So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
風景写真 ブログトップ

風景写真:コツは技術と経験だけでОKと豪語!賞金百万の写真家! [風景写真]

地元のカメラマン主催の風景写真展示会を見てきました。
すばらしい傑作の前で釘付けになった私の前で彼は言った。
「風景写真のコツは経験と技術です!」と自信満々だった!





傑作ぞろいの展示会!




昨日、私は、久しぶりに地元で行われた「風景写真展」

を見てきました。



写真展会場.jpg
(会場・イメージです)<ヤフー検索ヨリ>



いずれも、素晴らしい風景写真ばかりで、堪能しました。


カメラ雑誌の上級クラスの人たちが撮るような風景写真が多く、

「推薦」とか、「金賞」とかのトップになってもいい

と思えるような写真が多いのに、タメイキが出そうでした。



撮った人は、地元(私の住む伊丹市)のベテランカメラマンです。

全部で50点ほど展示されていたと思うのですが、

どれもこれもプロ顔負けの傑作ばかりでした。


「この風景写真を撮った人は、ただ者ではないな!」


と内心その人に会って話しを聞いてみたいような気がしました。


一連の写真の中で、特に惹かれた1枚の写真の前で

しばし、私は釘付けになってしまいました。


できるものなら、それを「写真」に撮って、このブログで、

皆さんにも、見せてあげたいほどの「傑作」でした。


撮影禁止なので、それはかないませんが、それと似た写真

を探してみました。


すると、カメラ雑誌によく似た写真がありましたので、

それを掲載してみたいと思いますね。

ガマンしてくださいね。(笑)




hosi①.jpg



星②.jpg

(①は星を長時間露出で撮ったものです。
この①の右最上部から、写真②の月が描く斜めの軌跡(白線)が
走っているイメージです)



全く同じ写真は無理ですが、2枚を合わせたら多分こうなるだろう

と思える写真を選んでみました。(笑)


何故そんなことまでして、その写真を載せたかと言いますと、

その写真を撮ったご本人が、あとで、私の前にやってきて、

驚くような説明をしてくれたからです。



風景写真を撮るコツは経験と技術!?



展示場には、係員のような人が3人ほどいました。

そのうちの年配のRさんという人が、

じーっと「一つの写真」の前で見入っている

私の前にやってきました。


「これは、25年に一度しか撮れない風景写真です」

というのです。


「えっ!?」

と驚く私に、これはコンテストで百万をとった写真です。

と言って、次のように話を続けました。


「シャッターを開け放して、この状況になるまで

3時間待った・・・・」

と言うのです。


丸い線を描く星の写真で、さらに月が下に向かって、写真②のような

形になっているのを見ると、納得はできました。


そして、

「 この写真は何度もこの場所に行って、この状況になる日と

時間を知り尽くしていないと撮れない。

この1枚撮るのに3時間以上はかかっている。

風景写真というのは、こういう経験を何度も積んで、

技術的なものを身に着ければ、誰でも撮れる。

それが風景写真を撮るコツだな!」


というのです。


私には、このコトバが


「風景を撮るには、経験と技術をマスターすれば

誰でも、撮れる」 

と単純な論理に聞こえて 「啞然(あぜん)」 としていまいました。


「風景は芸術だ」 と考えてきた私には、

彼のこのコトバは

私の理解を超えていました。


しかし、その後の彼の話を聞いているうちに

彼の言わんとしていることが分かってきたような気がしました。


このことは、大事だと思いますので、次回に

もう一度触れてみたいと思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

風景写真・初めて撮りました!公園で撮った思惑ありげな1枚です! [風景写真]

先日、初めて、風景写真を撮りました。 抗がん剤治療後、
退院して2年あまりたちます。 夕方、公園のベンチに背をもたせて、
意識の赴くままボーっと空を眺めていて撮った風景写真です。
さすがに、掲載はタメライマシタが、・・・・・・・・。




イメージと思考が変わりました!




