなかなか 「ピント」 を

あわせるのに、苦労します。

慣れてくると、そうでもないですが・・・。



  
   < 広角レンズとは >



超広角は、特殊な場合しか扱いませんのでここでは

省きますね。


あなたも含め多くの方が使用するのは、


ほとんど ② 番目の



「24~45ミリ」 となります。



ここでは細かい説明はやめておきますね。


あなたが、カメラ雑誌のコンテストに

「入選」 できやすいことを、目指して、

説明していきたいと思います。



コンテストに入選している「広角レンズ」は、

「アサヒカメラ」「日本カメラ」「フオトコン」

の「3」誌に限ってみたところ、


「28~35ミリぐらい」 が、多いように感じました。


これは、「広角レンズ」の特徴を知れば、

なるほどと、納得されるだろうと思います。



    < 広角レンズの特徴 >



① 遠近が鮮明に写る。(遠近感がウマく表現できる)



② 手前に写ったものが大きくなるため、
  インパクトが強く、それだけ印象が深くなる)



③ 絞りの設定によって、手前から遠方まで
  ピンとが合うため、操作はしゃったーを
  押すだけで済ますことができる。



④ ③によって、シャッターを押すだけで
  いけますので、子供でもとることが可能。



⑤ 街中のスナップなどでは、便利。

  (コンパクトカメラをポケットにいれて、
  持ち歩き、即座にスナップできるのもそのため)

  

⑥ 画角が広い(巾広く写る)ので
  ノーフアインダーで撮ることが可能。




以上、思いついたところをアトランダムに書いてきましたが、

だいたい分かっていただけたと思います。



前回、ご紹介した写真は、ほぼこのうちのどれかに、

当てはまると思います。



そこで、次回にそれらの写真をもう一度取り上げて、

感想や、撮ったときのエピソードなども加えながら、

お伝えしてみたいと思います。


前述の「G」さんが広角レンズ一本に絞って、

入選した理由が少しは理解していただけると

思います。



それでは、今日はこの辺で・・・・・・。






nice!(3)  コメント(0) 

一眼レフ:ウマく撮れずに悩んだ初心者が初入選した撮り方です! [広角レンズの魅力]

前回、広角レンズ一本に絞って初入選を果たした人を
取り上げましたが、今回は、初心者の方にとって、
早く上達する広角の使い方をお伝えします。



広角は、扱いが簡単です!



ナカナカ「写真コンテスト」に入選できない人が、

広角レンズに切り替えて撮り始めたところ、

その写真が初入選したと、メールを下さったことは

前回お話しましたが、実際、広角レンズの使い方さえ

覚えれば、ホントに「いい写真」が撮れます。


あなたも、一度「広角レンズ」を使って試してみて
下さい。


広角レンズは操作が簡単で、とても力強い写真が

撮れます。



以前にも触れましたが、私も、初心の頃は、

広角ばかり使っていました。


今では、ズームレンズが普通になってきましたので、

わざわざ、「広角レンズ」 を買う必要はないでしょう。


あなたが今もっているカメラも「ズーム」では
ありませんか?



例えば、あなたのカメラについている「レンズ」が

「20~60ミリ」 のズームレンズだとすれば、

広角の部分をメインにして使えばよいということです。


レンズにはいろいろ種類がありますが、


初めの頃は、


①広角なら、 28ミリ~35ミリ

②中望遠なら、70ミリ~200ミリ


ぐらいが、「良い写真」 が撮れる範囲では

ないかと思います。


もちろん、これは、最初の頃の話で、技術が

進んでくれば、その限りではありません。


中には、

「ズームより単焦点レンズの方が性能がいい」

と言って、「28ミリのみの」単焦点レンズを

別に購入するような人もありますが、プロでなければ、

そこまでする必要はないでしょう。


「ズームレンズ」 で十分鮮明に写ります。



広角レンズの特徴と作品の魅力!




初心者か、少しカメラ歴のある方にとっては、

広角レンズは、ダントツに使いやすいです。

何故そう言えるのでしょうか?


そのことをお話しする前に、


まず、

広角レンズで撮った入選写真をご覧ください。


(下に取り上げたしゃしんは、カメラ雑誌「フォトコン」の

バックナンバーから、引用させていただきました。)





koukaku①.jpg



koukaku②.jpg



dokusya③.jpg



スイカ寄る.jpg




蜘蛛、広角ベスト.jpg




祭り男.jpg




Sikata②.jpg






広角20~30ミリで撮った写真をジックリ観察してみて下さい。

とりあえず、ここで一旦終えますので、続きを

お待ちくださいね。






nice!(3)  コメント(0) 

写真コンテスト:初心者の僕が初めて入選したのはこのおかげです! [写真コンテスト]

ナカナカ入選できなかった写真コンテストの大きな壁を
初心者のGさんが、一年でやっと破ることができました。
それは一本のレンズを徹底してこだわったからでした。



スポンサーリンク









遂に入選!初心者の作品



名古屋のGさんから「入選した」というメールをいただきました。

この方は、昨年、希望者の方に「アサヒカメラ1位入賞者3人の体験」

のコピーを送らせていただいた23人の中のお一人でした。


「どうしておられるかなー?」 と


時々、思い出しては、気にしておりました。


そんな「G」さんから昨日メールが届いたのです。

写真(キャビネ版)も送って下さったので早速、ここで、

ご紹介したいと、思います。


(写真は、私が、ケータイで撮り直したものです。
カゲができたりして少し見づらい感じですが、原版は、
とても鮮明に出ておりますので、イメージしてご覧くださいね)



入選作

dokusya①.jpg
(広角28ミリ)


「 広場で遊ぶ若者たちをアクセントに取り入れた写真です。
  Gさんは、桜を 「主役」 に選んだそうです。
  手前 と 向こう側の桜の美しさが圧倒的だったとありました。
  
  これは、最初、私が受けたメールのあとに、
  続いて届いたメールで連絡してくださいましたので
  修正しました。
   

 なので、主役は美しく捉えた手前の桜と向こう側に咲き乱れる桜の群。
  
 脇役は、中の人物と右下の枝のシルエット。

  私個人的には、このシルエットをもう少し増やすことで
  写真にメリハリがついて、見栄えがスッキリしたのでは
  ないかと思います。

 シャッターチャンスが良かったと思います(人物の動き)」


以上の
①②③ が良い点だろうと思います。



もう一つ言いますと、手前から、遠く向こうの桜まで、
パンフォーカス(手前から遠く向こう側までピンとが合っていること)
になっていることです。

この写真ではハッキリしませんが、原画では、鮮明に写っております。
ここで、それを再現できていなくて申し訳ありません。



入選作

dokusya②.jpg
(広角28ミリ)

「 この写真も、広角28ミリの特徴がしっかり活かされています。
  (手前から遠方まで捉えた = 遠近感)。 
 
 特に手前の赤は鮮烈に表現されたと思います。

 広角を使うと、手前に位置する被写体が非常に
 強調されて、力強く写ります。
 
 初心の方は、このことをしっかり身に付けて下さい。



この写真は、虹 が入っている瞬間をとらえているため、
写真を見栄えあるものにしてくれましたね。

やはり、シャッターチャンスをウマく活かしたと言えます。」



2枚とも、地域の写真展で初めて入選した写真だそうです。


Gさんは、ニコンの一眼レフをもっており、これまで

ズームを使っていたといいます。


「コレはと、目についたもの」 を何でも撮って来たそうです。

「ダメ元」 で、いろいろな写真展にも応募したそうですが、

ナカナカ入選できず、候補作になるのがやっとだったと

書いておられます。


「アサヒカメラ年度賞1位受賞者」 


の体験記を読まれたのはその頃だったのです。



勝因は一つのレンズに絞ったこと



アサヒカメラ1位入賞者3人の一人は、中望遠レンズ(135ミリ)

一本のみで、撮るようになってから、次々と入選を果たして、

遂に「年度賞1位」に輝いたひとだったのですが、Gさんは、


この人の 「一本を使いこなす」 方法をマネしたそうです。


ズームは便利だけれども、自分には却ってそれがワザワイのもとだった

と言います。


以前に、私が、初めていただいたGさんからメールには、


「一本のレンズで集中して撮りたいのですが・・・・」 と


ありました。



私は、迷わず 「広角レンズ」 をおススメしました。

20~35ミリ。  中でも28ミリをおススメしました。


私自身も、初心者のころは、「28ミリレンズ」 のみで、

過ごした経験があり、多くの「入選」を体験していたからです。



そして、カメラ雑誌の入選作には、「28ミリ」を

含む広角レンズの作品がとても多いからです。


では「広角レンズ」をどのように使用したら、

いい写真が撮れるのか?


これについては、次回でお伝えします


スポンサーリンク










nice!(4)  コメント(0) 


スポンサーリンク