So-net無料ブログ作成




風景画像①.jpg


         

写真家の個性:探す具体的方法をプロが語る!






こんにちは。

お元気ですか



今日は10月18日です。



前回から、1か月を少し超えました。



「また、体調でも崩したんじゃないの・・・?」


と心配して下さる方もあったかもしれません。


ほんとに有難うございます。  感謝してます~~。




でも今回はそうではありません。

まあ何とか順調にいっております。  ハイ!




実は、前にもお伝えしましたように、

別の新しいブログを作っていたからなのです。


私は、これまで「ソネット」とかその以前には

「シーサー」という無料ブログを使用していました。


慣れていましたが、このブログでは、

「画像」 をよく使いましたのでもうこれ以上

「画像」を挿入できなくなってしまいました。


そんなわけで、
今回やむなく別ブログを作ることにしました.






       < 作家が語る 自分の特性 >




前置きはこのぐらいにして、


前回、大変なお約束をしてしまいましたので、

それを、今回はお伝えしたいと思っています。




ーーーーーーここより(お約束)



(前回のブログより)

「じゃあ、その才能や優れた部分をどうやって見つけたらいいの?」



それに対して、


「私が辿り着いたと言ったのは、実はこの人(小説家)の

”文章” にめぐりあったからなのです。」





ーーーーここまで。





では、ズバリその 「コトバ」 を抜粋しますね。


ただ、ここで言う小説家は「写真家」と同義だと思って
下さい。



私は、ここで述べられている内容は、芸術全般に通じると思っているのですが、

私の未熟さ故に、今のところ、そこまでは言い切る自信はありません。




他の小説家には、ズバリ、小説、写真を含め、芸術全般をさしている人も
いるにはいるのですが・・・・・。



それでは、行きますね。




「自分の才能や優れた部分をどうやって見つけたらいいのか?」




小説家の一文。



「 小説とは、ただ面白い話を書くものではなく、

面白い(興味がわく、気持ちが動く)とは

どういうことかを考えながら書くものだ。

普通の思われている

”面白さ”と 
”別の面白さ”

を提示するもののことだ。」



 さらに続けて抜粋しますね。


「 桜の花も面白いし、秋のもみじも面白い。

もちろん、それらは美しいから見るのだが、

美しさに触れているときに心が動いているから

退屈と感じないで、長い時間それを見ることができる。」



 どうですか? なかなか理解しにくいかも知れませんが。

「小説」の部分を「写真」に替えて読んでみて下さいね。




 
さらに、今度は、もっと具体的な部分に入ります。



「 海の波だって面白い。 ”次の波はさっきの波より

大きくなるのか” とか、”前の波のうねりに打ちのめされて、

これは大した波にはならないかも知れない” などと、

考えているだけで、しばらく波を眺めていた経験がきっと

誰にでもあるだろう。


”面白さ”とは、このようにじつに多様なものだ。



小説家に必要なことは、

これらさまざまな 


”面白さ”が”面白さ”


と感じるメカニズムを説明するのではなく、

これらの ”面白さ”に気付くことだ。


小説家は、説明する必要はない。

説明などは、評論家や心理学者に任せておけばいい。




小説家(カメラマン)は彼らより、


● 注意深く(よく見る)、

● 敏感である


必要はある! 」




以上で抜粋を終わります。


注)
引用は芥川作家「保坂和志(62)」の著書ヨリ



みなさん、ジックリ、かみしめて下さい。

分かりづらかったら、日を改めて、何度も繰り返して
下さい。

ジワーっと、身にしみこんでくるはずです。



おそらく、この一文は、きっと、自分を見つける

極意に近いと、私は感じております。



「桜」や「もみじ」や「波」を頭にイメージしながら

その状況を味わいつつ、ゆっくり読み進めて下さい。




それでは、今日はこの辺で・・・・・・・。





スポンサードリンク


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

Nobuzo

お元気そうでよかったです。
今日のテーマ、なるほど、そうだと思うものの遠いことです。
ボーっとカメラを向けていてはいけませんね。
by Nobuzo (2018-10-19 16:26) 

太助

nobuzoさん有難うございます。

今日の記事内容が分かって頂けて良かったです。

「遠い」とおっしゃるのもうなずけます。

そこで意志的に自分を表現する私自身の体験などを
お話ししてみたいと思います。

太助

by 太助 (2018-10-20 10:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。