So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
土門拳 ブログトップ

土門拳写真にかける気迫のスゴサ!小説にも通じる入魂の精神! [土門拳]

大丈夫でしたか?

台風と選挙のダブルパンチでしたね。


こちらでは、ヒューヒューと吹き荒れる風の音が1時間ぐらい

続いた程度で終ったようです。


朝、外へ出てみると、屋根のトヨが折れていました。

あなたの地域はどうでしたか?

最近にない強い台風だったですね。




ところで、前回「小説と写真」について書きましたが、

小説を書くカメラマンの例がすくなくないと、

3人のカメラマンを挙げました。


そのあと追加記事を書くつもりでしたが、


このブログ制作会社が、

ブログの「メンテナンス」を行いましたので、

記事投稿が出来ませんでした。


23日、どうにか「メンテナンス」は

終わったようですので投稿します。



「見えざるもの」との格闘



まず「土門拳」のお話から。

「土門拳」といえば言わずと知れたあの「土門拳」です。(笑)


土門.jpg



土門拳は、ある「壺」を撮った時、



「僕の撮った ”壺” の写真は、

壺の裏側まで撮ったと思うんだ!」



病後、車いすでの撮影で語った言葉だそうです。



当時、著名な評論家として知られた

草柳大蔵」さんが、それについて、

次のように語っております。


kusayanagi①.jpg



「限られたアングルからどのようにして、

裏側まで写し込めるのか?」  

「全体像を把握できるのか?」 と。




さらに続けて、


「つまりは、見えないものとの格闘である。

・・・・省略・・・・・

”壺” を存在させる風土から、

材質から、歴史から、陶土にいたるまで、

すべての要素への追求によって、浮かび上がってくる特性。

それこそが、”壺” の存在理由だろう。・・・

その一瞬をズバリつかみ取る力こそが、


”土門拳の格闘” であるにちがいない。」



と言うのです。



「眼光・紙背の徹する!」 というコトバがあります。

(強い視線が書いた文字を貫き、裏に書かれた文意を察する
  という意味です。)


土門は、”壺” をこちら側から見て、向こう側も

見える(想像できる)ように撮影すると、

「草柳大蔵」さんは、おっしゃっているのです。


まさに、「見えざるものとの格闘」 と

いうことなのでしょう。


土門拳には、「古寺巡礼」 という名作があります。


コレを取材するとき、ある仏像の一枚をとるのに、

撮り終わるまで、30分、いや1時間もそれ以上も

かかるのは、ザラであるという話をお弟子さんが、

アサヒカメラ誌に書いているのを読んだ記憶が

あります。


達人といわれるような人は、そこまで、くまなく、

深く観察するのでしょう。



仏像のすべてを読み取ろうとするその姿に

「舌を巻いた!」

というお弟子さんのコトバにいまさらながら、

驚かされました。


又吉が語る小説家の知られざる姿勢



2年前、「芥川賞」 を受賞して、話題になった、

お笑い芸人の「又吉」さんは、



matayosi①.jpg



「受賞者のインタビュー」 で書いておりました。


それによると、


「影響を受けた作家はいますか?」

というインタビューに対して、

「中村文則さん・40」 と応えています。



nakamura①.jpg



中村文則さんは、27歳の時、

「土の中の子供」 という作品で

芥川賞 を受けた作家です。



この人について、又吉さんは、



「中村文則さんの作品は、メチャクチャ好きです」

と述べたあと、


「今まで、多くの人が少しづつ掘って、

もう掘られへんといわれている穴の底で、


中村さんは、

” 爪から血を出しながら、まだ掘ろうとしている ” 

というような印象を受けます。


そこから出る音を聞きたいのです。」



どうでしょうか?


この又吉さんの言ってること、もうお分かりだと

思います。



何かを語りながら、なお、その奥を

追求しようとしている作家中村さんの探求心の

まだ奥にあるものを知りたいと、又吉さんは、

言っているのです。



写真と小説の共通点



写真と小説の共通点は、共に、奥が深いということだと思います。


一枚の写真は、深い感動を与え、様々なドラマを想像させ、

なお、創造意欲を駆り立ててくれます。



小説もやはり同じことが言えると私は感じています。


一つのテーマを掘り下げていく。

そこに、「写真も」「小説も」 さらなる輝きを増していく

のではないでしょうか!



写真で言えば、



「竹」の高間信二、
「流氷」の「中川~」
「広島」の「福島菊次郎」
「バス停」の「某サラリーマン」
「風景」の「前田真三」



挙げれば枚挙にいとまがありません。

一つのテーマをトコトン掘り下げてきたカメラマンです。


あなたが、もし、これまで「いろいろな対象」を

とってこられたなら、そして、今、「なかなか伸びない」

と悩んでおられるなら、撮る物をここで

「一つ」に絞ってみられることをおススメします。


「花」「川」「海」「石」「桜」「波」「岩」・・・・


数年前の「フオトコン誌」に「赤いポスト」を撮り続けた人が

載っていました。

写真展も開いたことがあるそうです。


と、いうわけで、

自分が、「コレ」と思った物をトコトン追求してみて下さい。

キット、「何らかの手ごたえ」を見出されると信じます。


私の場合ですと、それは、「覚せい剤」 でした。



今日の記事があなたの撮影に何かの「ひろがり」をわずかでも

持たらせてくれたら嬉しいです。


スポンサーリンク










nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

土門拳(写真家): 日本一のカメラマンになってみせる! [土門拳]

土 門拳はご存知のように日本を代表する写真家の巨匠です。
たぎる様な熱意と執念の写真家です。「日本一になってみせる」
と言った土門の迫力に、私は圧倒されたのを覚えています!




土門拳の凄まじい迫力





私が、まだ学生の頃、

古本屋で、パッと目についたのが、
「土門拳」 について書かれた本でした。


(晩年の土門拳)
土門.jpg
(これは、本の表紙ではありません)


「 日本一 のカメラマンになってみせる! 」

という衝撃的なタイトルに惹かれた私は、すぐ買いました。

表紙には、にらみむように空の一点を見つめる、

すごい形相をした土門拳の姿がありました。

内容は、ほとんど、忘れましたが、

「土門拳」のその時の顔だけは、今でも、

ハッキリ脳裏に焼きついております。

本やでパラパラっと、めくる手が震えるほどの

衝撃をうけたのです。



私は、プロになるまで、何度も,つまずきましたが、

そのたびに、この時 「土門拳」 の顔が、思い出されたものでした。

そして、厳しく、叱咤激励(しったげきれい)をしてくれました。

この本を読んで、燃えるような闘魂を奮い立たせたものでした。


何もわからなかった私が、報道写真 を撮る続けたのも、

一つには、「報道写真の鬼」 とも、言われた「土門拳」の影響が、 かなり、あったように思います。(笑)


「土門拳」は、皆さんもご存知のように、

「木村伊兵衛」と共に、日本を代表するカメラマンとして、

日本の写真界に君臨する写真界の重鎮です。



土門拳の略歴



土門拳のプロフイールを簡単にご紹介しときますね。


・1909年生まれ。

・80歳で逝去。

・日本大学(夜間部)通学。
  (ネット上にはありませんが、私の読んだ本には
   このように記載されていました)

・アサヒカメラ誌の月例で入選。

・木村伊兵衛と共に、「カメラ雑誌」の月例コンテスト
 審査員となる。

これは、ごく大ざっぱですので、もし詳しくお知りになりたい人は
ネット上の 「ウイキぺディア」 をご覧ください。

今のあなたには、「日本の写真界の巨匠」 であることを
知っておかれたら、いいかなと思います。


土門は「名文家」とも知られており、活躍は、あまりにも

広く、彼の詳細を知るには、多くの本を読まれた方が

賢明だろうと思います。

土門についての記事は私も、いくつか書いておりますので

良ければご覧下さい。


   
   < 関連 記事 >

土門拳と作品!月例審査で何故写真を撮るかを迫る土門の熱意!





タグ:日本 土門拳
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
土門拳 ブログトップ


スポンサーリンク



< トップへ戻る >