So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
米美智子 ブログトップ

米美智子プロフイール!本と写真集は?絶対ハズセヌ5つのポイント! [米美智子]

米美知子(48)と言えば、良く知られた女性カメラマン。
本や、写真集も多く、今や、人気絶頂の売れっ子カメラマンです!
今回、米美智子の撮影で絶対ハズセヌ「5つの急所」を明かします!



こんにちは。


これから、風景カメラマン 「米美知子」 さんのプロフイール
を知っていただき、続いて、彼女の撮影技法の急所
5つのポイントをご紹介します。



1米.jpg




さらに、米美知子さんの良く出ている(本)や、写真集なども、
順に、ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに、


特に、撮影上の急所・「5つのポイント」は、働きながら、
独学で学んでいるかたには、非常に参考になるかと思います。




 
   ■<A・米美知子さんのプロフイール>

  
よね4.jpg



① <活動の概略>




米美知子(48)さんは、いうまでもなく、現在出版されている
多くのカメラ雑誌などで、毎月、どれかに出ているといった活躍ぶりです。

ある時は、月例審査員、ある時は、自身の作品公開、
また、ある時は、屋外でのアマチュア指導、さらには
写真愛好家対象の講演会・・・・等々。


米2.jpg
(コンテスト審査風景)




写真雑誌はさまざまで、「キャパ」「カメラマン」
という初心者向きのもの。

他にはご存知の
「アサヒカメラ」「日本カメラ」「フォトコン」「風景写真」
・・・・等々。

また、カメラ雑誌の CM (カメラ、本、カメラバッグ、三脚など)
の出演・・・・・等々。


米5.jpg
(カメラバッグCM写真)


とにかく、今、女性カメラマンとしては人気絶頂
プロカメラマンといっていいのではないでしょうか!


それでは、米美智子さんの具体的なプロフイール
をご紹介します。



② <B・米美知子さんのプロフイール>




ここでは、私が知りえたおおよその米美知子さんを、
簡単に、お伝えしてみたいと思います。


米美知子さんは、一切、カメラとは関係なく、
元は、ピアノの先生として、教えておられた、社会人でした。   


年齢は48歳。(2015年現在)


多趣味の人で、かつては、テニス、ゴルフ、サックスなどを
やっていたと言います。


写真を始めたのは、1996年といいますから、
ざっと、18年前ですね。

シャッターも、絞りも 知らないまったくの度素人から、
始めたそうです。


初心者用の「ハウツー」本を買って、独学で勉強したと言います。

「 しかし、撮影の実践となると、全然違うので、撮りに行っては、 失敗し、それを何度もを繰り返しながら学んだ感じがしています。 」


彼女は、凝り性の人らしく、

「・・・やり始めたら、トコトンやらなければ気がすまない方なので、
たちまち、写真にのめりこんでいきました・・・・・・」

とインタビューに答えています。


音楽をやっていた米美知子さんは、音楽の「発表会」に出ていたので、
写真も、素人ながら、「コンテスト」 に応募するようになったとか。

しかし、最初のころは、ミゴトに落選していたそうです。

当時、使用したカメラは、「ペンタックス645N・ズーム45-85」。


そのうち、2001年、写真を始めて 6年目に、
本格的にコンテストに取り組むようになり、

その年(2001年)は、時々 「入選」 したそうです。


写真熱は、あがる一方で、写真家「前川章一」氏の教えを
受けたこともあるといいます。

こうして少しずつレベルアップして行く中で、「プロカメラマン」
になりたいという欲求が強くなっていったそうです。


そして、「3年でカメラ雑誌月例年度賞を取る」
という目標を設定!

2001年は、前述のように、時々入選する程度に終わる。


そこで、エレクトーンの先生以外はすべてやめ、ひたすら、応募一筋に!

「撮っては応募!撮っては応募! 仕事と写真漬けの生活でした」

と当時を語っています。



米3.jpg
(撮影風景)


そして迎えた結果、

2年目(2002)は、惜しくも、年度賞「5位」。


捲土重来!いよいよ3年目(2003)。

接戦の末、僅差で

「1位」入賞!


そして、写真集や個展のためにも、コンテストで通った青森・八甲田山で、
写真をとりためていたそうです。


用意周到なソツのなさですねえ!
「プロななりたい」 という強烈な写真魂を感じます!


そういうわけで、とりためていた写真を「前田真三賞」 に応募。

これが、なんと、思いがけず「前田真三賞」を受賞したのです。

2004年のこと。


これを機に「写真集」を出し、「個展」も開催。

こうして、順調に「プロカメラマン」への道を 歩むことになります



それでは以上で米美知子さんのプロフイールを 終わりたいと思います。


米美知子さんの撮影技法、本、写真集などについては、
続けて次回でお伝えします。



いましばらく、お待ち下さいね。





nice!(1) 
米美智子 ブログトップ

< トップへ戻る >