So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
ヨシダナギ ブログトップ

ヨシダナギ(写真家)何故タトゥーなの?彼女の本音は何かを問う! [ヨシダナギ]

ヨシダナギさんは、アフリカの黒人をと撮る写真家として、
いまじゃスッカリ定着した感があります。最近では、肩に
掘っタトゥーまで話題を呼んでいるようです。しかし彼女
本音は、見る者の思惑とは異なり、深い所にあるようです!




本音は、タトゥーでなく、あくまで他にある!




つい先日、テレビで、写真家の「ヨシダナギさん」を

久しぶりに見ました。


yumeなぎ.jpg



ヨシダナギさんは、明るい黒人を撮る写真家として、

スッカリ定着したような感がありますよね。


国内では、写真展が評判になり、写真集も

手掛けていて、これもよく出ているようです。



最近では、ヨシダナギさんの 肩付近に入れたタトゥーが、

話題沸騰のようです。



yosidatato-.jpg
(ヤフー検索ヨリ)



① アフリカに行くようになって、ヨシダナギさんは、

暗かった性格が、明るくなったと、現地人に

感謝している主旨をインタビューで答えていました。




 また、現地人とのあたたかな交流ができ、そういう温もり

のある幸福の輪が平和裏に進んでほしいと願う気持ちも

強くなったそうです。




①、②の意味も含め、


さらには、クリエイターや、デザイナー的要素も込めて、

タトゥーを彫ったのではないのでしょうか?


私は、これまでのヨシダナギさんの歩まれた軌跡をあれこれ読んだり

見たりしているうちにそんな印象を受けております。



ちなみに、ヨシダナギさんの肩に彫られた図は、鳳凰(ほうおう)と言う鳥で、

中国の伝説の鳥です。



この鳥は、

「出発」とか、

「繁栄」とか、

ひいては、

「調和」を意味するそうです。



ヨシダナギさんは子供の頃、

「アフリカの黒人になりたい」という「夢」

強く抱いていました。

しかし、成長につれ、その夢は、

かなり変化してきたようです。


事実、インタビューに応えて、ヨシダナギさんは、

「黒人とは、結婚はしません!」

とハッキリした口調で語っていました。


結婚はしないけれど、黒人たちと築き上げてきた

親密な関係は、続けていきたいし、これからも深めていきたい!

という意味のことを暗に示していました。


タトウーはそれらの気持ちの表れとみても

よいのではないでしょうか。



今の彼女には、

「写真家としての表現者」

として生きる決意のようなものを

私は強く感じています。


彼女は、心から撮りたいものを、懸命に

追っかけてきて、今があります。


この撮りたいものを必死で撮り続けてきたことを

私は、あなたにも、感じてていただきたいのです。



写真が、ウマくなるためにも、

一回きりのあなたの人生の為にも。




では、具体的に何をどう撮るかについて

次回でお伝えしたいと、思います。



それでは今日は、この辺で・・・・・・・。






nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヨシダナギ:アフリカ現地人を裸で撮る型破り女性写真家が超人気! [ヨシダナギ]

ヨシダナギという女性写真家がアフリカ現地人を撮影!
自分も裸になって撮った写真が超話題になりました。
型破り女性の撮影手法には、伝えたい願いがあったのです!



こんにちは。



いやあ、ビックリしました!

アフリカの現地でスリ族の写真を裸になって撮った
ヨシダナギという美人写真家がいると知ったからです。


昨年の秋に(TBS系)番組『クレイジージャーニー』に
そのユニークな女性写真家 「ヨシダナギ」 さんが出演して、
一気に話題になったそうです。



現地人1.jpg
(ヨシダナギさん・29=写真左の女性)
(ウートピより引用させていただきました)



アフリカで現地人を撮るカメラマンはけっこういるようですが、
自分が、裸になってまで、撮るというカメラマンは、
初めて知りました。


yosidanagi.jpg
表情など指示している「ヨシダナギ」さん
(円筒はドウナツストロボ=多くの光を出します))



最初、知った時は、「エッ?」 と、さすがに驚きましたが、

「これにはキット何か事情があるだろうな・・・?」

と、思っていたところ、たまたまコンビニで手にした週刊誌に
そのカメラマンの記事がタイミングよく出ていました。

これって、よく言う 「シンクロ現象」 でしょうね。



さっそく読んでみると、やはり、「わけ」 がありました。


しかし、それよりも、カメラマンを目指す人にとって、
非常に興味深く、しかも重要と思えることが、載っていましたので、

「ヨシダナギさん」という女性写真家について
取り上げてみたいと思います。



  
 ● ヨシダナギさんについて 



yosida3.jpg
「ヨシダナギ(29) さん」



ヨシダナギ さんは、現在(2016)29歳。

まだ、写真家として、日の浅い美人女性です。


それが、何故 「裸」 とか 「アフリカ」 なのか?

ネットで見ると、そういう部分が誇張されて、かなり
興味半分で伝えられているような気がします。


「ヨシダナギ」 という29歳の女性写真家が
誕生するまでには、少し複雑な経緯があったようです。


「ヨシダナギ」さんの両親の教育方針が厳しかったこと。

門限は5時。  
就寝は9時。 
テレビドラマは禁止。


これでは、友達ともあそべません。

勉強も苦手だったようです。

おまけに、人付き合いもヘタ。


でもそんな彼女に、一つの「夢」がありました。


キッカケは、5歳の時、テレビで見たアフリカの
「マサイ族」 にすっかり 「ハマッタ」 ことです。


筋肉質の黒い肌。
真っ白な歯を見せて笑うおおらかな顔。

そんなマサイ族に 「一目ぼれ」 したのだそうです。


「カッコイイ!自分も将来黒くなって、白い歯で
笑って、同じ格好して遊びたい!」


保育園の友達とは違って、ただ一人
そんな 「夢」 を抱いたと言います。

 
この時、すでに 「アフリカ」 とつながる縁が
あったようです。


前述したように、家庭が厳しかったことが、
わざわいして、風変りな女の子として、みられたようです。

中学校ではイジメに合って、自然に学校へは行かなくなったみたいです。

卒業後、「メイク 」の専門学校に通ったとあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーリンク






 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 ● ヨシダナギさんとアフリカ 





その後、両親が 離婚し、父親の厳しさや家庭の複雑さなどもあって、
20歳の時、家を出ることになったそうです。


一人になった時、飛び上がらんばかりに、

「一人ってこんなに楽しいのか!(うれしい!)」

と喜んだそうです。


「ずーっと暗かった性格も、驚くほど明るくなりました!
私の人生って悪くないんじゃないの?」


と満面の笑顔で取材記者に応えています。


これまで、よほど家庭環境に押しつぶされそうに
なっていたのでしょうね。


もともと、絵をかくのは、好きだったそうで、
彼女の描いたイラストを見たあるカメラマンが、

「写真をやってみたら・・・・?」  と

彼女に薦めたのが契機となって、写真を始めることに。


それまで働いて貯めたお金で、安いカメラ機材一式を
そろえ、いよいよアフリカへ出発したというのです。

2009年11月のこと。


これが、写真家 「ヨシダナギ」 の誕生の序章
となります。



このあと、タイトルにある「裸でアフリカ人を撮る」
ということになっていきます。



この続きは次回で書きついでいきますので、
申し訳ないですが、少しお待ち下さい。


長くなりそうなので、今日は、ここで終わりとしますね。


ゴメンナサイ! 


それでは、次回で・・・・・・・・。



  ■< 関連 記事 >
ヨシダナギ:前代未聞の黒人写真アフリカ現地で裸で奮闘!
ヨシダナギ:裸で黒人を撮る理由? 好きをテーマに!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ヨシダナギ ブログトップ

< トップへ戻る >