So-net無料ブログ作成




風景画像①.jpg


         

カメラマン:漠然とした個性の絶対的意味を専門家が語る!




こんにちは。



前回、3人のアマチュアカメラマンを例にとりあげ、


・「個性」を見つける方法
・「個性」を発揮する方法


について、書いてみました。


しかし、あとで読み返してみて、ちょっと簡潔すぎて
伝えたいことが充分伝わらなかったのでは?
と感じました。


読者のよっては、

「なーんだ、こんな安直なことなら、
普段から自分も、やってるよ・・・・」

という声が聞こえてきそうにも思いました。



そこで、前回も申し上げましたように、もう一人の

カメラマンをご紹介します。

これで、すこしは「手ごたえ」を感じていただけるのでは?

と思います。


カメラ雑誌などに出てくる 「個性」 というコトバには、
頻繁に遣われるわりには、どこか漠然として今一つ
つかみどころがないと思われるふしがあるようですので、

「個性」の意味をもう一度ここでハッキリさせておきたい
と思います。





< 専門家が明かす「個性」の意味 >




解剖学の専門家「養老孟祉司=ようろうたけし」さんのコトバです。

この方は、元東大医学部の教授で、そのユニークな発言や
著書などで、一般にも広く知られたお人です。

中でも「バカの壁」という本がベストセラーになって以来、
雑誌やテレビなどでも活躍されているようです。



この先生が、

「個性」 について明確に述べておられるので

ここでは、それをご紹介します。


「 個性」なんて、
初めから与えられているものであって、
それ以上のものでもなければ、それ以下の物でもない・・・」



「・・それは、初めから私にも皆さんにもあるものなのです。

なぜなら、私の皮膚を切り取ってあなたに植えたって絶対に
くっつきませんよ・・・。」


と言って、よく知られた野球の


「松井秀喜選手」や
「イチロウ選手」

サッカーの
「中田英寿選手」


を例にあげながら次のように話しておられます。


「・・彼らは、要する身体が ”個性的” なのです。

彼らの成功の要因には、努力が当然ありますが、

それ以上に
 
”神様” というか、 ”親” から与えられた
身体の 天分 があったわけです。


誰か二軍の選手が、イチロウの十倍練習したからといって、
彼に追いつけるものではありません。・・」




どうでしょうか?


これが、「個性」 というものの本質なんですね。


ここで分かることは、


「 個性は、それぞれの人が本来持っているもの 」

と理解していいと思います。


それは、

・肉体、
・情緒、
・性格、
・理性、
・感性
・・・・等々

いろんな部分に表れてくると思います。


表れ方も部分や方向によって、強弱、深浅、大小
さまざまでしょう。



ということで、写真分野においても個性の表れ方は、
人によって、とても異なっていることが分かります。



そこで、一つの例として、
以前から注目していたアマチュアカメラマンを
次回でご紹介したいと思いますのでお待ちください。



それでは、今日はこの辺で・・・・・・。






nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。