So-net無料ブログ作成






風景画像①.jpg




          

おばあちゃん写真家(88)!笑っちゃったと海外の人!コレも個性! [おばあちゃん写真家]

88歳の元気なおばあちゃんカメラマンがいましたね。
海外でも評判で,笑い転げた人も多かったときいてます。
コレも、個性以外の何物でもありません!!





今日は、前回の続き 「個性の見つけ方」② を書きたいと思います。

冒頭のおばあちゃんカメラマン(88)は面白いですねえ!



87・鉛筆.jpg
(セルフポートレート)



87歳5.jpg
(セルフポートレート)



1か月ほど前に取り上げましたが、初めて見たとき、私はビックリしました。

しかし、報道記事を読むうちに、本人自身、

「そうすることが、楽しくてしょうがない」

という感じでした。

見て下さい、② の写真。


最初、誰かにしばられたのかな? と一瞬 「はっ!」
としてしまいました。


おばあちゃんは、こういうパフォーマンスを、
するのが、面白くてたまんないんでしょうね。


その姿を見ている人たちも、

「いったい何が起こったのかしら?」

と、いぶかしげに、好奇心をつのらせていたと
思うんですよね。


すると、おばあちゃんは、一層うれしくなっちゃう!!


写真は、見(観)てくれる人がいて、はじめて、成り立ちます。

無人島で、こんな格好しても何にもならないですよね。


しかし、「こんな格好」 誰でもできるものじゃありません。


これは、もはや、おばあちゃんの「個性」がそのまま、
セルフポートレートに表現されているといってよいでしょう。

好きで、面白いことを、自由自在にやっている!



正直、コレって「ラク」ですよね?(笑)



好きなことやって、それが作品になっている。

しかも、海外でも、評判を呼んで、「笑い転げているいる人」

もいるというのですから、これほど幸せなことないじゃないですか!




あの 「アラーキー」 も自分の行動や、姿、生活そのものが、

イコール = 写真なんだと言ってましたね。


あらーきー.jpg
(アラーキーこと「荒木 経惟・あらき のぶよし・76」)




とにかく、日々、楽しんでいるとおっしゃる。

それが、そのまま、写真表現として、評価されている。


もはや、この人の一挙手、一投足が、「絵」 になってる
という感じなのです。


言ってみれば、この人そのものが、「芸術」 って感じです。


いつだったか、「阿川佐和子」さんと雑誌対談をやっていましたが、

agawa.jpg
(阿川佐和子さん)


その会話は、まるで、遊んでいるみたいな感じでしたからね。

とにかく、普通じゃないのです!



でも、多くの平凡な私たちにとっては、この人たちは、

一線を画するカメラマンだといえるでしょう。


私たちは、私たちなりの、個性を発揮せねばなりません。

そうなんです。  すべてのカメラマンが、自分独自の「個性」
を発揮しようと、日々、努力をかさねていると言っても決して
過言ではないでしょう。



そこで、
前回は 「個性」 を見つける方法として、


「考える」 


ということを、挙げましたが、




もう一つ 



② 「自分の好み」 という点

を、ここでは取り上げたいと思います。


これは、最も、「個性」 を見つけ易い方法ではないか
と思います。



それでは、例を挙げて、説明していきましょう。





例・A) 私の場合

  
私は、退院してから、ものの好みがちょっと変わりました。

一番変わったのは、色の好みです。

今までは、「ダイダイ色」 が好きでした。次が水色でした。

ところが、今は、「白色」 に惹かれます。


・朝の晴れた空に浮かぶ「雲」の色。

・山中を走る「新幹線のいろ」

・写真では、こんな色です。



Siro②.jpg



白③.jpg




例・B)スナップのウマい主婦の場合


牛馬寿子.jpg
(牛馬寿子さん)


子人は2012年、年度賞1位を受賞した方です。

私の、私見ですが、この方はスナップが実にウマいですね。

牛馬さんについては、以前にもちょっと触れましたが、

街などでスナップするとき、事前に、相手に声をかけるそうですね。

OKをとってから、撮影し、終わったら「有難う」と
お礼を言うのが普通だそうです。

個人情報の「うるさい」現在、スナップにも、そんな風潮が、
及んでいて、勝手に撮っていくということが、なかなか
難しくなってきたようですね。

でも、いったん、許しを乞うと、牛馬さんの動きは、
一瞬、素早くなります。

その辺が、この人のウマさになってるんでしょうね。


そんな彼女の「好み」は何でしょうか?
みてみましょう。

それは、


・ なんとなく、「寂しい感じがする」 のが好き。

  最初、気が付かなかったが、友人に言われて気が付いた。

  ということです。



大場③子供後ろ.jpg   




大場②親子後.jpg



牛1場.jpg






例・Ⅽ) 週刊誌のプロカメラマンの場合



まず、次の写真をご覧ください。



風景田中.jpg


田中②.jpg


この写真を撮った人は、元「週刊新潮」のカメラマンです。

以前にも取り上げました「田中和義」さんの写真です。


見ての通り、写真3枚すべて、構図の重心が底にきております。

これは、長く撮っているうちに

「この状態が好きなんだ」 

ということになったようです。


他の構図で撮ると、何か違和感を感じるということなのです。


これが、田中さんにとって、

最も 「気がおちつく」 らしいのです。

言い換えれば、「自分の好みに合う写真」がこれなのです。

もちろん、すべてこういう構図になるわけではないですよ。


もしよかったら、この人の写真集をご覧ください。

無理にとは言いませんが、素晴らしい写真集です。

私は、この人の写真が、掲載された時は中身はどうあれ、
「週刊新潮」を買ってしまいます。(笑)

田中さんの鉄道写真は、4~5年前から、評判を呼び、

まさに見るものを「うならせる」写真でした。

この人がどんな状況を好むかが、一目瞭然といった作風が
確立されているように思います。



ちなみに、田中さんの鉄道写真をご覧ください。



田中鉄道.jpg



鉄道良.jpg


   
  ■ < 関連 記事 >

http://00naoki.blog.so-net.ne.jp/2016-05-06












nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
おばあちゃん写真家 ブログトップ