So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
風景写真家・アシスタントを経たプロでも人によって ブログトップ

風景写真家・アシスタントを経たプロでも人によってこれだけ違う! [風景写真家・アシスタントを経たプロでも人によって]

風景写真家は、アシスタントなど長い下積みを経たプロが多い!
師の影響を受けてプロになっても、プロの個性は微妙に違う!今回、の2枚の風景写真はその好例です!



こんにちは。


前回、トップに掲載した写真は、雑誌「週間新潮」に載った写真です。

新年号のグラビアですので、専属のカメラマンも、特別気合が、
入っていたものと思われます。

素晴らしい写真に仕上がっています。


別人2.jpg


次の写真は同じ雑誌 「週間新潮」 に以前乗った
別のカメラマンが撮った写真です。


田中鉄道.jpg


①、②共、鉄道写真です。

何か気が付かれたことはありませんか?


写真①は、鉄道そのものを大きく取り上げています。
写真②は、鉄道は、右横にかすかに分かる程度に撮ったものです。
       2コの光がほんのりと見えます。


の写真は、現在、新潮社在職のプロカメラマンのようです。
おそらく長い間、社の支持で風景写真を撮ってきた事でしょう。

の写真は、実は、以前にもご紹介したことがあるカメラマンで、
「田中和義」とおっしゃる人です。

長い間、「週刊新潮」のグラビア写真はこの人が、撮ってきました。

「田中和義」カメラマンは、非常にスケールの大きい風景写真を
好む人で、鉄道を点景として、とらえる写真家です。

そこには、「えもいえない」 雰囲気が醸し出されており、
情緒タップリの魅力が漂っています。

この人の風景写真で、鉄道ものは、鉄道そのものを、
小さなポイントとしてとらえ、鉄道が全景を引き締める
役割を演じています。

鉄道を入れ込んだ風景写真は、この人の場合、
ほとんどが、そうです。

これは、この人の持つ独特の個性といえましょう。

私も初めてこのカメラマンの写真を本屋で見た時、
しばらく、その場に立ち尽くしてしまったのを
憶えています。

思わず「すばらしい!」 と声がでそうでした!

フアンも多かったようで、近年、「個展」を開き、
写真集も出して、独立されたようです。

それでも、時々、雑誌「週間新潮」には、かれの写真が、
載っています。

多分、社のほうから、乞われて、撮っておられるのでしょうね。


いまでは、「週間新潮」のグラビアには、他のカメラマンの撮った写真が、
数人?で交互に載っているようです。

おそらく、「田中和義」カメラマンがまだ新潮社に在職中は、
それらの人も田中氏について回っていたのではないか? と、
想像されます。

つまり、社内では、
田中カメラマン以外のカメラマン(アシスタントもふくめて)は、
多かれ少なかれ、田中カメラマンの影響を受けていたと思うのです。


それでも、上の2枚の写真をご覧になった通り、
同じ鉄道写真でもずいぶん異なった写真であることが、
お分かりだと思います。

このように、元は、同じ会社のカメラマンであっても、
次第に、「好みや、気質」などによって、
お互いに撮り方が変わってきます。

コレが、「個性」 とか、「オリジナル」 とか
いわれるものだと、思うのです。

多くのカメラマンを見てきて、さらに自分の経験も
踏まえて、強くそう感じています。


それでは、働きながらコツコツ頑張っておられる方、
決して焦らず、ジックリ自分の撮りたいと思うものを、
探して下さい。

自分の好きなもの、関心の持てるものを見付けて下さい。


それでは今日は、この辺で・・・・・・。






nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
風景写真家・アシスタントを経たプロでも人によって ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >