So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
撮影テクニック ブログトップ

写真撮影でテクニック過剰は禁物!風景、人物、広告写真等々! [撮影テクニック]

写真撮影では、テクニック過剰は注意してください。
風景、人物、広告写真等々、どの分野でもです。
注意を受けた出来すぎの写真を見て下さい。



こんにちは。


先日、写真と「ストーリー性」とか「物語」について、

書きましたが、逆にそれを注意された写真があります。

その写真を掲載してみますので、ご覧下さい。


(この写真はケータイで取り直したもので、
上左部分に 「洗濯物」 がみえませんが、
どうか、その点ご了解くださいね。)




ストーリー性①.jpg
「帰省=タイトル」



この写真は、

フオトコン誌のバックナンバーヨリ転載させて頂いた

入選作(月例コンテスト)です。


この写真は、撮影する前から、あまりにも計算されつくしている

と思われる印象があります。

写真としては、純粋な風景写真ではありません。

また、人物写真とも言い難い写真です。

まあ、スナップ写真の部類にはいりましょう。



内容を見ると、

前景の「青菜」、「赤い車」、「ミニスカートの女性」、

「崩れそうな古い民家」、左に見える「洗濯物」。

非常に、テクニックに凝った写真であるかのように
見る人もいるのではないでしょうか?


さあ、皆さんは、どうご覧になったでしょう?



この作品を入選にした審査員は「菅洋志(すがひろし)」

とおっしゃるカメラマンです。



菅洋志カメラマンは、確か3~4年前に、ガンでなくなられたと、

聞いています。


すがひろし.jpg
(菅洋志)



かつて、彼の講演を、私も、一度、聴いたことがあります。


日大写真科出身。
「東川賞」 などを受賞。

内外で活躍する中堅カメラマンの
お一人といっていいかと思います。


入選作について、次のような評を述べています。


「田舎の実家に帰省・・・何やらワクワクする状況だ。
あまりにも、シチュエイションが出来すぎの感がある。

赤い車、「若い娘のうしろ姿」、ヨドバシカメラの紙袋、
・・・どこをとっても無駄がない。

坂道を登りきると、朽ちそうなカヤブキの家、洗濯物。

完璧である。
この完璧さが、これ以上のイメージ展開へ、結びついてこない。

物語に広がりが見えてこないのだ。  注意してほしい。」 と。



全く、その通りだろうと思います。

もし、広告写真の場合であれば、失敗作になるかも
しれません。

テレビのCMなどを思い出してみて下さい。


たとえば、「ビールを飲む俳優の表情やしぐさ」
を思い出せば、すぐ理解できましょう。


その場合は、いかにも、ビールのウマ さを
これでもかと言うほど見る者に訴えてきます。

飲みっぷりは、見事なものです!

そして、飲むだけでは完結していないのです。


「おいしい!まだまだ飲みたい!」 って感じを見ている人
に与えているのです。

映像の中で飲む人だけが、味わっているんじゃないのです。

テレビの外で見ているみんなに、「うわー!」  と、

呼びかけているんです。

飲んでる人だけが、「ウマイ」 だけでは、そのCMは
失敗と同じです。

そこで、完結してしまっては、だめなんです。


上の入選写真も、撮った人がそこで完結してしまっていては、
だめなんです。

もっと、見る人たちに、「えっ!?」  と思わせたり、
感動させる何かがほしいのです。   

訴えるものがほしいのです!



上の写真を見た瞬間、
私は、映画のワンシーンを見ている感じがしました。

特に、坂を上る女性の 「後ろ姿」 など、演出ではないかと
思うほど、心にくい出来のよさを感じました。


たしかに、構図も、人も、家も、車も、本当によくそろいました。

しかし、見る者のこころを、揺さぶるものがあるでしょうか?
ハートをえぐる何かが、感じられるでしょうか?


