So-net無料ブログ作成




風景画像①.jpg


         

カメラマン:美瑛の美しさに感動!撮り方に迷走するも撮れました!





北海道みえい.jpg



北海道みえい2.jpg




北海道みえい3.jpg



写真①②③ は読者Nさんの素晴らしい風景写真です。

写真の地として知られる北海道の「美瑛の丘」です。



北海道の「美瑛」。

風景写真家の憧憬の地です。


このブログを読んで下さっている読者のNさんが、

関東から北海道へと・・・・・・。

そして、「美瑛」 を撮った写真が上記の3枚。




先日、久しぶりに、Nさんのブログに立ち寄りました。


「ワッこれはスゴイ!」


文章読むと、「美瑛」 とあるではありませんか!


「そうか、美瑛って、やはり、こんな感じなんや!」



「美瑛」 は、アマチュア、プロを問わずこれまで、

多くのカメラマンが憧れた地なのです。

ほれ込んで、移住したカメラマンも多いと聞きます。


私の知っている限りでも、4~5人はいます。

このブログの読者の方にも、「美瑛」 に行きたいと

相談のメールを下さった方がいました。



「美瑛」 というのは、一度見るとその人を

「とりこ」にしてしまうただならぬ魅力をもっているのですねえ。


私は行ったことが無いのでどうしても

「隔靴掻痒(かっかそうよう)」

の感がぬぐえず、移住までする感覚がもうひとつでした。


まあ、それはともかく、上記①②③の写真をみましょう。





美瑛の感想




上の写真は、Nさんのブログからこちらへ転送した写真ですので

全体に鮮度がよくないですね。


もしよかったら、記事下の [nice] 画像の一番左「赤」をクリック

なさって下さい。  Nさんのブログに飛びます。

そこには、より鮮明な 「美瑛」 作品が掲載されています。



それでは、私個人が感じたことを 簡単の言わせていただきますね。

失礼を百も承知のうえですので、その点ごカンベンを・・・(笑)




  < 感想 >



ーーーここから


見た一瞬、「えッ! コレはスゴイ!」。

「N」さん相当勉強されたのかな?

何か、世界観が変化するような出来事があったのかも?


なんやろう?



などなど・・・次々と思いが脳裏を走りました。


実際はどうなのか? その辺は分からないのですが、

これまでの、Nさんの作風からすると、ガラっと

変わっていました。


しかし、そのあと、文章を読んで少しは、疑問が解けました。


「美瑛」 だったからです。

北海道の「美瑛」 だったのです。

先にも書きました「美瑛だったのです。



美瑛は、空気が澄み渡り、空は、真っ青、(写真①)

広大な草原、・・・・そのスケールと美しさが

見る者を魅了します。


とはいえ、誰が撮っても、いい写真が撮れるわけではありません。

このロケ地を料理するのが、カメラマンの腕の見せ所です。


この3点はどれも、素晴らしいです。



まず

① 番目です。


1)上段の抜けるような空。
2)下側の広大な花畑。
3)そして中段に並ぶ 木々、ステキなピンクの丸屋根、つづく人々の列。


この配列、見事だと思いますね。

ダイダイ色の花をズーッとたどると、その先に人の形がポツポツと。

そしてピンクの洒落た小屋。

森を思わす木々の烈、烈。


もはや、これだけで一服の「メルヘン」を思わせます。

見ていて飽きないですねえ!!



注)

ただ、ちょっと注意をしていただけたら・・・・。


1) ダイダイ色の花の手前を、「寄るか、広角レンズ」 で

   もうほんの少し大きくとらえれば、遠近が強調されて

   見栄えがよくなると思います。


2) 同時に強いピンクとの色バランスもとれるように思います。

   このままでは、ピンクがかなり強烈のよです。
   

3) 見る人の目は花畑の手前から、向こう端に視線が動きます。

   その行きついたところにたつ人物が面白い格好をしていたら
   どうでしょう。
   
   たとえば、写真② の手を上げてる二人のように。

   動きが出て、メルヘンが、さらに強調され、観る人を
   グーンと引き付けるでしょう。



注の4)

として、こんなに良く撮れた写真ですが、

もし「写真コンテスト」に出すとすれば、どうでしょうか?


実は、致命傷になるかも知れない部分がありました。


後ほど、追記したいと思いますので、それがいったい

何なのか? を見つけておいてください。


全体像にみとれて、私も、うっかり見逃すところでした。



それでは、あとでお会いしましょう。・・・・。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、お分かりになりましたか?

考えて下さいましたか?



答えは・・・=  右端の 側溝(そっこう)です。


Nさんは、おそらく撮影に夢中になっていて、つい、見逃したのでしょう。


それをトリミングしたら、スッキリしてきますよ。






スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(3) 

nice! 3

コメント 3

Nobuzo

太助さん、ありがとうございます。
右端の側溝、確かに減点対象ですね。
この角度で撮りたい、右端の人まで入れたいと云う
のが優先してたようです。
甘いところです。
云われるようにトリミングするか、撮り直せるなら
少し左に寄ってみたいところです。
もう一工夫と云うかもっとシビアに見ないといけま
せんね。
次、頑張ります。
by Nobuzo (2018-07-19 21:20) 

太助


Nさんへ。


太助です。
ありがとうございました。

美瑛の風景はこれまで、幾度か他の写真で見ていました。

美瑛の作品で、世を驚かせた 「前田真三」 以来
たぶん、数え切れない程の写真家が美瑛を撮ってきたことでしょう。

しかし、こんな身近で「美瑛」の姿にふれることができるとは、
夢にも思っていませんでした。



この 3葉 の写真は、何度見ても心が躍動してきます。
心に、軽快なリズムがなり響いてくるようです!

Nさんの写真はこれまで、相当見せていただきましたが、

       
        これは 「秀逸」  


           です。


A)

尚、③ において、右端をどこで切るか迷ったとありましたね。

これでいいと思いますよ。

切り取った先に 「白樺」並木がズッとつづいているんだろうなあ!?」

と想像させてくれるではないですか。



あの「米美知子」さんは、

「フレームの外に広がる風景はどんなだろう?
と、観る人の想像を広げるような写真を撮りたい!」

と雑誌などでよく語っています。


写真 ③ はまさにこれだと思いますよ!




B)

写真 ② について一言。


この写真の「フレーミング」 ですが、
左側、家の端が少し切れた感じでフレームしてありますね。

これも、「ベリーグッド!」 じゃないですか・・・・・。

なぜなら、この場合も、家の左端が見えない部分は、
観る人たちが、「この先を」

自由に想像していると思われるからです。



さて、今回は、上記の3葉の写真に出会えて

ホントに「しあわせ」です。


有難うございました。(笑)


by 太助 (2018-07-20 23:55) 

Rebwili

Comment Obtenir Du Viagra Levitra Walmart $9 Side Effects Long Term Amoxicillin <a href=http://cialviag.com>п»їcialis</a> Acheter Cialis Generique Belgique
by Rebwili (2019-06-02 13:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。