So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
アシスタント ブログトップ

写真家:アシスタントを望む情熱青年!だが才能の有無にメチャ迷う! [アシスタント]


写真家目指してアシスタントを希望する人は
あとを絶ちません。 私にもそういう相談が、
これまで何度かありました。彼らの共通点は、
「才能はないけど、やる気はあります!」
と言ってることです。



写真家への一歩・アシスタントの意味は?




①アシスタント.jpg
(写真家・アシスタント)<ヤフー検索>


前回、作家高橋源一郎さんを取り上げて、

写真家として立つためと「才能」の関係を

彼のコトバでご紹介してみました。


彼の場合「作家」ですので、作家になろうとする人

に向けて書いたものなのですが、そのコトバは、

作家だけでなく、音楽、絵画、その他、芸術すべてに

当てはまることとして述べておりました。

もちろん、写真においてもです。



一部の抜粋でしたので、

ちょっと舌足らずになっていたかもしれません。


そこでもう一度前回ご紹介した一文を挙げますと、



ーーーーーーーーーーーーーー



① 人間は、誰だって、初めのうちは何事においても、
   素人なのです。

だから、人から、教わらなきゃならない。
ドンドン教わって前へ進んでいく。

けれど、いつか、必ず、先には進めなくなるところまで
やって来ます。・・・・・・


 そして、最後には、その人に用意された道は、
  たった1本になってしまいます。

 すべてを自分で切り開かなくてはならない その人だけの道が、
  目の前に現れる。

・・・・・・・・・。

 その1本に道が、ある途轍(とてつ)もない奇跡によって、

突然人々の住む広大な土地にたっすることがあります。

それを、私たちは、

「傑作」とか
「芸術」

読んでいます。



ーーーーーーーーーーーーーーー


ということでした。


この文章を「写真家希望の人に」向けたものとして、

受け止めるには、私がこのブログの「軸」にしている

「月例コンテスト」を考えて下されば理解できるのでは

ないかと思います。



このブログではカメラ雑誌の


「月例写真コンテスト」


が教材であり、教師になっております。

そして、みなさんが、アシスタントであり助手なのです。

それを、頭において、もう一度上記の文を

読み返して下されば、解りやすいと思います。



写真を学び始めた初歩の人にとっては、



①  の文は、そのまま当てはまると思います。

教えてくれるのは、主として、カメラ雑誌の

「月例入選作」 に載っている審査員の

「評」 です。

これが、みなさんを少しずつ「初心者から」

「中級者」 へと導いてくれます。



そして、


②  の文へと移ります。

この地点が「月例」の年度賞に当たります。

さらに、

年度賞を極めたのが、月例 「1位」 にあたります。


ここまでくれば、ほぼ、技術的にも、内面的にも

「プロ」に達していると考えてよいと思います。

年度賞を受賞した人たちの写真には、

各種の雑誌などに充分使用できると思える

写真は、いくらでも見い出せます。

少なくとも、私はそう思ってます。


年度賞に届かなくとも、入選作でも、そういう

「作品」はいくらでも見つかります。


ただ、ここからが、問題なのです。


つまり、この地点からが、上記の


② 「そして、最後には、その人に用意された道は、
  たった1本になってしまいます。」


③ 「すべてを自分で切り開かなくてはならない その人だけの道が、
  目の前に現れる。」
 

に当たるところです。


結局、年度賞から先は、自分自身で自分の道を

切り開くことになるわけです。



最終的には


④ その1本の道が、ある途轍(とてつ)もない奇跡によって、
  突然人々の住む広大な土地に達することがあります。


それを、私たちは、

「傑作」とか
「芸術」と

読んでいます。



 に関しての説明は、私には、正直

「荷が重い」 です。


ここからは、自分で自分の道を、極めていく
しかないだろうと思います。

それこそ、みなさんの誰もが「内に持っている何か」

を引き出すことになるということになります。


「誰にも、その人しか持ちえない宝(才能)がある」


と作家高橋源一郎さんはおっしゃっています。



同じことをおっしゃってる人がいます。

大学教授だった、「駒田信二」さんです。