皆さんも、上の 写真① を見て、

評を読みながら、自分の感想を、掘り下げてみて下さい。



付け加えますと、私個人的には、フレーミングは、ミゴトで、
それが、この写真をかえって完結させているとも
言えるように思います。



それでは今日は、この辺で・・・・・失礼します。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラマン: 撮影テクニックに左右されないプロの論理! [撮影テクニック]

ID:07s4fa


カメラマン目指す人がこだわる撮影テクニックに反論!
写真は、カメラとレンズと光があれば撮れる!
小手先のテクニックにこだわり過ぎるのは作者不在!




こんにちは。


今日は、プロカメラマンが、

「むやみにテクニックを使うな」 

と警告をしている一文を見ましたので、

それを取り上げてみました。


実は、私も、最近、折にふれそのことを考えるように
なっていましたので、上の一文が目についたのだろうと思います。


カメラ雑誌上で、たまたま書いておられたプロカメラマン

「江口慎一」 さんが発言しておられた一文です。






● 「テクニック無用の写真術」


「江口慎一・(62)」さん。
江口慎一.jpg
(マクロ~風景写真を撮る
ユニークなカメラマン)


「江口慎一」さんと言えば、

身近な小さな自然をモチーフに、光が操る自然の美しさや不思議さを
とらええ、光の祭典として、画と創作詩 なども織りなす魅力的な
写真を見せてくれる風景写真家です。


写真を撮る時、「アクセサリーは、不要だ」 とおっしゃっています。

さらに、

「 特別なフィルターや、多重露光、その他
小手先の技にこだわり過ぎると、それは、
作者不在の表現になる 」

ともおっしゃっています。


そして、安易な手法に頼ることをいましめておられるのです。


「 モチーフと真摯に向き合うことによって、
創作意欲も湧き ”表現””作品”の幅も広がる。」

という意味のことをおっしゃっています。

これは、美大で、数年間リトグラフ(版画の一種)という創作に
取り組んできた人だからこその言葉でしょう。

ちなみに、在学中、モダンアート展や他にも入選されています。



以前、女性カメラマンの「梅佳代」さんがライターの
田原総一郎さんと対談していたことを取り上げたことが
ありましたが、

彼女は、いろいろある撮影テクニックをほとんど使いません。

田原総一郎さんと、東京浅草を漫歩しながら、楽しく
語り合うなか、歩いているとき、撮りたいものが、目に入ると、


首に下げた一眼レフでさりげなく 「サッ」 と、
撮ってしまうらしいのです。


「ボカス」とか、「構図」とか、「ピント」とか、

いっさいわずらわされず、「オート」 で、一瞬に
撮ってしまうのです。


木村伊兵衛賞を受賞した時の写真もほとんどが、
そういう写真だったと聞いています。



私は、カメラ雑誌における入選写真を調べてみましたが、

「オート」 で上位入選している写真がけっこう

ありました。

風景、人物、初級、中級を問わずです。

下の①②③のオートで撮った入選写真です。




おーと2.jpg




おーと3.jpg




o-to1.jpg






そういえば、海外のいくつかの国から、写真芸術に関する
名誉ある賞を受賞した写真家を知っていますが、

この方は、日本を代表する写真家「三木淳」氏に、
初歩的カメラ操作を教わっただけだそうです。

複雑なカメラ操作は、一切しないということでした。


私の手元にいくつかその写真がありますので、
3枚挙げておきましょう。




(鮮やかな夕日の色は約束の色。  朝日の晴天を告げる)
池田3.jpg




(青から橙へと変わりゆく空の合間に雲が走る)
池田2.jpg




(軒下に情熱の花が咲いていた)
ikeda花.jpg


上の写真はすべてオート(自動)操作で、ただシャッターを押して
撮ったものです。
じっくり味わってみてください。

複雑な一眼レフの操作に惑わされず、オートモードでもこれほどの
写真がとれるのです。


すべて国際的評価されている写真です。


時間のない中で頑張ってる、独学のみなさん、
被写体と、語り合ってみてください。



それでは、今日は、この辺で・・・・


また、次回でお会いしましょう。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
撮影テクニック ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >