So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
ガンダム ブログトップ

ガンダム : 写真コンテスト やっぱりシビレル~~この姿!! [ガンダム]

ガンダム人気は、スゴイんですね~~~!


昨日、このブログに立ち寄って下さる読者Bさんの
ガンダムを撮った写真を見ました。


そのあと、散歩に出かけた公園でカメラ雑誌を
それとなく、パラパラっとめくっていたところ、

なんと、ガンダムの入選写真が出ていたではありませんか。



ガンダム.jpg
(日本カメラ誌バックナンバーヨリ)


これは、日本カメラ誌に掲載されていた
月例コンテスト 「銅賞」 に入選したガンダムの写真です。



「ガンダム」 って、すごい人気のようですね。


B さんが、ガンダムの戸外展示場(たぶん公園のような場所)
に行ったところ、集まった人いきれと、人の多さに、あらためて、
驚かれたそうです。


ガンダム.png
(Bさん撮影のガンダム)


そんなわけで、「ガンダム」 を撮った B さんの写真について、
私の感想を書いてみたいなあと、いろいろ考えていたのです。


そしたら、そのあと、出先の公園で開いた 「カメラ雑誌」 の中で、
「ガンダム=上」の写真に出会ったというわけです。


B さんのブログで 「ガンダム」 の写真を見てから、
おそらく、2時間 もたっていなかったと思います。


これって、「シンクロ現象」 と呼ばれる現象で、
最近、私は、時々経験するんです。

前にもちょっと書いたことがあったと思います。



実は、こういう現象は、前回お話した 「右脳」 と
非常に関係があるんです。


みなさんも、「右脳」 トレーニングをされたら、
中には、同じようなことを経験をされる方が
でてこられるとおもいます。



「右脳」 を鍛えれば、ホントニ、
驚くようなことが、できるようです。




私などは、「経験した」 と言えるほどの経験ではないのですが、

集中力とか、イメージ力 なんかは、以前より、
強くなったのを感じています。


きれいな花を、ジーッと見つめていると、
やがて、花の向こうに 「小説」 や 「ドラマ」 で見たような光景が
ボンヤリと浮かんでくるようなことが、日常的になってきました。

実際 「ガンダム」 の写真を眺めながらも、

・空を旋回するガンダム。
・水や、土の中でも自在に飛翔するガンダム。
・宇宙の銀河を突き破るガンダム。

・・・・・・・・・・・等々

次々と浮かんでくるのです。



私は、どちらかと言うと、活字人間で、本を読むことは、
嫌いじゃないのですが、これまで、絵画 とか、映像 とか、
いわゆる 「芸術」 に興味をもつことは少ないほうでした。


だからこそ、風景でなく、「報道写真」 を選んだのでした。

このことは、以前にも書いた通りです。


ところが、写真を始めて以来、特に 「右脳開発」 の
トレーニングを少しずつ、はじめてからは、感じ方や、
物の見方が、徐々に変わってきました。

トレーニングには、実にさまざまな方法がありますが、
すべて、誰でもできる簡単な方法です。

特に子供さんの場合は、1日や2日で開ける子もいるようです。

0歳とか、1歳とかのお子さんの場合は、すでに、ひらいたまま
の子が多いそうですが、成長につれて、少しづつ右脳の活動
が、せばまっていくようです。

前々回に、取り上げたオリンピック出場決定の 「15歳の少女」 は、
0歳 から母の右脳教育を受けていたのですから、
理想的な例といえましょう。


しかし、成人でも、トレーニングによって、「右脳開発」は、
充分可能です。

右脳教育で世界的に知られた 「七田眞」 さんが、
多くの著書によって、それを明らかにしておられます。

次の本などは、右脳の活用によって、すばらしい能力を
身に着けた実例がワンサカと出てくる1冊です。


写真の分野にも「右脳」を活用すれば、今以上に
素晴らしい写真が撮れるようになる可能性が秘められています。

もし関心をお持ちでしたら、右脳トレーニングに触れて
みて下さい!








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ガンダム ブログトップ

< トップへ戻る >