So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
写真コンテスト ブログトップ

写真コンテスト:初心者の僕が初めて入選したのはこのおかげです! [写真コンテスト]

ナカナカ入選できなかった写真コンテストの大きな壁を
初心者のGさんが、一年でやっと破ることができました。
それは一本のレンズを徹底してこだわったからでした。



スポンサーリンク









遂に入選!初心者の作品



名古屋のGさんから「入選した」というメールをいただきました。

この方は、昨年、希望者の方に「アサヒカメラ1位入賞者3人の体験」

のコピーを送らせていただいた23人の中のお一人でした。


「どうしておられるかなー?」 と


時々、思い出しては、気にしておりました。


そんな「G」さんから昨日メールが届いたのです。

写真(キャビネ版)も送って下さったので早速、ここで、

ご紹介したいと、思います。


(写真は、私が、ケータイで撮り直したものです。
カゲができたりして少し見づらい感じですが、原版は、
とても鮮明に出ておりますので、イメージしてご覧くださいね)



入選作

dokusya①.jpg
(広角28ミリ)


「 広場で遊ぶ若者たちをアクセントに取り入れた写真です。
  Gさんは、桜を 「主役」 に選んだそうです。
  手前 と 向こう側の桜の美しさが圧倒的だったとありました。
  
  これは、最初、私が受けたメールのあとに、
  続いて届いたメールで連絡してくださいましたので
  修正しました。
   

 なので、主役は美しく捉えた手前の桜と向こう側に咲き乱れる桜の群。
  
 脇役は、中の人物と右下の枝のシルエット。

  私個人的には、このシルエットをもう少し増やすことで
  写真にメリハリがついて、見栄えがスッキリしたのでは
  ないかと思います。

 シャッターチャンスが良かったと思います(人物の動き)」


以上の
①②③ が良い点だろうと思います。



もう一つ言いますと、手前から、遠く向こうの桜まで、
パンフォーカス(手前から遠く向こう側までピンとが合っていること)
になっていることです。

この写真ではハッキリしませんが、原画では、鮮明に写っております。
ここで、それを再現できていなくて申し訳ありません。



入選作

dokusya②.jpg
(広角28ミリ)

「 この写真も、広角28ミリの特徴がしっかり活かされています。
  (手前から遠方まで捉えた = 遠近感)。 
 
 特に手前の赤は鮮烈に表現されたと思います。

 広角を使うと、手前に位置する被写体が非常に
 強調されて、力強く写ります。
 
 初心の方は、このことをしっかり身に付けて下さい。



この写真は、虹 が入っている瞬間をとらえているため、
写真を見栄えあるものにしてくれましたね。

やはり、シャッターチャンスをウマく活かしたと言えます。」



2枚とも、地域の写真展で初めて入選した写真だそうです。


Gさんは、ニコンの一眼レフをもっており、これまで

ズームを使っていたといいます。


「コレはと、目についたもの」 を何でも撮って来たそうです。

「ダメ元」 で、いろいろな写真展にも応募したそうですが、

ナカナカ入選できず、候補作になるのがやっとだったと

書いておられます。


「アサヒカメラ年度賞1位受賞者」 


の体験記を読まれたのはその頃だったのです。



勝因は一つのレンズに絞ったこと



アサヒカメラ1位入賞者3人の一人は、中望遠レンズ(135ミリ)

一本のみで、撮るようになってから、次々と入選を果たして、

遂に「年度賞1位」に輝いたひとだったのですが、Gさんは、


この人の 「一本を使いこなす」 方法をマネしたそうです。


ズームは便利だけれども、自分には却ってそれがワザワイのもとだった

と言います。


以前に、私が、初めていただいたGさんからメールには、


「一本のレンズで集中して撮りたいのですが・・・・」 と


ありました。



私は、迷わず 「広角レンズ」 をおススメしました。

20~35ミリ。  中でも28ミリをおススメしました。


私自身も、初心者のころは、「28ミリレンズ」 のみで、

過ごした経験があり、多くの「入選」を体験していたからです。



そして、カメラ雑誌の入選作には、「28ミリ」を

含む広角レンズの作品がとても多いからです。


では「広角レンズ」をどのように使用したら、

いい写真が撮れるのか?


これについては、次回でお伝えします


スポンサーリンク










nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

写真コンテストの1位の写真が良いかどうかは審査員の感性による? [写真コンテスト]

写真コンテスト1位なら、傑作と安易に言えるだろうか?





こんにちは。


前回、首から上を無くした写真について書きましたが、


足開女.jpg



この写真は、多くの人が興味を持たれたようです。


次の文はKさんというサラリーマンの方のメールの

一部を抜粋したものです。



「カメラ雑誌のコンテストに1位として受賞しているのに、

太助さんは、自分なら、その写真を1位にはとてもできない、

それどころか、入選にもできない・・・・と書いておられましたが、

それって、どうなんでしょうか?

私にはよくわかりません。


カメラ雑誌で「1位」にまで選ばれた写真ですから、

それは、素晴らしい写真として大いにみならって

いくべきだと、私は、思っていました・・・・・・。」



全文ではありませんが、こういう内容でした。


あなたは、どう思われますか?


前回、コメントを下さった方は、

「私はこうは撮れない・・・」

とおっしゃっていました。



「首無し写真」を良しとするかしないかは、

見る側の「感性」とか、「好み」とか、「性格」

に、大きく関わって来る問題だろうと思います。



私は、これまでに、3点ぐらい、これに似た入選作を

見たことがあります。

カメラを持ち始めてまだ1年もしない頃だったでしょうか。


その時は、

「へえこんな写真もあるんだ・・・・・」

ぐらいで通りすぎてきました。


しかし、それから、多くの時間を経た今、

そういう写真を受け止められないということは、

社会経験を積んできたことが、大きく関係していると

思います。


よく言えば、いや、悪い意味も含めて、自分がいろいろな意味で

「進化」してきたからと言えるかもしれません。




例えば、


① 
ノーベル賞を受賞するかもと評価の高かった

作家の「割腹自殺」の映画をズーッとのちに見ました。

jiketo①.jpg


作家の「首」も切り落とされていました。

別の人に(介錯=かいしゃく)されたのです。




年末にはかならずといっていい程、放映される、

映画かテレビドラマがあります。

時代劇の名 作「忠臣蔵」 です。


いつかは、覚えていないのですが、そのうちの一つに

「仇討ちを済ませた47士の」 生首が河原にさらされていた

シーンを撮った作品がありました。

それを見た時、私は、「ギョッ」 として、思わずマユをしかめた

覚えががあります。



上記の二つの例は、

私の脳裏のどこかに鮮明に残っていて、


「1位」になった「首無し写真」を見た時、

「後藤健二」さんのイメージと、

上記の二つのイメージが、一度に思い出され、

見た瞬間、思わず、目をそむけてしまったというわけです。



いずれにしろ、「首無し写真」 が良いかそうでないかは、

選ぶ人によるということです。


前回の審査員(プロ写真家)は、良いとみたわけです。

もちろん、首のないところ以外も含めてですが。



極めて特異なカメラマンとして国内外に知られた

プロカメラマンの「アラーキー(荒木経惟・アラキノブヨシ)」氏

なら、「首の無い写真」 を平気で撮るカメラマンでは

ないかなと想像しています。


ara-ki-.jpg


私は、彼の写真をそれほど多くを見ていませんが、

グロテスクな作品がけっこうありますので、

ひょっとしたら、既存の作品にあるかもしれませんね。



araki②.jpg
(ヤフー検索より)



arakisakuhin1.jpg
(ヤフー検索より)


②,③は、アラーキーの作品のほんの一部にすぎません。



今日は、この辺で、置きたいと思いますが、


いま述べてきた問題をあなたなりに、考えてみることは、

写真を撮るうえで、これから先、

きっとプラスになると思いますので、

これを機に、一度考えてみて下さい。




それでは・・・・・・・・・。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
写真コンテスト ブログトップ


スポンサーリンク



< トップへ戻る >