So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
写真撮影は好きを基準に ブログトップ

写真撮影は風景人物を問わず、初心者はテクニックより好きを基準に! [写真撮影は好きを基準に]

写真の撮影において、初心者は、風景人物を問わず、
何をとるか迷いやすいものです。そんな時、まず、
テクニックより、好きを基準に撮ってみて下さい!


こんにちは。



あるブログを見させてもらいました。

それは、写真ブログです。

実は、わたしたちの写真クラブで、まだ、ほやほやの
初心者の主婦Dさんが、なにを撮ったらいいか、
大変迷っていました。


そこで 「あること」 を知ってもらうために、この写真を
Bさんのブログから転載させていただきました。



水辺鴨.jpg
(冬の水辺)




このBさんの写真ブログは、人物ではなくほとんどが風景です。


Bさんというのは、つい先だっても
このブログに取り上げさせていただいたお人です。


会社の休みなどに写真仲間と、撮影した写真を公開して
おられます。


カメラ・テクニックは 身に着けておられるようで、
感じの良い写真を撮影しておられます。


私も時々見せていただくのですが、ふと、
あることに気が付いたのです。

それは何かというと、

この方の写真には、
「水と川」 の写真が比較的多いのです。

ところが、そのことに、
ご本人は気づいておられませんでした。

後で知ったのですが、Bさんは、

小さな小川のイメージ がいつもあります。

さらさらと流れる飛び越せるくらいの小さな小川です。

子供の頃に憶えた ”春の小川” の唄を、
私なりに想ってしまっているのかもしれません。」

と、言っています。


「 好きなこと を仕事にする」 というベストセラー

書いた著者は、


「 自分の ”好きなこと” を探すときは、
子供の頃に遡れ! 」

と言っています。



前述のBさんの 潜在意識 には、子供の頃の
「春の小川」 が根付いていたのかもしれません。


それが、無意識に、「川と水の風景」 を撮らせてしまう!

それは、とりもなおさず、「水と川」 が好き!

ということにも、繋がるとおもいます。


Bさん の写真に、水の写真が、少なくないのは、
そのせいではないかと、 私は思うのです。


「何をとっていいかわからない?」 と
迷っている人は、テクニックより、まず、

「好きなもの」

を撮ったらどうでしょう。


参考までに、Bさんの 「水辺の曼珠沙華」 の写真を
次に上げておきました。

どうぞご覧ください。



mannjyusyage.jpg
(曼珠沙華)



Bさんの 「水」 を撮った写真は他にもあるのですが、

よかったら、ブログを見てあげてください。

http://nobuzo.blog.so-net.ne.jp/index/6




それでは、今日は、これで・・・・・。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
写真撮影は好きを基準に ブログトップ


スポンサーリンク



< トップへ戻る >