抗がん剤治療を終え、なんとか退院して2年半たちました。

胃と腰に副作用が残り、今、自宅療養ちゅうです。

とは言え、毎日6000歩ぐらいはあるいています。

時間としては、3~4時間ぐらいでしょうか。


歩いては、近くの公園で休み、歩いては、最寄りの

コンビニで、本の立ち読み?をさせてもらったりします。(苦笑)

時には、川の土手で体操したり、階段を上り降りして、

終われば、「ハー、ハー・・・」息がはずみます。


たまに、自販機でコーヒーを買って一杯キューッと・・・・。

汗をよくかくようになりました。


外から見る限り、自宅療養ちゅうなどと思う人は

多分、無いでしょう。



心象公園.jpg
(この風景写真は、原画をケータイで撮りなおして載せましたので
全体が、青みがかってしまいましたが、ご了解下さい)

地域の合同写真展に出したらと仲間から、勧められるままに、
出展させてもらいました。

下の家並みは、実際は、真っ黒のシルエット。

空のうろこのような雲は原画では、わりあい「動感」が強くでており、
画面に、変化をもたらしてくれました。

仏陀や、キリスト・・・などのイメージが続いて現れてきたことを
下に書きましたが、それは、夕日が沈みかけている光の部分です。

そのイメージが、ここに写っていたら一種の「心象的風景写真」
なっていたかもしれません。


「テレビコマーシャル」や「雑誌広告」などなら、合成でそういう映像
にするのも可能ですね。


出展した風景写真は、仲間たちが気に入ってくれて、カラーをモノクロ
にし、現像(げんぞう)に手を加え、画像の粒子を少し荒した為に、雲が
より強く表現されて、
ちょっと「異様な雰囲気」が、かもし出されておりました。


私は、現在、撮影からは、一切、放れています。
でも、カメラだけは、持ち歩いています。(笑)

手に触れているだけで、気が落ち着くんですね。

長い間の習性なんでしょうね?



写真雑誌や、他の雑誌のなどは、相変わらず見ています。   
図書館 とか コンビニで。(笑)


撮れるようになるまで、早く回復したいですね。



この風景写真を撮った時を振り返ると、
知らぬ間にカメラを向けていました。


退院してから、物の感じ方が、かなり変わっていて、
つい手がカメラを動かしたという感覚じでした。



「生死」が思考を変えた!?




ありていに言えば、「死」 について、
考えることが多くなってから
変わってきたのかなと思います。



それは決して、「死」 を思い詰めるというようなことではありません。

全く単純なことなのです。


端的に言えば、人間には、「命」 に限りがあるということに
あらためて、気づかされたということです?


宇宙を考えると、

人が生きている間なんて

ほんの一瞬です。

誰もが、いづれ、この世から、消えていきます。


それにまつわる考えが、沸々とわきでてくるのです。

いずれ、機会をみてそんなこともお話しできるかもしれません。


それはともかく、
写真に対する見方や、好みが
スゴク変わったなと感じています。


前にも書きましたが、色の好みが、「ダイダイ」から「白」

に変わりました。


人に関心が深かったのですが、退院してから、自然に

目が向くようになりました。


この二つは、自分でも驚くような変わりようです。



過去、私が、プロとして、撮った写真は、ほとんど

スナップで、人物と風景が入り混じったものが多く

風景だけを好んで撮ったことはありません。



今回初めて、風景写真(人のいない)というものを

撮りました。



①、② の2枚がそうです。


笑われそうですが、掲載してみました。


原画とは少し色合いが違いますが、
それは先に書いた通りです。


意識しないまま、
公園で夕日を見ているうちに、知らぬ間に
シャッターを押しておりました。


意識がどこかへ飛んでいたような不思議な感じでした。

しばらく、ボーッとしていましたが、前述したように、
明かりの奥から、「仏陀」が出てきました。 


そのまま見ていると、
今度は、「キリスト」が現れ、続いて、芥川賞を受賞した

お笑い芸人の「又吉」さんが着物姿で舞いながら現れたのです。


さらに、又吉さんが好きだという作家

「太宰治 =だざいおさむ」まで

出てきたではないですか・・・・・?


「ハッ」 として、目をパッチリ開きました。


妙に聞こえるかもしれませんが、そのとたん、

イメージが、サーっ と消えたのです。


この時に撮った写真が、①、② の風景写真というわけです。


私は、瞑想が好きなものですから、知らぬまに

瞑想をやっていたのかも知れません。 (長椅子に座っていました)

「瞑想」をしながら、夢うつつというようなことも、

たまにありますので。



ただ今回の写真は色でいえば、「ダーク」 な風景写真です。


心象公園②.jpg
(この風景写真もケータイで撮りなおして載せましたので
全体が、青みがかって出てしまいました)



私は「白色」を好むようになったと言いましたが、

それにもかかわらず、この風景写真は黒を基調とした
ものになりました。

これは、一体どういうことなのでしょう?


あとで、いろいろ考えたのですが、思い当たらないのです。


白を好むが故に、むしろ反対色に惹かれて、
シャッターを押したのでしょうか?


これは、広告カメラマンなどの中には、
比較的、ある現象のようです。

カメラマンのエッセイか何かで読んだことがありました。


小説家などにも、よくあることのようです。

例えば、

自分の性格が明るい方なので、逆に暗いものを求めて
いたのかもしれない・・・・・・

というふうにです。


その辺りの心の動きというものは、自分にも、よくわからないという
作家はけっこういますね。


私の場合は、そんな人と比較できるような大げさなこと
ではないのですが、多分普段から
「瞑想」を実行しているせいかな?
と、感じています。






nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

風景写真の堕落!カメラ雑誌上で作者不在とプロカメラマンがもの申す! [風景写真]



風景写真は、ただ、キレイな写真を撮るに終わってはいけない!
そこに作者在りという写真を撮ってほしい!
カメラ雑誌上でプロカメラマンが痛烈な感想を漏らす!





こんにちは。



あるカメラ雑誌を開いていましたら、最近の風景写真について
プロカメラマンの感想が目に入りました。



簡単に言いますと、そのプロカメラマンは、


「素晴らしい風景写真を撮っている風景写真家が
おられる一方、

中には、真に自然を感じて撮った
とは思えぬ写真が、少なくない。

というのが、正直な感想です。

それは、

「風景のある写真を撮った
だけの写真にしか見えない」

とおっしゃっているのです。



さらに、続けて、

「巧みなフレーミングと鮮やかな色彩による

”絵作り” の競い合いです。

そこ風景写真には、何か大切なものが抜け落ちて
しまっている!」  

とおっしゃっています。




(絵葉書の写真=イメージ)
絵ハガキ1.jpg



つまり、平たく言えば、「絵ハガキ」(写真①) のように、
ただ キレイな風景写真 がそこにあるだけ、
ということになりましようか!



そこで、


「自然というものが、

”被写体と撮影者との関わり” や、
”被写体への理解と共感”


を示すものならば、このことについて、私たちは、
もっと真剣に考えなければなりません。」  

と苦言を呈しておられます。


一人のプロカメラマンが、最近の風景写真に感ずるままを
カメラ雑誌で、書いておられるのです。

このことは、プロ、アマを問わず、謙虚に考えなければ
ならぬことだと思います。


書いたご本人は、種々のカメラ雑誌のコンテストの
審査員もつとめておられます。

なので、私には、毎月応募する読者への痛恨の感想とも
取れてしまうところがあります。


いずれにしても、風景写真を撮るものにとって、

上記のプロカメラマンのおっしゃっていることは、
肝に銘じていかなければならないと思います。


まあ、これは、すべての写真に言えることだとは思いますが。



それでは今日は、この辺で・・・・・・・・。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
風景写真 ブログトップ

< トップへ戻る >