So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
プロへの道 ブログトップ

カメラマン:プロへの道がこれ程苦しいとは!超有名写真家がもらす! [プロへの道]

「プロカメラマンへの道がこんなに苦しかったとは!」
こう話した超有名女性写真家がいます。大学を出てすぐ
フリーのカメラマンになった、写真界の重鎮「大石芳野」氏!



写真学校を出てもすぐにプロにはなれない!




写真関係の大学や専門学校を出てもすぐに
プロにはなることは無理なのが普通です。


読者の中には、写真系の大学や専門学校を卒業すれば、
すぐにでもプロカメラマンとして、働けると、
考えている方もあろうかと思いますので、


「こういう例」 もあると言うことを、知っていただくために、

写真界では、多忙を極める有名な女性写真家 「大石芳野」 さんの

知られざる体験をお伝えしたいと思います。


(大石芳野カメラマン=72)
大石芳野本人.jpg
(ヤフー検索ヨリ) 


これまでも少し取り上げたことがありますので、
ご存知のかたもあるのではないでしょうか。


大石さんは、日本大学の写真科を出て、
すぐフリーカメラマンとして独立します。


では、そこから、どんな歩みがあったのか
大石さんの記述から引用したいと思います。



大石さんは、

「 大学をでれば、すぐにでも、

プロカメラマンとして、活動できると 」、と

考えていたお一人ではないかと思うのです。

それでなくては、卒業後、いきなり、フリーになるのは、

無謀としか言いようがありません。


在学中に、賞をとっていたり、個展を開いたり、

コンテスト入賞経験があったり、さらに、写真集を出版する、

などの実績があれば、話は、別なんですけどね。



では、「大石芳野」さんの歩みを、ザーっとみてみましょう。


「 ・東京生まれ。 

・日本大学芸術学部、写真学科卒業

・卒業後、すぐフリーランスに。

・独立後、写真で生活できるまで辛酸をなめる。

・学生時代に、訪れたベトナムに衝撃をうけ、
ドキュメンタリー写真家として、戦地や内乱の中で暮らす人々を、
撮り続けている。
 
・現在、大学教授。

・テレビ、雑誌、コンテスト審査・・・など多忙 」 



以上が、ごく簡単な略歴です。



問題は、卒業後、すぐフリーとしてスタート
したことにあります。


営業の苦しさを味わう!



記事を見ますと、


「 フリーで、スタートしたからといっても、
仕事が降ってくるわけはありません。


若い女性ということで、屈辱的な思いをしながら、

営業と作品撮りの日々が続きました。」


とあります。


最初はたいていこの営業でつまづく人が多いようです。



「 自分の写真をもって、営業にまわるんですが、

その中身は、営業の相手によって変えていきました。

仕事で撮った印刷物がたまっていけば、

また別にまとめて、あとまわしにしたり、

様々な方法で営業しました 」


営業のくふうをいろいろ考えて回っている
苦心の様子がうかがえますね。



さらにつづけて、こうあります。


「 でも一回営業に行ったからって、すぐに仕事が、

くるはずがありません。

もう、手帳が真っ黒になるくらい、色々な人に、

紹介してもらったり、会いに行ったりしていました。

それでも何十件に一件くらいは、仕事をいただけたので、

それで息をつないで、また次の仕事に繋げていってました 」 



写真に限りませんが、営業するというのはこういう苦労が
つきまといます。

私も多少の経験がありますので、分かりますね。


仕事がないかぎり、収入もないわけですから、生活も大変です。


その様子を次のように書いています。


「 バスには乗らずに歩く。

喫茶店には入らずに、公園の水道水を飲む。

バス代もコーヒー代も、フィルムや現像液を買うための、

費用にしていました。

定価の洋服なんて買ったことなかったですね。

買ってもバーゲン。

だから、父が、見かねて何着か、買ってくれたことも、

ありました(笑)。  

とにかく、倹約、倹約でしたね 」



どうでしょうか?



「大石芳野」さんの苦労の一端が、

おわかりいただけたでしょうか。

他にも「大石芳野」さんと同じような経験を、

している人を、何人か知っていますが、フリーと言う立場は、

仕事が入るまで、とにかく大変なんです。


それを、~賞を取ったとか、写真集を出したとか、個展を開催したなど
実績があれば、また話は別ですが、

何の実績もなく、卒業後、いきなりフリーカメラマンとして

独立することは、暴挙といってよいでしょう。


プロへの道は、学校卒業すればすぐなれる程

「甘くはない」

という一例として、


カメラマンの大家の例を挙げてみました。


参考にしていただけたらと思います。





nice!(2)  コメント(0) 
プロへの道 ブログトップ

< トップへ戻る >