So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
風景写真の撮り方 ブログトップ

カメラマン:風景写真の撮り方にひとヒネリほしい名勝地! [風景写真の撮り方]

風景写真の名勝地は撮るカメラマンで混雑します。
おのずと類似写真が多くなります。 そこで撮り方も、
一工夫しなければ、入選はおぼつかない!




こんにちは。


前回、取り上げましたMさんのメール


今日は、風景写真の名勝地についてその撮り方の
工夫を考えなければならないことをお話します。


前回、Mさんという方のメールをご紹介しましたね。


たまたまMさんのブログで見かけたご本人の撮った
風景写真について、私は、

「ちょっと、気になることがあります」

とコメントしました。


その「気になること」について、お答えと、感想を
書いてみたいと思います。




 風景の名勝地の撮り方




まず、次の写真①をご覧ください。



太陽の恵み.jpg
(太陽の恵み=タイトル)



Mさんが自分のブログに載せておられた風景写真です。

私は、この写真を見た瞬間、

「どこかで見たことがあるな」

と、感じたのです。


私自身、取材のために、国内は、けっこう、あちこち
行った経験はあるのですが、

その頃は、風景を撮るのが、目的ではなかったものですから、
名勝地についてあまり知りませんでした。


しかし、カメラ雑誌などで、この写真とよく似た場所
の写真を何度か見た記憶があったのです。


「気になる」 と書いたのは、そのためでした。


そこで、下の写真をご覧ください。



iwa②.jpg
(月光冥利 =キャパ誌ヨリ)
「ケータイで撮りなおした写真ですので、
画面が綺麗ではないですが、原画は
すっきりしております。」



これは、カメラ雑誌 「キャパ」に出ていた「入選作」の一つです。

場所は岩手県の「浄土ヶ浜」です。


ここは、風景の名勝地と知られ、多くのカメラマンの撮影場所
にもなっているようです。


Mさんのブログには、岩手とありましたので、多分、
Mさんもこのも近くに住んでおられる方ではないかと思います。


まあそれはそれとして、上の風景は、シルエットとして
撮られる場合が多いようで、私がみたどの写真も、
シルエットで撮ったものでした。


ところが、写真②の場合は、シルエットではありません。
岩肌がよく見えます。

シルエットを避け、光のあたった雲を入れ、
さらに長時間露光で雲に動きを与えました。


 
ちなみに、この写真の選者は風景写真でお馴染みの
「竹内敏信」カメラマンです。


t竹内.jpg
「竹内敏信」カメラマン。


ついでに、その選評も載せておきましょう。


「雲の動きが、ドラマチックで良かった。
色味の演出だけでなく、動きの演出も加わり、
面白い風景写真になった」

とありました。



さて、ここで、何を言いたいのかというと、

こういう「名勝地」は、これまで、プロ、アマチュアを
問わず、さまざまなカメラマンに「撮りつくされた感」 があります。

どうしても、似たような風景写真が多くなりがちです。


また、審査する側でも、おそらく、数多く見慣れてきているので、
感動の度合いも薄れていると思われます。



そこで、タイトルにもありますように、有名な風景を
撮影する場合、撮り方を考え、ひとヒネリすることが、
肝要だということです。


例えば、

この写真で言いますと、撮る方向いろいろを変えてみる。

アングルも考える(この場合無理かもしれませんが)

先ほど言いましたように、「雲」「光」「水」「波」
などの表現を考える。

・・・・・・・等々です。


そうすることによって、見慣れた風景も、違った
表情を見せてくれます。


新鮮な風景写真が生まれる可能性もあるということです。



「気になる」 ということのMさんへのお答えも
かねて、ブログでご返事させていただきましたので、

充分ではないかもしれませんが、参考にして
いただければと思います。



それでは今日は、この辺で終わりますね。


では、又・・・・・・・・・。







nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
風景写真の撮り方 ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >