So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






スポンサーリンク

広角レンズのコツを掴めば初心者でもコンテスト入選し易いです! [広角レンズ]


前回、広角レンズで撮った写真を数枚載せましたが、

どうでしたか?


これまでにも、広角レンズについては、触れてきましたが、

先日、広角一本に絞り込んで入選できたという

「G」さんのメールが届いたものですから、ここで、

もう一度広角レンズについて、書いておきたいと思います。



広角の種類と特徴



広角レンズは、


① 超広角=24ミリ未満。

② 広角24ー45ミリ。

③ 標準50ミリ前後。
 


元々は、「厳密な規格」 があったようですが、

カメラマンたちが、普通に言う場合、上記のような

区分けをしているようです。


けっこう アバウト な感じですね。


ズームレンズが普及してからは、

「20ぐらい~300ぐらい」のズームが出回って

いますので、最初からズームレンズセットのカメラを

購入すれば、普通に撮るのには、ОK です。


まあ、最初の頃から、数年は、

「20~200」 ぐらいで充分間に合うと思います。


この辺は、個人差や好みなどもあると思いますので

そこは、知人や、買う店などで相談してみて下さいね。


ちなみに、カメラ雑誌の入選作に使用されている

カメラレンズは、


下は「20ミリ前後」

上は「200ミリ前後」

が多いようですね。


300ミリになると、手持ちではなかなか 「ピント」 を

あわせるのに、苦労します。

慣れてくると、そうでもないですが・・・。



  
   < 広角レンズとは >



超広角は、特殊な場合しか扱いませんのでここでは

省きますね。


あなたも含め多くの方が使用するのは、


ほとんど ② 番目の



「24~45ミリ」 となります。



ここでは細かい説明はやめておきますね。


あなたが、カメラ雑誌のコンテストに

「入選」 できやすいことを、目指して、

説明していきたいと思います。



コンテストに入選している「広角レンズ」は、

「アサヒカメラ」「日本カメラ」「フオトコン」

の「3」誌に限ってみたところ、


「28~35ミリぐらい」 が、多いように感じました。


これは、「広角レンズ」の特徴を知れば、

なるほどと、納得されるだろうと思います。



    < 広角レンズの特徴 >



① 遠近が鮮明に写る。(遠近感がウマく表現できる)



② 手前に写ったものが大きくなるため、
  インパクトが強く、それだけ印象が深くなる)



③ 絞りの設定によって、手前から遠方まで
  ピンとが合うため、操作はしゃったーを
  押すだけで済ますことができる。



④ ③によって、シャッターを押すだけで
  いけますので、子供でもとることが可能。



⑤ 街中のスナップなどでは、便利。

  (コンパクトカメラをポケットにいれて、
  持ち歩き、即座にスナップできるのもそのため)

  

⑥ 画角が広い(巾広く写る)ので
  ノーフアインダーで撮ることが可能。




以上、思いついたところをアトランダムに書いてきましたが、

だいたい分かっていただけたと思います。



前回、ご紹介した写真は、ほぼこのうちのどれかに、

当てはまると思います。



そこで、次回にそれらの写真をもう一度取り上げて、

感想や、撮ったときのエピソードなども加えながら、

お伝えしてみたいと思います。


前述の「G」さんが広角レンズ一本に絞って、

入選した理由が少しは理解していただけると

思います。



それでは、今日はこの辺で・・・・・・。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スポンサーリンク