So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
発想は好きにあり ブログトップ

カメラマン: 発想は好きにあり!依頼や料金にこだわるのは愚かでは? [発想は好きにあり]

カメラマンになるには、発想は大事ですが、こだわることはありません!
好きだと思えば、それをひたすら追い続けるのは素晴らしいと思います。
依頼や料金にこだわり、迎合するのは商売写真家に任せましょう。



カメラマン、「好き」が見つかったが・・。



昨日、「ブレインダンプ=自分の棚卸し」をやったKさんから

メールが届きました。


一部をご紹介します。





ーーーここから



(省略)


・・・・「好き」に関してブレインダンプをしてみました。

そうしたら、小学の時、「妖怪あそび」が好きで、近所の友達と

公園でよく遊んだものでした。

中学、高校、大学などについても、やってみましたが、

小学生の時の 「妖怪あそび」 が一番思い出が深いことを

知りました。


妖怪について写真で表現するとすれば、どんな発想がいいと

思われますか?・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・(省略)




ーーーーここまで




このメールが届いた翌日、2月24日夕食を摂っていた時

のことでした。


いつものように新聞を広げてみていると、

なんと、「妖怪」をモチーフにしている美術愛好家の

記事が飛び込んできたのです。


妖怪①.jpg
「妖怪」<日経新聞ヨリ>


ボクは、新聞を読むときは、一番裏から読んでいきます。

次に一面に移り、一番下の広告欄に目をやるのが、

習慣になっています。


妖怪の記事は、一番裏側の「文化欄」に出ていました。


「妖怪」のメールをいただいた翌日に、「妖怪」に関する

記事がでていたわけです。


以前なら、「わっ!」 とビックリしたり、喜んだり

したものですが、最近は、

「またやな」 と当たり前のような

感じになっております。


「ふと、何気なく友人に電話をしようとしたら、

逆に、その友人から電話がかかったりする」

ことが、ままあります」


あれと同じ現象と言ってよいかと思います。


多分こんな経験は、みなさんにも、

あるのではないでしょうか?


「妖怪」の場合も、ちょうどこれと同じような現象なのです。


私の場合は、日頃趣味として、「瞑想」 を

習慣にしているものですから、

きっと、そのために頻繁に起こるように

なったのだろうと思います。


このことについては、いつか別項目で

記事にしたいなと思っています。



「発想」と「好き」深くかかわります。



以前、素晴らしい「風景」の個展を開いた

写真館(商売人)のご主人の話しを

させていただいたことがありました。

コンテストで「100万稼いだ」写真について

熱をこめて、夢中でその撮影のいきさつを

語ってくれた話です。


しょせん、それは、「発想」や「好き」以前の問題で

いわば、お客の依頼に合わせて料金を頂く

商売としての、「写真づくり」だったのです。


でも、さきに述べた「妖怪」は、子供の頃、

純粋に好きだと思った正直な気持ちです。


それが、結局一生のモチーフになったと新聞には

出ていました。


フオトコン誌の出版社からでている、


「一生懸命フォトグラフアー列伝」


という本には、


① 
「郵便ポスト」 ばかりを撮るカメラマン

が紹介されていました。


そのカメラマンには、街のあちこちに立つ

「郵便ポスト」

が魅力的だったのでしょうね。




また、若くして「木村伊兵衛賞」を受賞した

人気カメラマン「梅佳代」さんは、高校の進路相談の時、

「イチローと結婚したい」

担当の先生に、まじめに語ったそうです。


「少しでも、イチローに近づくためには、

スポーツカメラマンにならなくては」


というのがカメラマンになった理由だと言うのです。





このブログでも取り上げていますが、

アフリカを撮り続けている女性カメラマン

「ヨシダ・ナギ」さんも

子供の頃、「アフリカ人になりたい」

というほど、アフリカが好きで、

現在、現地でアフリカ人を撮り続けています。


テレビや新聞でも、かなり取り上げられていましたよね。




文学に魅せられて、文学の地を散策しながら、

撮影を続けたカメラマン、故「大竹新助」さん。




一生「竹」を撮り続けた「高間信二」カメラマン。




以上5人を思いつくまま挙げましたが、

この人達は、「好き」 という「発想」のもとに、

写真を撮り続けているか、撮り続けたカメラマン

と言ってよいと思います。



注)

「発想」 という意味は一般にはとても

あいまいに使われているような気がしますが、

手持ちの辞書で調べてみると、

「発想とは、=考え、着想、見解、思いつき、概念、想像力、 理解」

とありました。


私が使うのは、「考え、思いつき、想像、ヒラメキ」

などの意味が多いですね。


そして、好きなことに夢中になったり、

好きなことに関わっている時ほど、

「考え、思いつき、想像、ヒラメキ」

などが出てきやすいですね。


それでは、今日はこれで・・・。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
発想は好きにあり ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >