So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
女性戦場カメラマン ブログトップ

女性戦場カメラマン:美談ではなく、現実を報じ続けることが使命! [女性戦場カメラマン]


戦場カメラマンとして、またジャーナリストとして、
活躍する女性カメラマンが砲弾に倒れ、死亡しました。
2012年、5年前のことです。死の直前まで「人間」
を撮り続けた執念のフオトジャーナリストでした。




一つのことをひたすら追い続ける勇気!




戦場カメラマンとして使命を全うして亡くなった女性は、

当時、新聞、テレビなどでも盛んに報道された

「山本美香=45」 さんというフオトジャーナリストでした。



senjyou①.jpg



山本道子さんは、戦地の普通に生活する人に

目をむけていたそうです。


「 そこには、老人、子供、主婦など。

常に死と隣り合わせで、それをを受け止めているとはいえ、

人間としての喜びを放棄しているわけではありません。

戦場には、結婚式だってあるのです。」


山本さんは、インタビューにそうこたえています。




senjyou2.jpg




「私は絶対死なない!」


というのが口癖だったそうです。


またそう言えたのは、

周到な準備をしていたからだそうです。(写真②)



しかし、シリア軍が放った弾丸は、彼女の首を

貫通し、一瞬にして彼女の命を奪ったといいます。


テレビなどでは、「戦場カメラマン」 を

興味半分のように取り上げている部分もあるように

見受けますが、現実は、厳しくも、残酷です。


さて、冒頭から、女性の「戦場カメラマン」について、

述べてきましたが、山本美香さんは、

父親がジャーナリストであった為、

その影響でジャーナリストの道を選んだそうです。


彼女の場合は、カメラマンでもある「フォトジャーナリスト」

として活躍してきたのでした。


厳しい道を選んだ彼女には、戦場における「現状」を

伝えることを「使命」としての決意がみなぎっていました。



ここで、私があなたに聞いていただきたいのは、

「伝えることを」 使命としていたというところです。

 

まあ、これは、少し言い過ぎかもしれません。(苦笑)



言い換えれば、あなたが様々な事象から受けた

「感動」

を、自分の写真で伝えていくんだという気概を

持っていただきたいのです。


もちろん、

これまでもそういう気持ちで撮っておられたかもしれません。


しかし、ここでもう一度原点に返っていただけたらと

思うのです。


要するに 「伝える」 ということを、新たに意識して

いただきたいなと思うのです。




それでは、続きを次回でお話ししたいと思います。


とりあえず、今日はこの辺で・・・・・・・。







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
女性戦場カメラマン ブログトップ

< トップへ戻る >