So-net無料ブログ作成




風景画像①.jpg


         

カメラマン: 個性・特性が大切!そしてその見つけ方がもっと重要!





こんばんは。



北海道は、大変ですね!


たぶん、
多くのカメラマンが現地へ飛んでることでしょうね。


報道カメラマンとしては、「使命」 といえるかも
しれません。




かつて、私も、カメラマンの端くれとして「報道写真」を

撮っていました。



しかし、今の私は、もし、現役カメラマンであっても、

現地へは、行きません。


現地の様子を 「伝える」 という前に、

「現地の人たちの思いはどんなだろう?」

その心の内の方に、思いが重なってしまい、とても

その状況に向き合えそうにないのです。





仮に私が北海道へ飛んでも、被災地にレンズを向けることは

できないでしょう。



「理不尽な自然の猛威」 に頭をかかえてしまいそうです。

ウマく表現できませんが、


そんな自分が今の自分なのです。






<< 再度・個性について >>



今、私は再度「個性」について述べてみようと思います。

さらに個性の見つけ方についても、書いてみます。




毎月、多くの「カメラ雑誌」が本屋に出回りますね。


開くと、必ずと言っていいほど


「個性ある表現」
「独自の視点」
「写真から何かが伝わってくる」


というような「コトバ」に出会います。



そうです。



みなさんは、(私も含めて)



「少しでもハッとするものを」
「ちょっとでも感動してもらえる写真を」
「今度こそ、自分らしい表現を」



そんな思いで、日々被写体を探し回っている


のだろうと思います。




要するに


「自分の持つ個性はいったいどんなものなのか?」

「自分は、いったい何を撮りたがっているのか?」


そんな「自問自答」を繰り返しながらアチコチに

レンズを向けているわけです。


ちがうでしょうか?




すでに、自分の特性(個性)見つけ、それを存分に発揮している

人もいます。





写真を撮るという行為を「創作」とすれば、

それは、「自分の特性や持ち味」 を求め続ける

永遠の行為といえるかもしれません。


写真を撮るということは、あなたも私も

その終わることのない旅を楽しむことができるのです。



そう考えれば

「 写真を撮るという行為は、

素晴らしいことじゃありませんか! 」




それにも関わらず、写真を楽しむはずのものが、

写真を撮ることに 「四苦八苦している」 現実があります。




私は、このギャップを、ブログの中で何とかしてみなさんに

伝えられないだろうかと、この 4か月 ほど考え続けてきました。

(ぶっとうしじゃないですけどね)(笑)




そして、とうとう辿りつきました。




忘れないうちに、


次回でそれをお伝えしてみたいと思います。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。