So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          

カメラマン:個性は折に触れ変化することもあります! [個性]





個性は、折に触れ、変わることもある



前回、「個性」 を引き出す方法の一つとして、

私自身の経験をお伝えしました。



そのポイントは、

① 「個性」を「好きか嫌いか」に置き換える。
② 被写体に全意識を集中する。
③ 「ボキャブラリー(コトバ)」を使う。

以上の3つでした。



「個性」といっても、実際には

とても分かりにくいものです。


私は、


「個性=好き嫌い」


とコトバを変えて、自分に言い聞かせておりました。


これなら、アイマイに聞こえがちな 「個性が」

明確にイメージできます。



そして、「個性」を知るきっかけは、

人それぞれみな違います。




先月、「個性」を発揮する人として、

次の人を取り上げました。


① タレント「滝沢秀明」とマグマ。

② ミュージシャン「ヨシキ」と野生的。

③ 芥川賞受賞の女性と「業(ごう)」



以上の3人です。




① の滝沢さんは、あるテレビ番組で、

「マグマ」 の魅力にハマってしまいます。

「マグマ」 に取りつかれる「生命」を

内に秘めていたといってよいでしょう。

何故かは、ご自身すらまだ気づいていないようでした。

「オレにもよくわからない」と語っていましたからね。




② の「ヨシキ」 さんは、非常に「野性的」

とご自身が言っていましたが、

決して「作った」ものではなく、

自然に、体が動いてしまうと話していました。




③ の芥川賞受賞した中年の女性は、

「自分は、作家になるだろうという予感のようなものを

いだいていました。

ご本人はそれを 「業のようなもの」 と

表現していました。




①②③の人たちは、それぞれ3者3様で、

自分が、意識するとしないとにかかわらず、

「個性=好き」 を持っていると言って

よいかと思います。


ただ、その内に秘めた「個性=好き」を知る

きっかけはみな違います。



あとは、その個性を追求していけば

よいということになりましょう。




① 滝沢さんは、マグマ探検が、

  ライフワークになるかも知れません。


② ヨシキさんは、一層「野性的」演奏を

  続けるようなきがします。



③ この女性は、受賞を機に小説を

  書き続けることでしょう。




ただ、

何かを縁として、「個性=好き」 ということが、

他のもの(こと)に変わることはあるかもしれません



青年期には「赤色」をこのんでいたのに、

中年になって、「ブルー」 を好むようになった

という風にです。


カメラマンでも、あることを経験して、

作風が 「ガラッ」 と変化すると

いうようなことは大いにあり得ます。





それでは、私自身の「個性」に関わる

体験を次回でお話ししてみたいとおもいます。


拙い体験ですが、少しでもお役にたてば幸いです。


では次回で・・・・・・・・。









nice!(2)  コメント(1) 

写真撮る上で個性は超重要!その本質を知ってもう迷わないで下さい! [個性]

個性を考えるまでに時間がかかった体験



写真にとって、「個性」 は最も重要なものと僕は

考えています。



私が、「個性」 ということを強く意識したのは、

プロになって半年ぐらい経った頃だったと思います。


私は、主として、それまでカメラ雑誌を

「教材」」に使ってきましたが、

月例コンテストの評には、


「個性」
「オリジナル」
「独自性」


などという「コトバ」がしょっちゅう出てきておりました。


しかし、


「何を?」
「どう撮るか?」

ということで、精一杯だったそのころは、


「題材を見つけ」、
「取材し」、
「レンズを向ける」


ことに夢中でした。


クライアント(注文者)のお気に入りの写真を

いかにして撮るか? 

ということばかりを考えていたのです。


プロとしては、当然のことなのですが、それでも、

撮っていくうちに、だんだん「オリジナルな写真」

について、模索していくようになっていきました。


「せっかく、時間をかけて撮るのだから、少しは自分の

撮りたいものを撮ったほうがいいだろう」


そんな思いが頭をもたげ始めたのです。



プロとして撮っているうちに、技術的に、精神的に、

少し、余裕が持てるようになったのだろうと思います。


この時、感じたのは、

「撮る量」 が増えると、

写真を見る目が変わってきたということです。


個性ある写真というのも、少しづつ分かってきたように

思うのです。




簡単に言うと、

「個性のある写真とそうでない写真」

の違いが少し分かるようになってきたようなのです。




料理雑誌の写真なども時々撮ることがありましたが、


多くの「料理雑誌」を見ていると、


「なるほど、これはおいしそう」 だとか、
「この料理はボリューム感たっぷりだな」 とか、
「色彩豊かでみごとな弁当だな」


といったふうに、撮ったカメラマンによって、

料理の「見た目」が変わっていることに気がつきます。


こうなってくると、「料理」 の写真を見るのも

けっこう楽しいものです。


こんな風にして、いろんな写真を、多くとっているうちに、

カメラマンによって、「写真」 が微妙に異なることに

気がつき始めたのでした。



このころから、

「個性」
「独自性」
「創造性」

・・・・等々について、本気で考えるようになって

いきました。




個性の本質とは?




「個性」 というコトバは、よく使われますが、

意外と、「つかみどころのないコトバ」

でもあります。


あなたは、そう思いませんか?




私は、「カメラマンには努力で必ずなれる」

と信じていましたので、「個性」や「感性」 などと言う

アイマイな「コトバ」に、最初の頃は、関心がありませんでした。


今思えば、

「無知ほど怖いものはない」

というコトバ通りの「バカもん」だったんです。(笑)



それからというもの、暇があれば、図書館や、

街の本屋に通ったものでした。



「個性」 について書かれた本を探しまわったのです。

一般雑誌に載った学者や、作家の「エッセイ」とか、

企業のトップが書いた「啓発書」に書かれたものなど。

中には「心理学」の本なんかもあったりします。



私は、ここで自分の読書を自慢したくて、

こんなこと書いているのではありません。

くれぐれも、誤解しないでくださいね!




とにかく「個性の本質」 に迫りたかったのです。



そして、やっと、これぞ! と思える

「個性の本質」 に辿り着きました。



「個性とは初めから与えられているもの」



それ以上でもそれ以下でもないのだと言うことです。


なので、「個性」 は、100人いれば、100人が

すべて、その人個人がうちに持ち合わせているものなのです。



その辺を、東大医学部の元名誉教授(解剖学)の

「養老孟司=ようろうたけし・81」 さんは、


ベストセラー「バカの壁」で、


「私たちには、もともと与えられたものしかないのです」


と述べ、さらに、



「・・・若い人で個性を持っている人はどういう人かを

考えてみて下さい。


真っ先に浮かぶ名前は、



野球の

イチロー選手、
松井秀喜選手、


サッカーの

田中英寿選手


あたりではないでしょうか。



要するに、体が、個性的 なのです。


彼のやっていることは誰でも真似はできないと思うでしょう。


・・・・彼らの成功の要因には、努力が当然ありますが、

それ以上に、

”神様” というか、

親から与えられた 

”天分” があったわけです。


誰か、二軍の選手が、イチロウの10倍の練習を

したからといって、彼に追いつけるものではない。」



とおっしゃっています。



要するに、人は誰でも、その人「独自の何か」を

必ずもちあわせているのです。


これが、「個性」 というものの「本質」なのです。


私は、心底、そう信じています。



なので、写真を学ぶ上で、大事なことは、


自分のうちなる個性を、見つけ出し、


それを徹底してみがくことなのです。


次の本はその大きなヒントとなるでしょう。


読者の方は、そのほとんどが独学を続けておられると

思うのですが、独学には、2つ必要なものがあります。


① 一つは優れた教材。
② 2つ目は激励となるもの。

この2つ目となるのがこの本です。


この本は、今日の本題「個性」を見つける手引きとなりましょう。
個性を磨くヒントをもあたえてくれます。

また、壁にぶつかった時、挫折しそうな時、
素晴らしい仲間となり、師ともなってくれましょう。


私は、新聞や雑誌などを切り抜いてこの本の代わりを
作りました。

どれほど、独学の危機を救ってくれたか知れません。


もし良かったら読んでみて下さい。

今なら、楽天で「半額」になっているようです。

【中古】 一生懸命フォトグラファー列伝 /神立尚紀【著】 【中古】afb








タグ:写真 個性 撮る
nice!(3)  コメント(0) 

個性的写真とは?自分流のオリジナル写真と言うのはこんな写真です! [個性]

自分流(個性的)写真とは?



個性的写真というのはどんな写真をいうのでしょうか?


下の写真②③をご覧ください。

撮ったのは、
36歳の時に

「土門拳賞」

を受賞した「金村修=53」さんです。



kanemura①.jpg
「金村修さん」日本カメラ誌ヨリ



ビル街や工事現場などを好んで撮り、

画面を暗くおさえたアンダーな写真が多いようです。


( ”日本カメラ”誌のバックナンバーから
引用させていただきました )



<作風> 


= ”硬質”で ”シリアス” な傾向が強い。


(下②③はケータイで撮り直した写真のため見にくいですが
辛抱してくださいね)



kanemura③.jpg




kanemura②.jpg
(橋げたの下にオートバイなどが乱雑に置かれた
情景を撮ったもので、私には、暗ーい中に浮かんで見えます)



 
< 金村修さんのコメント >



「 街を撮るのに理由なんかない。
理由なんて知らないし、よく分からない。

・・・・・・・・・・

目の前にあるものが面白いものなら、
理由なんてなくてもいいんじゃない? 」






次にもう一人、今度は純粋なアマチュア

「牛馬寿子・主婦」 さんの写真 A), B) , をご覧ください。


Á)
oo.jpg



B)
大場②親子後.jpg



「牛馬」さんは、5年前 にカメラ雑誌「フォトコン」
において、その年の総合で、


月例コンテスト自由の部「年度賞1位」を受賞した主婦です。


全くズブの素人から写真をはじめて、ヨチヨチ・コツコツと
努力を続けること10数年。

ついに、自由の部(スナップ)で「トップ」を射止めたお人です。



何を、どう撮ったらいいか、分からないところから、

受賞するころには、

作風として、

「メランコリック=もの悲しい」 な感じ

のものが多くなったと仲間に話しています。


その辺のことを、女性カメラマンの特集を

「フォトコン」で見ますと、

「 長く写真を続けているウチに自然に
そうなったように思います 」

とあります。




先天的な個性と後天的な個性



上記のお二人を見てみなさんは、

どう感じましたか?


始めの 「金村修」 さんは、「コメントからも」

察せられるように、先天的に持っていた資質のようなもの
が感じられます。

ご本人が書いた他の文を読んでも、常識を超えたもの
を感じさせられます。



一方のアマチュア「牛馬寿子」さんの場合は、

長く撮っている間に自分の「個性」が引き出された
といえるようです。

あるいは、長い努力の継続で作りあげられた「個性」
と言ってもいいかもしれません。




個性は必ず発揮できます



ここでお伝えしたいのは、上記お二人のうち、

後者のアマチュア主婦の「牛馬」さんの場合です。


このブログの読者の方はその多くが牛馬さんの

立場におられるのではないでしょうか?



大変失礼なことを言って申し訳ありません。

もし、自分の持つ「個性」を十分発揮できて

おられたなら、このブログを読まれることは

多分、ないだろうな? と思ったものですから。



私も、最初は、個性ある写真を撮れるなど、

ハナから考えてもいませんでした。

だから、「風景写真」 を選択せずに、

「報道写真」 をえらんだのでした。


しかし、プロとなって、写真を続けているうちに、

自分の 「好み」 とか、「個性らしき」 感情が

しだいに分かるようになってきたのです。


これは、主婦の「牛馬」さんと同じ感じかなあ?!


自分しか撮れない写真が、徐々に分かってきたのです。


「 誰でも、個性 や オリジナル のある写真は

撮れるようになるものだ 」 


自分も含め、多くのカメラマンを通じて、

そう確信するようになりました。


もちろん、「個性」 の大小は人によって、

それぞれちがいますが。



それでは今日はこの辺で・・・・。



次回は、個性を発揮するための、

具体的方法&本質をお伝えしたいと思います。







nice!(3)  コメント(0) 

写真家:個性&独自性を発揮する考え方の本質を知って下さい! [個性]

写真を撮る上で、多くの人は、 


「独自性」「オリジナル性」


を出そうと、日々、苦労を重ねていると思います。



初心の頃から、ダンダン撮り進むにつれ、やがて

「自分の持つ個性を出したい!」
「オリジナルな写真を撮りたい!」

と思い始めます。


上達すればするほど、その思いは強くなるはずです。



そこで、年頭にあたり、


「 個性を発揮するにはどうしたら良いか 」 を


お話しようと思います。




写真を撮る時、何を考えているか?



