So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
カメラマン ブログトップ

カメラマン:写真に何ができるか?よりも、写真で何を伝えるかでは? [カメラマン]

1月も今日は、6日で、多くの人が勤務を

始めていることでしょう。

あなたも、そうではありませんか?


あるいは、定年退職されて、あとは自由の身だと、

残された人生を楽しんでおられるかもしれません。



いずれにしても、

このブログを読んで下さっているということは、

何らかの形で写真に関わっておられることと思います。


今年は、年頭に挙げました


「最速・独学戦略」


というプログラムをかかげて、働きながら独学

写真を学ぶ人を対象に、

その方法をお伝えしていくつもりです。



ところで、

先日、ボクが、プロカメラマン「小松健一・63」さんの

エッセイをよんでいましたところ、面白いことを

言っておられたので、それをちょっとお聞き下さい。



(小松健一カメラマン・63)
小松①.jpg
「元新聞記者。現代写真研究所研究科=(2年)卒業。」
「最近はカメラ雑誌のコンテスト審査員などでよく見かけます」



エッセイの概略を抜粋しますと、


「中学で初めてカメラを手にして、

その面白さを知り、

写真家を夢みて、上京。

以来40数年が立つ。

その間、


”写真に何ができるか?”


を問い続けてきた。

しかし、還暦(60歳)を過ぎた今でも、

その答えが出ないでいる・・・・」


というのです。


”写真に何ができるか?”

この問いは、


「人間に何ができるか?」

と問うほど、ボクには、大きな問題に思えました。


それを考えることは、大事なことだとは、

思いますが、ボクはすでに写真の世界に入っています。

あなたも、そうだと思います。

とすれば、そういう「遠大な課題」はその道を歩んでいく

途中で時々考えることにして、とにかく今は、

「写真に何ができるか?」 よりも、

「写真で何を伝えるか?」 を考えたいと思うのです。


写真で「情報」や「感情」、「思い」などつたえることは、

数限りなく存在します。

また、伝える写真技法も、多種多様です。


それらをマスターするには、多くの知識と、

膨大な時間がかかります。



この度は、それらの

・「写真技法」
・「写真思考」
・「マスター時間」

限りなくシンプルにして、プロレベルまで

達したい!

そう考えて作り上げた「戦略」です。


その気になれば、誰でもが、できる

「簡単な手法」 としてまとめたものです。


ただ、必要なのは

「写真への情熱」

です。


それでは、

「最速・独学戦略」

を次回から、順を追って説明していきたいと

思いますので宜しくお願いします・・・・・。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラマン:今年は具体的戦略をお伝えしていきます!! [カメラマン]

sinnnenn①.jpg




今年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。[晴れ]

なお、これまでコメントや、メールを頂いた方々、

ホントにありがとうございました。

重ねて、お礼を申し上げます。



今年は、

「働きながら、少ない費用で、プロを目指す初心者の方」が、

楽しみながら、写真をマスターできるよう、より具体的に

学べる方法を、お伝えするつもりでおります。


称して

「最速・独学戦略!」

と命名しました。


大体、次のような予定を組んでおります。


 ブレインダンプして分野を絞る。

  「脳(brain)の中の情報を吐き出す(dump)」

 調査をする。

 設計図作る。 

④ その道のプロになる(絶対やれるという分野を創る)

 スケジュールを手帳やノートに計画を書き込む。
  (漠然と過ごさず、書くことの効率の良さを知る)

現在のところ、以上のような計画を立てております。


これは、素人の私自身がプロになった時の方法を
メインとし、多くの方からいただいた
メール相談などを参考にして作り上げました。


さらに、3年前に始めた地元の写真グループにおける
仲間たちとの対話と実践も取り入れています。


一人でも多くの人が、ただの趣味で終わらず、
写真を学ぶことで「人生そのもの」が楽しめる
ぐらいの気持ちでススメていきたいなと、
考えています。(ニコッ!)


漠然と撮ることは、その日1日が、徒労に終わってしまいます。

限りある人生を充実したものにするために、

今日この一瞬を 「今でしょ!」 という感覚で
やっていこうじゃないですか!

今、20の人も、40の人も50の人も、

必ずこの世から去っていきます。


あなたの人生を輝かせるには、

「今」 この一瞬を輝いて生きるしかないのです。

その「今」の積み重ねが、あなたの人生なのではありませんか?!


僕も、これを書いている「今」にすべてを「取り込む」
つもりで書いていきます。

その一瞬に倒れても悔いのないように。

話しがちょっと、深刻になっちゃいましたね。(笑)


それでは、がんばりましょうね!





nice!(1)  コメント(2) 

カメラマンになった=私の歩み! [カメラマン]

ブログを読んで下さった皆さん、ホントにありがとうございました。(ニコニコ)

target="_blank">お礼イラスト.jpg



「プロカメラマン: 必勝!夢を目指そう!」

というブログを立ち上げて、11月で約「3年」になりました。 

ブログで私が一番お伝えしたかったのは、


「 学校へ行かなくとも誰でも働きながら、独学でプロカメラマンになれる ということと、写真がウマくなれる 」


ということでした。


それは、これまで見てきた多くのカメラマンと私自身の体験から
「絶対的・確信」 をもって言えると思っています!


このブログでは、私自身の体験はもちろん、プロで活躍する現役カメラマンも、
多くご紹介してきました。

同時に、カメラマンになるまでの歩みや、技術的手法なども
ご紹介してきました。


まだまだお伝えしたいことがありますが、それは
これから、なお記事として投稿を続けていきたいと思っています。


しかし、これまでの記事で言いますと、初歩の方には、


① 入選写真を撮る方法とか
② 写真界にはどんな分野のカメラマンがいるかとか
③ 独学で現在活躍しているカメラマンはどんな人か
④ 働きながら学ぶにはいったいどんな方法があるかとか
 

大ざっぱにいえば、だいたい以上のようなことを
お伝えしてきました。



そこで、この度、初歩の方に参考にしていただける記事を
まとめてみることにしました。

なぜなら、最初(,13~,14年)の頃に書いた記事は、ブログの中に埋もれて、
探しにくくなってきたように思うからです。

最初から、読み直して、これは、参考にしていただけると思う記事
を、整理し、ピックアップしてみました。


1) 私自信の初歩から1年でプロになるまでの歩み

2) 大活躍の「米美知子」カメラマンについて 

3) その他、読者の方に参考になるものを随時
   これから挙げていきたいと思っています。


なお、読者の方にとって、興味があり、かつお役に立てる記事を
これからも書いていくつもりですので、引き続き、
よろしくしくお願い申しあげます。(笑)



< 追 記 >

記事が整理出来れば、そのつど、「目次」として、このページに、

順次挙げていきますので、どうぞご覧ください。



   

   ■■■■  目 次   ■■■■



1) 私の歩み


①カメラマンになる早道は、独学でした!

②カメラマン志望に、大学は不要だった!

③カメラマン ・1年でプロデビューできたわけ。

④カメラマンになるための、2か月の勉強。

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

 
2)< 風景 写真 >


● 風景写真家になりたい。

● プロになるための決意!

● 「週刊新潮」のプロが撮ればこうなります!

● 「週刊新潮」専属・ 田中義和氏の魅惑の風景写真!


● 風景写真家・思わず見とれるプロの作品です!


(あとはまだ整理中ですので、今しばらくお待ちください。)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
カメラマン ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >