So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
アサヒカメラコンテスト ブログトップ

アサヒカメラ:コンテスト1位入賞3人共通の壁!打破苦闘体験! [アサヒカメラコンテスト]

アサヒカメラ:写真コンテスト年度賞1位受賞の面々!
それぞれに、人知れぬ大きな共通の悩みがありました。
今回は、1位受賞者3人、カベを打破した体験者の
苦闘の 「体験記」 をプレゼントします。






アサヒカメラも含めて各社の「カメラ雑誌」には、毎年
12月に、その年のコンテスト最高者~5位(or8位)
ぐらいまで発表されます。


これは、一般に月例コンテストの「年度賞」と呼ばれています。

アサヒカメラ他、ほとんどのカメラ雑誌がこの制度を設けています。


もう今さら、と思う人もおられることと思いますが、
初心の方も、どうぞ覚えておいてください。


このブログでは、独学者の方をメインとして書かせていただいて
おりますので、「カメラ雑誌」が 教材の「柱」となっております。


独学には、人それぞれのやり方があると思いますが、

この30年近く様々なプロを見てきて、この方法が、
極めてすぐれた方法であることを確信しております。


もちろん、主張はいろいろあると思いますので、
自分に合うと思われた方法を選択されると良いかと思います。



アサヒカメラ:コンテスト 1位受賞者3人の体験記




さて、今回は、以前からお話していました、プレゼント
について、お伝えしたいと思います。



それは、雑誌 「アサヒカメラ」で、月例コンテスト

「年度賞 1位」 

を受賞した人の体験記です。


月例コンテストについては、これまでも何度か
書いてきましたが、「アサヒカメラ」 誌については、
初めてのことです。


私がまだ学生の頃、自分が学校に向かないと知って、
独学を始めたことは、何度も言及してきましたが、

そのころ、卒業していく先輩が私に、カメラ雑誌の
バックナンバーをたくさん譲ってくれました。


ほとんどが、淡路大震災 でなくなりましたので
わずかに数冊が手元に残っているだけです。


そして、古い本を整理していたところ、切り抜いて、おいていた

「アサヒカメラ」コンテストの「年度賞1位」を受賞した人
の体験記が出てきたのです。




体験者②.jpg
(人物一本やりの橋本さん)



1位子供.jpg
(橋本さんの1位入賞写真=「少女」)




体験者①.jpg
(落選続きで、くやしさをひめて、ファイトを燃やす萱場さん)




大体1ページ半ぐらいのペースに書かれたものです。

カメラ雑誌の歴史は古く、この体験も,かなり古いものです。


したがって、使用機材も今とは違って、けっこう古いもの
ですので、時代の違いを感じますが、体験内容は、

古いどころか、充分現在に通用するもので、その努力
と奮闘は、読むものを刺激せずにはいないと思います。


今回プレゼントさせていただく3人の「1位受賞者」には、

一つの共通点があります。


詳細は、読んでいただければ分かりますが、
3人が申し合わせたように、「大きな壁」 にぶつかっていることです。

それを、乗り越えていくところなどは、3者3様で非常に
興味をそそられてしまいます。


最近の 「年度賞受賞者」 の「言葉」は、以前も言いましたように
ほんの、数行で終わっているものがほとんどです。


内容も、社交辞令、のようで、形式的に終わっています。

読む側とすれば、ちょっと「物足らない感じ」 はぬぐえません。


カメラ雑誌の発行者側も、

「もっと、受賞者の発言を増やしてくれればいいのになあ!」

と私などは切に望むところです。



希望する方には、その申し込み方法を「追記」で書かせていただきますので、

もう少しお待ちくださいね。


それでは、今日はこの辺で・・・・・・・。




< 追 記 >


もし読んでみようと思われる方は、

①「体験記希望」 
②「ご住所」
③「お名前」


を書いてこちらのメール宛てお申込みください。
無料でお送りします。

ただ、私は、いわゆる「pdf=電子書籍」の形にするスベをしりませんので、
現物のコピーでお送りしたいと思います。


コンビニで、コピーしますので、


・コピー代金
・送料


を、共で「200円」を「切手」に替えてお送りいただけたらと思います。
体験記のコピーが届いたあとで送ってくだされば、けっこうです。


注) 個人情報を送るのは、どうも、と躊躇される方は、
   ご自由にされてください。


なお、私(太助)の住所、メール番号は、プロフィールにありますが、

ここにも、一応メール番号を記しておきますね。


メール = 0hidebou@gmail.com


それでは、「アサヒカメラ年度賞1位」・3人の
体験記が何とかお役に立つことを、願っております。(ニコニコ)



それではこれで失礼します。





nice!(1)  コメント(0) 
アサヒカメラコンテスト ブログトップ

< トップへ戻る >