このブログでは、教材として、「カメラ雑誌」の

「月例コンテスト」 を使用しております。

これは、多くのプロによって、応募者の写真が直接

評をなされているからです。


こんなことは、どんな写真学校でも、おそらく

されていないでしょう。


日本の巨匠


「土門拳」
「木村伊兵衛」


も月例で腕を磨きました。

のちに、審査員としても、素晴らしい活躍をして

おります。



「土門拳」は、


「月例コンテストこそ最高の学校」


とまで、「月例」を絶賛しております。


しかし、その最高という 「カメラ雑誌」 の

月例を多くの写真愛好家は活かしきれておりません。


昨秋、幾つかの写真クラブに関わって、

ハッキリときづかされました。



たしかに、カメラ雑誌を使用して、

それを読み、コンテストの評も、みなさん

読んでおられます。


しかし、「読みっぱなし」 という人がいかに

多いことでしょう。

一度読んで 「分かった」 という気に

なっておられるだけのように、私には

見受けられます。


それでなければ、4年、6年と写真を撮ってきて、

コンテストに通らないというのは、私には解せないのです。


この「Wダイアモンド富士」の写真をご覧ください。


huji①.jpg
「Wダイアモンド富士」<元旦・テレビ放映ヨリ>


これは、元旦の写真ですが。


テレビで見ていると、写真下の方には、

たくさんの、アマチュアが、我も我もとカメラの

放列をなしています。

この写真では見えませんが、下のシルエット部分のは、

場所取りの人で、一杯なのです。


もちろん「Wダイアモンド富士」を撮りたいからです。


「Wダイアモンド」 

というのは、ご覧の通り、富士の上と下の湖面に写る

富士山の光景です。



この富士の姿を撮る為に、前夜から、アマチュアが

場所取りのためにおしかけているのです。


もちろん富士の光景を撮ること自体はわるいことでは

ありません。



しかし、ここで撮られた写真をあとで集めれば

おそらく、全部、似通った富士の写真になっていることでしょう。



それなら、見る側からすれば、あとで、

「Wダイアモンド富士」の入った絵ハガキを

一枚買えば済むことです。



言っていることは、もう分かっていただけると

思います。




たとえ、同じ 「Wダイアモンド富士」 の写真であっても、


多くのカメラマンが居る今の場所を換えるなり、なんなり

しなければ、「似たような写真」 からのがれることは、

おそらくできないでしょう。


つまり、たとえ、感動するような

「Wダイアモンド富士」

が撮れても、もはやそれは

「えせ・Wダイアモンド富士」(えせ=似て非なるもの)

であって、独自の個性を表現した「富士」ではありません。



そんな富士は 「独創的な・富士」 とは見なされません。



じゃあ、どうすれば、いいのか?


そこなんです。


カメラアングルを変えたり、
撮る位置を少し変えたり、
カメラ操作を変えて、


自分の持てる技術を、精一杯フル回転させようと

つとめることにカメラ魂を集中させることに

なるでしょう。



でも、それでいいのでしょうか?



私は、大ぜいのカメラマンが集まるその場所で

自分も、撮ろうという気になりません。


おそらく、何か他の方法を考え、探すことでしょう。


そこで、自分だけの「写真」をとるには

どうしたらいいのかが問われてくるのです。


では、そんな方法があるのか?


まあ、初歩の頃は別にして、もう自分独自の

撮り方を模索してください。



独自な写真
オリジナルな写真
個性ある写真


を撮るためには、そこに至る過程の

本質を徹底して、知っていただきたいと思います。



ある人がそれを、非常に分かりやすく述べて

いますので、それを「例」を挙げて


次回でお伝えします。



ほんらいなら、前回から、次回まですべて、

まとめて書けば、よかったと思うのですが、



私は、人一倍タイピングが遅いのと、

体調を見合わせて書いておりますので、

「じれったいな」

とおもわれるかも知れませんが、

その辺をどうかご了解ください。


これを書いている私は、懸命に、真摯に

みなさんと向かい合って書いているつもりですので、

どうかよろしくお願いします。



それでは次回、最も重要な


「オリジナル」を発揮するにはどうしたらいいか


について、お話しますね







nice!(3)  コメント(0) 

スポンサーリンク


< トップへ戻る >