So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
発想の秘 ブログトップ

宇佐美雅浩(写真家)の作品!発想の秘密扉は誰でも開くことが可能! [発想の秘]

宇佐美雅浩(写真家)の作品が、今、注目されています。
例えば、広島の原爆に関する写真には、原爆投下の瞬間から、
被害者や被害状況、復興の様子などが、1枚の写真に
凝縮されて写り込んでいます。このユニークな創作に至る
着想の手法は誰にでもその秘密の扉が開かれております。



宇佐美雅浩(写真家)の隠された創作の秘密!




前回、宇佐美雅浩(写真家)さんを「Ⅿanda-la」

という作品の一部と共にご紹介しました。


宇佐美②.jpg
(マンダラ)



前回への記事へ、アクセスがとても伸びていて、驚きました。

普段の3倍ぐらい(約1500ぐらい)になっております。

普通、500前後で、多いときで、1000ぐらいの人が

アクセスして下さっています。


今回は、記事投稿時点から、伸び続けております。

いまも、わずかずつですが、ふえております。


その理由は、一枚の作品に、多くの状態を同時に

写し込んだという 「画期的手法」 が見る人の目を

引いたものだろうと、私は考えていました。


しかし、アクセスの増えた原因は、どうも違うところに、

あったようです。



何人かメールを下さったのですが、それによると、



「武蔵美大で、絵やイラストを学んだ普通の学生さんが、

”manda-la”(マンダラ) のような作品を

作り出すに至ったその過程に興味を持った・・・・・」


というものでした。



実は、私も、そこに興味をそそられて、

写真家・宇佐美雅浩さんと、作品の一部を取り上げさせて

いただいたのでした。


そのことは、前回にも、書いた通りです。


写真を始めた人は、技術がある程度すすんでくると、

今度は、自分の持ち味をどう表現するかを

苦心するようになってきます。


「ああでもない、こうでもない」 と

日々、探しあぐんでいきます。


ここで、大きな壁が立ちはだかって来るのです。


多くの人を見ていると、大体ここが、一つの

難関になっているように思えます。


宇佐美雅浩さんの場合も、作品作りにおいて、

自分なりの撮影パターンが、

一朝一夕にできたものではないでしょう。


そこには、写真家・宇佐美雅浩さんなりの苦しみや苦労

があったにちがいありません。



例えば,次の写真をご覧ください。



卒業生セルフ①.jpg
「卒業」41人すべて一人のセルフ写真 <ヤフー検索>



すべての生徒を自分で演じて1枚に収めた写真です。

この写真が当時、非常に話題を呼びました。


撮った写真家は、名を

澤田 知子・39」さんといって、

元・美大(短大)の学生さんでした。

彼女の写真創作過程が、先の宇佐美雅浩さんに

かなり似ていますので、ここでご紹介すると共に、

作品ができるまでの、創作過程を比較し、


さらに、私たちがその方法の扉を開いていくには

どうしたら良いか? その具体策に迫ってみようと

思います。



それは、次回で書きますので、それまでに、


皆さんも、どうか考えてみて下さい。


よろしくおねがいします。


それでは、今日はこの辺で・・・・・・。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
発想の秘 ブログトップ


スポンサーリンク



< トップへ戻る >