So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
写真撮影テクニック ブログトップ

写真撮影テクニック:一眼レフでは交換レンズで対比を活かす! [写真撮影テクニック]

写真撮影において、一眼レフ使えば、対比を強調できる!
一眼レフは、何といっても、レンズ交換可能が強味です!
大小、遠近を強調することで、写真がヨミガエリますよ!




前回、記事に重なった文章があって、

ご迷惑をおかけしました。

修正しておきましたので

ご了解ください。


写真撮影テクニックと感想



前回、読者の方の「祭り」の写真を見ていただきました。


どう感じられましたか?


今日は、その写真について、ボクの感想をちょっと書かせて

いただこうかなと思います。


自分ごときが、「感想」 なんて、どうも「生意気」でもあり、

正直、面はゆい感じもしますが、まあ、こんな見方もあるのだな

と気軽に受け取って下さいね。


下の写真が読者の方の写真です。

「祭り」①
のぶぞう①.jpg




 ( 感 想 )


この写真は、ペンタックスの一眼レフで撮られたものですね。

たしか、昨年発売された一眼レフで、

かなり高価なカメラですよね。


多分、初心者の方が初めて買うには、

ちょっと考えてしまうかも知れませんね。


まあ、それはともかくとして、


この写真が、最初、広角で撮られた写真かなと思いましたが、

ズームで中望遠を使用されたのかもしれません。



なぜなら、


① 広角に現れやすい左右両端のゆがみが見えない。
② 遠方が若干ぼけています。


この①②は、メーカーにもよりますので、いちがいには

言えませんが、



いずれにしても、


ハッピ姿の4人をグーンと手前に持ってきたところは、

写真撮影テクニックとしては、


「常道的撮り方」 と言ってよいと思います。


祭りや、イベントを撮った 「入選作」 を見ますと、

だいたい、こういう撮り方をしている人が多いですね。


「遠近」「大小」の対比がハッキリしているからです。


この写真も、そういう「対比」がよく分かりますよね。



  ・ 難点もちょっと見受けられます。



それは、この写真が、

1)向こうの観客と、

2)こちらの祭りのスタッフ

に、2分されたことです。



よーくご覧ください。

向こう端に並ぶ観客は、皆、右端の「獅子舞」を見ているようですね。

ところが、中間で大きな箱らしきものに手を入れて何かを

している、男女の二人に目を注いでいる人は、見当たりません。


つまり、手前の4人とその先の多くの人物が分断されてしまっている

と感じるのです。



ボクも、プロの頃、「祭」 はずいぶん撮りましたが、

もし、ここで撮るように指示されたとすれば、


獅子舞を中心として観客(特に子供)の笑顔を狙うか」

「手前の 4人を 28ミリ ぐらいの広角で

 ローアングルにして、思いっきり彼らに寄って、

・ 真ん中の中心人物と、
・ 着ているハッピの背中の文字と
・ フエを持つ手の動きに注目(シャッターチャンス)

そして、

・ ズーット向こう端の観客の上半身位から上を入れると、

祭りの雰囲気も少しは出てくる」



たぶん、これらのことを考えながら撮ると思います。

祭りは、「勢い」と「迫力」と「雰囲気」。

このことを、最も意識して撮っていました。



この祭りの場合、そこで撮っているご本人の撮影条件

というものがあって、制約されるところも多いと

思いますので、なかなか思うようにいかないかもしれません。


これは、経験を積んで慣れながら、会得していかれると

良いかなと思います。


もし、上の写真をそのまま使うとすれば、

次の写真のようにしてみると、多少変わって来るのでは

ないでしょうか。

「祭り」②
祭り撮り直し.jpg


以上、少しは参考になったでしょうか?

あなたも、あなたなりに、「撮影効果を考え」

自分のテクニックを開発し、会得していって下さい。


イベントなどは、撮り方の「定石」がありますので、

それを、まず頭に叩き込んでおくと、便利ですね。


それでは、今日はこのへんで、又次回でお会いしましょう。







nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
写真撮影テクニック ブログトップ

< トップへ戻る >