自分の主催する「教室」から芥川賞の受賞者を出して

話題になったことがある先生です。

他にも多くの「文学受賞者」を排出した先生です。


今は、故人になっておられますが、

「駒田信二」さんは、教え子の本の最後を担当して、

次のように、のべておられます。


「 誰でも、自分一人にしかない鉱脈を持っているはずだ。

書き続けているうちに、自分の鉱脈を掘り当てる。

その時その人は、どんどんいいものが、書けるようになる 」

と。


このブログのタイトルに写真家になるため、
アシスタントを希望しながらも、

なお自分の「才能」に迷う青年を書きましたが。


その解決は、

写真を撮り続けることではないでしょうか?





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラマン:アシスタントの給与や年齢は?師事する方法は? [アシスタント]

カメラマンのアシスタントや弟子入り希望は多い!
その給与や、年齢はどうなのでしょうか?
問題は、希望者の絶大な覚悟が必要!



こんにちは。



九州のMさんからいただいた相談について、
今日も、続きを書いてみようと思います。


ダブっているものもありますが、それも含めて、
すすめてみたいと思います。


前回は、独学の風景カメラマンをご紹介しましたが、
たぶんご存じの方も多かったことでしょう。


今日は、もう一人、ご紹介する予定でいましたが、
ちょっと、長くなりそうなので、時間があれば、
とりあげることにして、


それでは、次にいきますね。

相談内容を挙げますと、以下の7項目です。

① 風景写真家になりたい
② 移住も厭いません。
③ 弟子入り(アシスタント)という選択肢についてどう思われますか?
⓪ はっきり言ってセンスや感性なんて持ち合わせてない
④ 努力でしか道は切り開けないですし
⑤ すでに年齢的(34歳)にも厳しいと思われますか?
⑥ 食っていけるかどうかという現実的なことまで
⑦ それでも風景写真家になりたいです。

①②については、問題ないと思います。



③ 弟子入り(アシスタント)という選択肢についてどう思われますか?


ガンモクとなるのは、これでしょう。



アシスタントと言っても、いろいろあります。

10~20代で、独身なら、問題はないと思います。


Mさんの場合、30代ですので、若干難しいかなと思われます。

しかし、Mさんの覚悟があれば、年齢は、
それほど気にしなくてよいかと、私は考えます。


あくまで、Mさん次第といえましょう。


私の知っている人で、あるカメラマンの事務所に4年ぐらい
通い続けて、最終的には、プロとして独立した人がいます。

この人は年齢50を超えていました。

アシスタントというより、師事していたという方が、
あたっているかもしれません。


1)
雇う側のカメラマンとしては、「使いやすい」という点で、
やはり、若い10~20代をとりたいでしょう。

2)・給与は、生活できるだけを、支給されるかどうか、わかりません。

・独身で、自分が、食べていくだけなら、やっていけるでしょう。

・独身で、自宅から、通う場合もやっていけるでしょう。

・結局、生活できるだけの、給与が、もらえるかどうかが問題です。

・もし、給与不足なら、バイトや、他からの資金援助が必要です。



アシスタントの場合、実際には、教えてもらっている、
と言える立場ですから、むしろ、月謝をはらわなければならない
と、いってもよいぐらいなのです。


アシスタントや弟子入りしたいと思う人は、 そのほとんどが、師の技術や、感性、雰囲気など、 すべてを、マスターするつもりでいるでしょうから、 当然だと思います。


結局、弟子入りで問題になるのは、

「お金」 ということになりましょう。


資金面で問題があるという場合、サラリーマンを続けながら、
定期的に指導を受けて、やがて、プロとして独立していく
というのも、一つの方法です。


実際そういう形で、のちに「写真賞」を受賞してプロになった
カメラマンがいますので、

次回で、そのカメラマンをご紹介してみましょう、

この方とは、何度かメール交換をしたこともありますので、
実情を、おつたえできるのではと思います。

少しお待ち下さい。



それでは、今日はこの辺で、また次回お会いしましょう・・・・・・・。






nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
アシスタント ブログトップ

< トップへ戻る >