So-net無料ブログ作成




風景画像①.jpg


         

ホリエモンの本に繰り返し多い!カメラ雑誌習得も繰り返し超重要! [ホリエモン]





こんにちは。



山陰に住んでおられる写真家希望の
高校生「ひろし」さんの質問にお答え
したいと思います。


メールではなくこのブログでシェアしますので
よろしくお願いしますね。




ーーーここから





<ホリエモンの本には繰り返しが多い!>




タイトルに「ホリエモン」と出てきたので、
「エッ?」 と思った方もいたかもしれませんね?


(ホリエモン)
ホリエモン.jpg
(ヤフー検索より)


私は、ホリエモン(堀江貴文・48)のファンでも
なんでもありません。

ただ、堀江さんの本には情報量がハンチャでは
ありません。

そういう意味で私は、時々彼の本を読みます。

いわば、情報収集のためと言っていいかも
しれません。


とはいっても、教えられることも多々あります。


その一つに、ある本の中で「繰り返し出てくる」
事柄が多いことに気がつきました。


その事柄は、他の彼の本にもよく出ている
ことがわかります。


多分、書きながら、その流れで「その事柄」が
必要だったから、出てきたのだと思います。


しかし、前に使った事柄と同じ事柄を
使わなくとも、それに代わる他の「事柄」
を使ってもいいじゃないかと思う読者も
いることでしょう。


しかし、彼の中では、「その事柄」は、
彼の頭の中に四六時中うごめいていて、
ふとしたきっかけで自然に出てくるのだと思います。




例えば、

先ごろ話題になった

① 「ロケット打ち上げ成功」

これは、民間での初の成功として注目されました。

② 「寿司の修行は3年で足りる。10年なんて古い」

これも彼がよく口にするフレーズです。

さらに、

③ 「オンライン・サロン」

これは、インターネット上で学ぶ学校のようなもの。
(興味ある人は「99%の会社はいらない」を
 お読みください。)



これら ①②③ に関するようなコトバは
彼の著書にはよく出てきます。



それらは、今、堀江さんが、もっとも関心を持ち、
最も重要視している彼にとって、
とても大事なことなんです。

だから、彼の頭にはそういう事柄がワンサと
渦をまいて存在しているのです。

そういうわけで、彼の書く本にはそれらがチョクチョク
出てきても不思議はなく矛盾もしていません。



何が言いたいかというと、


堀江さんの中にある「重要な事柄」は
彼が書く本の中にも、事あるごとに
繰り返し出てきて、おかしくはないということです。

むしろ「繰り返し」出てくることの方が
自然であると言ってよいでしょう。


どうでしょうか?


いい例ではなかったかもしれませんが、
「 私の記事の一部が以前の記事とダブっている 」


というのは、私が大事と思っているから
つい、口をついて出てくるのだと
考えていただければいいかなと思うのです。


もっと言えば、このことは、読者の方にも
「メリット」になっているとも言えるかも
しれません。


なぜなら、読者自身が繰り返し読む
「メンドウなこと」ことを
すでにブログ上で繰り返しているからです。


そして、ダブっている部分を読むことによって、
以前の記事を思い出させてくれるのですから、
何かの気づきが現れるかもしれません。


まあ、そこまで言うとちょっと私も
「おこがましいな」
という気がします。 (苦笑)


ともあれ、「記事がダブル」 ことの意味を

私は以上のように考えていますので、ご理解
いただければと思います。




ーーーここまで 




 < 最後に >



要するに、写真を学ぶのに最も重要なことは、

 「繰り返す」

ことです。



・写真を観ることを・繰り返す。
・技術の一つ一つを・繰り返す。
・「カメラ雑誌」の実践を・繰り返す。

・・・・・・・等々、

繰り返すうちに「感覚」もみがかれてきます。




では、今回は、何故か一気に書き終えましたので

あらぬ誤解をまねくところがあったかも

しれませんが、どうぞよろしくお願いします。







スポンサードリンク


nice!(0) 

nice! 0