So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
セルフポートレート ブログトップ

セルフポートレート撮り方!構図・フレーミング無視の超面白写真! [セルフポートレート]

セルフポートレート(自撮り)の撮り方は自由奔放です。
構図・フレーミングなど無視の超面白い写真が海外でも
話題。 カメラマンは89歳の主婦だと知ってビックリ!




超面白いセルフポートレート(じどり)写真!



先日テレビでとても面白いセルフポートレート写真を

見ました。


ひょっとして、あなたも見ているかも知れませんね。

海外でも話題になった写真の一部をご覧ください。



jidori②.jpg





jidori③.jpg





jidori④.jpg




以前にも少し触れたことがありますが、これらを撮ったのは

89歳の主婦カメラマンのセルフポートレート写真です。



jidori①.jpg
主婦(89)カメラマン




撮影者が「89歳の主婦」と知れば、見る人はきっと

おどろくことでしょう。


70代で写真を初めたそうですが、5年前に夫を亡くして

本格的に始めたそうです。


とにかく、自分が好きな恰好をして撮ることが

大好きだと言います。


自宅の周りにあるものでも面白いものは

何でもカメラを向けるそうです。


一人暮らしになってから、自由奔放に、好きなものを

撮るスタイルが「スゴク気に入っている」とのこと。


月に1、2度 写真教室に通っていて、教室の

人気者のようでした。


好きなことを、好きなようにして生きている今が

「最高に幸せです」 とインタビューに応えていました。


写真集も出版されております。


「好きなことを自由にやって生きる!」

テレビでこの人のいかにも嬉しそうな顔を見ながら、


ちょっと、羨ましい気がしましたね。



構図・フレーミング無視の型破りの撮り方



この主婦は「西本 喜美子」さんという

アマチュアカメラマンです。


今回、この人を取り上げたのは、じつに自由奔放に

写真を撮る 「LIFEスタイル」 を知っていただきたい

と思ったからです。



西本 喜美子さんは、いわゆる


「構図」 とか、

「フレーミング」とか、

「レンズ」 などには、


全然こだわりがありません。


「発想」 もこれといって特別なことはありません。


思いついたり、身の回りでこれは面白いと思った物を

自在に撮って来る。



道に落ちている物でも、

「面白そう」

と感じたものは、家に持ち帰って、机に置いて撮る。

カメラにも執着はなく、基本的には、何でもよいと

言います。


今はニコンの一眼レフを使っていたようです。



言ってみれば、

実に 「行き当たりばったり」 という気が

しないでもないですが、

ホントに、「型破り」 なタイプのカメラマン

といえるでしょう。



写真を撮る人にとって、この人の存在は、

大きな「刺激」になるのではないでしょうか?





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セルフポートレート:エッ?こんな写真家(87)いたの?海外へも? [セルフポートレート]

セルフポートレートといえば、自分自身を撮影した写真です。
なんと、87歳の女性写真家(西本喜美子)さんが、今大変な話題を呼んでます!
転倒・バイク!ゴミ袋!えっさっさ!他・・・ 本気かな?






セルフポートレート:87歳写真家の話題の写真





話題の人は、87歳のおばあちゃん(失礼)にもかかわらず、ヤンチャな感じの
女性写真家で、個展を開き、海外にも紹介されたということで、
今、とても話題になっているそうです。


私も、つい先ごろ知りました。


名を「西本喜美子(にしもときみこ)」さんと言います。



87自分.jpg
(ヤフー検索より引用させていただいてます)



まず話題のポートレート写真のほんの一部を挙げてみましょう。




87歳5.jpg



87バイク.jpg



87折中2.jpg



87・鉛筆.jpg





バカボン.jpg
(バカボン = これは展示写真じゃないです!)


上記写真は 「遊美塾」 という西本喜美子の息子さんが持つ写真教室主催の

『セルフポートレート33人展』

で展示した作品のうち、4点です。


セルフポートレートというのは、基本的には、自分で自分を撮る写真です。

最近よく言われる 「自撮り」 というものです。


まあ、いわば、「自作自演」 の写真です。


写真 ④  などは、「バカボン」 を真似した? のかもね。





注)

ちなみに、過去に、「木村伊兵衛賞」 を受賞した作品を
ご覧ください。


これは、すべて、ご本人自身が変装したセルフポートレートです。
(ヤフー検索より引用させていただいてます)



沢田木村.jpg



沢田木村③.jpg



沢田木村②.jpg

(くどいようですが、写真は、すべてご本人です)


受賞者は、沢田智子(38)という女性写真家です。

受賞当時は、28歳でした。


初めの頃、沢田智子さんは、メイクを変えたり、カツラを変えて、

免許証写真を撮る 場所に座って、「パチリ」 と 自分を
撮っていたのです。


ということは、 少し乱暴な言い方かもしれませんが、
カメラなど、写れば、何でもよかったということです。

事実、この時、澤田さんもそうおっしゃっていました。


この人の「セルフポートレート」 はその後、海外でも
たいへん話題を呼んだものでした。


たしか、長い間アメリカに呼ばれたという話も聞きましたね。


どうですか、みなさん、

「セルフポートレート」写真は?




スポンサーリンク









   




  < 西本喜美子 という写真家は どういう人? >





写真家・西本喜美子さんは、現在87歳(1928年生まれ)。


個展も開き、独自の創作を披露するカメラマンで、海外にも紹介され、
その破天荒な写真撮影が評判を呼んでいるのです。


72歳の時に初めてカメラを手にしたといいます。


アマチュア仲間と写真を楽しんできた人です。


こういう人は、純粋なアマチュアだった人ですが、
今では、プロカメラマンとしての領域に入るカメラマンといえましょう。



西本喜美子さんは、他にも、多くの創作を
たのしんでいるようです。



74才で初めて 「パソコン」 を経験し、

試行錯誤しながらも仲良しの写真仲間達と共に、


「人生を100倍楽しんでいます」


と語っているそうです!


上の写真見てると、なんだか、ホントに楽しんで演じてみてる
ようじゃないですか?


いや、そのものになりきって楽しんでやっておられると思います。


だからこそ、その面白さ、楽しさが、マンガのように伝わってくるんだと
思いますよ!


そして、やはり、西本喜美子さんの笑顔が何とも言えず、
「楽しい~~!」
って感じじゃないですか。


根っから、「やんちゃな人」 なのかもしれませんねえ!












nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
セルフポートレート ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >