So-net無料ブログ作成




風景画像①.jpg


         

報道カメラマンへの道は?




        報道カメラマンを目指すには、技術より人物が問われる?



昨日、地域の写真クラブで「懇親会」を行いました。

写真好きが集まって、いろいろ話し合うだけですが、
楽しいものです。

きのう、ひときわ、話題になったのは、
「報道カメラマン」 についてでした。

将来報道カメラマンに、なりたいらしい大学3年生 「G」 君が、
「最近、テレビのニュースは、目を覆いたくなるような ものが、多く、 雑誌には、低俗な興味本位のものが、 目立つように思います」

と話したのが発端でした。

G 君は、最近のマスコミの有り方などにも、
大変興味を持っているようでした。

そんなわけで、「報道カメラマンへの道」 といった、
ちょっと硬い話になったのですが、内容は、
決して、硬いわけでも、難しいものでは、ありません。

とりあえず、報道カメラマン というものが、
どんなものか、その実情みたいなことを話し合ってみよう
と言う事になってしまったのです。

かいつまんで、大雑把に言いますと、

「 報道カメラマンは、色々な社会事象を、 ① 客観的に、あるいは、   ② 主観的に撮影し、 それを、見る人たちに、伝える 」

というようなことになると思います。

「① 客観的にあるいは、 ② 主観的に撮影し、」
などと言いますと、ちょっと難しく思われるかも知れませんが、
例を挙げてみましょう。


①の場合 = 基本的には、テレビ、ラジオのニュース、
 4大新聞(朝日、毎日、読売、産経)のニュース
 などが言えると思います。

②の場合 = 自分の立場から、その主義主張を貫く
       場合がそうです。


それでは、報道カメラマン(人)の例をあげてみましょうか。


①の場合= 各テレビ局、新聞社などの専属カメラマン。
      また、あるテーマに絞って、撮ったフリーカメラマンなど、
      
     (戦場カメラマンの渡辺陽一さんや、梅木展央さん、
      農村の実態を撮り続けた英伸三さんなどは、その例です)
(英伸三)
英伸三.jpg
(月例写真の審査などで活動中)

(梅木展央)
報道カメラマン.jpg
(サラリーマンを経て週刊誌などで、戦争、政治を取材、活躍中)

(下は、梅木展央さん撮影の一枚=戦渦の街)
報道写真.jpg


②の場合=各政党新聞、宗教新聞、娯楽新聞・・・等々。
     
     カメラマンとしては、
     原爆(原発)反対を訴え続ける福島菊次郎さんなど。 

(福島菊次郎)
福島菊次郎.jpg

(下の写真は、原爆ドーム)
原爆ドーム.jpg
(93歳の今、福島菊次郎さんは、不自由な体で、
カメラをペンに持ち替えて、原発反対を訴えているそうです)



<報道カメラマンになる方法>

報道写真の場合、技術的なものより、
知識、教養を磨いておいた方よいかもしれません。

事実、普通大学を出てすぐ新聞社や出版社などに就職する人が、
けっこう多いようです。
カメラ技術は、入社してから、
先輩カメラマンと行動を共にしながら、
覚えていくということになるようです。


注)

 ただ、水中写真や、テレビのスタジオカメラマンのように、
特殊技術を要するカメラマンは別になります。

② 働いていて独学で報道カメラマンを目指す人の場合は、
  カメラ雑誌の「月例コンテスト」などで、   腕を磨くというのが、オススメです。
  
( 上記の 「英伸三さん」「福島菊次郎さん」 は、共に、
   「月例コンテストの経験者です。)



以上、報道カメラマンをめざす人の参考になればと思います。



   



スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。