So-net無料ブログ作成




風景画像①.jpg


         

写真コンテスト:プロは審査でストーリー性をかなり注目してます!






 < 写真コンテストへの応募 >



皆さんは、写真コンテストへ出されたこと
ありますか?



出された人、そうでない人いろいろだと思いますが、

出したことのある人は、自分の写真がどんな基準で
審査されているかご存知ですか?



写真コンテストと言えば、小さいものは、

・市町村 とか、
・企業主催 のもの、
・慈善団体
・ポスター専用 のもの

・・・・・・等々、実に多くのコンテストが実在しています。



できれば、みなさんもゼヒ応募してみて下さい。


初めは、小さいものからやられたらいいんです。


町の写真屋さんの行う「子供写真の募集」など
からでいいんです。


応募者は30人~50人ぐらいで、

写真の応募点数は、100前後ぐらいでしょう。


応募写真の大きさは大体「キャビネ版(ハガキ大)」が普通です。


カメラ雑誌(全国版)などに比べれば、
はるかに、入選しやすい規模です。



ゼヒ、挑戦してみて下さい。

小規模でも、「入選」 すると、イヤでも闘志が
湧いてきますよ。



私も、何度か経験ありますが、その時の感動は
今でも忘れていません。


嬉しいモノです。  ハイッ! (笑)



何だか話がそれてしまいましたね。


元に戻しましょう。




  
  < 審査員の基準は? >




「写真コンテスト」 の審査基準は、主催者によって、

それぞれ違います。



例えば、

保険会社などの企業が、主催する場合などは、

「暖かい家族を象徴する」

などと、家族愛をテーマにすることが多いです。

なので、「審査」 は、そのテーマに沿って
なされています。



今,私がここでで言う「審査」というのは、一般の
「カメラ雑誌」に限ってお話していますので
そのつもりでお聞きくださいね。


審査は基本的に「審査員」の自由です。


また、審査員は、現在活躍中のプロが多く、彼らは

「作品の良さ」 

彼なりの目線で判断しています。



そういうことを理解していただいた上で
話しをススメテいきますね。



では、早速いきます。


普通、「カメラ雑誌」では、大きく言って、


① 表現力
② 技術力


の2つが審査の根底になっているようです。

ここでは、① の「表現力」についてのみ
お伝えしてみます。


というのは、特に細かいことを話すのが今回の
趣旨ではなく、ごく簡単なことを知って頂きたい
と思うからです。



そんなわけで、今日は、カメラ雑誌「フオトコン」
のバックナンバーに載っていた興味ある言葉を
ご紹介します


それは、プロカメラマン「鈴木一雄」氏が
書かれた「表現力」 に関するものです。

その部分の概要をお伝えしてみますね。



「鈴木一雄」氏は、どのカメラ雑誌にも、よく
掲載されているので、ご存知の方も多いと思います。
 
審査員としても、活躍しておられ、とても親しみの
あるお人です。



彼の場合、コンテストの「審査」に当たって

次のように語っておられます。

ザッと簡単に言いますと。



 「 表現力 」 について、


「写真からストーリーが感じられるか?」
「過去に見たことが無い表現か?」
「型にハマらない自由な発想か?」


というようなことを基準にして、他人に思いが伝わる
「表現力」が備わっているかどうかを見ていくそうです。



私が、ここで特にお伝えしたいのは、

「写真にストーリーが感じられるか?」

という部分です。

  
「ストーリー」とか
「物語」   とか、
「ドラマチック」


・・・などはあなたも入選作の「選評」の中で、
時々、みかけているのではありませんか?


写真を撮る「手法」として、こういう「物語」を
考えて撮るカメラマンは、プロにも多いですね。


もちろんアマチュアにもけっこう見かけます。


前回、取り上げた「N」さんもその一人でした。


そこで、
もう一度、ご覧になって参考にしてみて下さい。
http://tasukeya.seesaa.net/article/464562915.html?1552522613


「N」さんのブログを直接見られた方が写真がハッキリしていて
良いと思いますので、その「URⅬ」も載せておきますね。

   (2019-01-21 の日付の分です)
https://nobuzo.blog.so-net.ne.jp/index/4




参考までにもう一人ご紹介しましょう。

京都在住の「星野佑佳」さん。


(星野佑佳)
星野佑佳.jpg
ざっし「風景写真」<バックナンバーヨリ>

(ケータイで撮り直したもので、みづらいですがカンベンしてくださいね。)


星野さんは、現在プロとして活躍している女性カメラマンです。

カメラ雑誌「風景写真」の月例コンテストで
「年間最優秀賞」
を受賞し、その後、プロに転向したカメラマンです。


下の写真 ②は「物語」を表現して絶賛された作品です。


② タイトル「桜守」
ドラマ①.jpg


桜と猫を配して、撮ったもので、タイトルが

「桜守」 です。

「なるほど」 と思いませんか?
「ユーモア」 かんじませんか?



では、今日はこの辺で・・・・・・。


あなたも、撮影に出かけたら、一度試してみて下さい。

面白いし、何かを発見されるかもしれません。

発想が広がりますよ・・・・・きっと!



スポンサードリンク


nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4