So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
土門拳賞 ブログトップ

土門拳賞2016作品!日本一目指す若き土門の鋭い形相思い出す! [土門拳賞]

土門拳賞(2016年度)が決定しました!
作品を見て思わずギョッとしましたよ!
日本一を目指した頃の若き土門の顔を思い出しました!



こんにちは。


今日は、前回の続きを書く予定でしたが、予定を変ましたので、
ご了解くださいね。


続きは、改めて書きますね。




2016年「土門拳賞」




実は、昨日、雑誌で

「今年(2016)の土門拳賞受賞作」 を

見たのです。


作品を見たとたんに、生前の「土門拳」の鋭い形相を思い出しました。


土門3.jpg
(私が見たのはもっとニラミの効いた写真でした)



「土門拳賞」 
と言えば、もうご存知のかたも多いと思いますが、
「木村伊兵衛賞」 と並ぶ日本最大の写真賞です。



私が、まだ学生の頃だったのですが、東京「神田」の
古本屋街で「土門拳」の1冊を見つけました。


それは、表紙の「土門拳の顔写真」 があまりにも鋭かったので
つい目についた本でした。


しかも

「日本一を目指す~~」

こんなタイトルだったように思います。


早速買った私は、その本を一気に読んでしまいました。


その時の本の表紙は、土門拳が斜め前方に鋭い視線を
投げかけたものだったように思います。

私は、その鋭い形相を今でも忘れることができません。

今回2016年の「土門拳賞」を受賞した作品の
1枚(下)を見たとたんに私は、その本を思い出してしまったのです。



子供.jpg
<サンデー毎日ヨリ>



ノーファインダーの威力!




今回(2016)の「土門拳賞」受賞者は、山内道雄(66)さん
という写真家です。

主に「アジア」を撮り続けてきた写真家です。


上海、香港、カルカッタ・・・等々。

路上の狩人と評され、街を行きかう住民たちとその佇まい
を次々に撮り漁る写真家です。



受賞作は、

最貧困国といわれる「バングラデシュ」で街なみの、人いきれ、
人力車の渋滞、 猛暑の混沌・・・・など、カメラを手に、
獲物を狙うように、撮り漁った写真群です。



山内道雄さんは、ノーファインダーで撮ることも、
多いといいます。


カメラを覗かずに摂るのが「ノーファインダー」です。


人物とすれ違いざまに撮ったり、
クローズアップで撮ったり、
至近距離で撮る場合、


カメラを構えていては、とても望む写真は撮れません。


下の写真をご覧ください。



ど4.jpg



ど5.jpg



どもん3.jpg




これらは、至近距離で撮ったと思われる写真ですが、

人物の表情や姿を遠くから狙ったのでは、これほどの
表現は出きなかっただろうし、シャッターチャンスも逃してしまう
可能性があります。



審査員の評の中にも、

「 訓練を積んだ街歩きの術と、
卓抜なスナップショット(ノーファインダー)が、
見る者の想像力を大きく駆り立てる 」(サンデー毎日ヨリ)

とあります。


他の写真も挙げてみましょう。



どもん1.jpg
(少し見づらいですが、辛抱してくださいね)


これらの写真は、全体のほんの一部の写真です。

全体は、1冊の「写真集」になっております。


評の一部も載せておきましょう。

「 一見無意味なショットの集積が連鎖して、
深い意味を投げかけてくる。 」

「 結局、人の生と死はいったい何なのか? と 。」
(サンデー毎日ヨリ)


また、受賞者のコメントの最後には

「・・貧しくとも、正直で優しい人たちが、もっと大切に
される世の中は、来ないものか?」 (サンデー毎日ヨリ)

とありました。



以上、2016年度 「土門拳賞」 作品のほんの一部分と、
ノーファインダーで撮った写真の一部を味わってみて下さい。



    < 関連 記事 >
「酒田市土門拳文化賞]受賞!50歳でプロに!
ノーファインダーの猛特訓! マフィア取材に威力!







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
土門拳賞 ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >