So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
写真専門学校の良さをとは? ブログトップ

写真専門学校の良さを考える! [写真専門学校の良さをとは?]

      写真専門学校には、写真学校の良さがあります!



こんにちは。

写真専門学校の良さについて、私はあまり語ってきませんでした。

写真学校に行ける人は、このブログの読者のかたには、
少ないと感じていたからです。

しかし、写真関係の専門学校や大学には、
それなりの良さがあります。

私が、最もその良さを感じるのは、
学ぶ仲間、友人、同僚が多いという点です。

写真専門学校に限らず、写真大学でも、
概ね、育ちも考えも違う多種多様な学生が通ってると思います。

そういう色合いの違う学生が、直接出会い、
直接語り合える場所が学校であると言ってよいでしょう。
そして、これこそが、重要なことだとだと思うのです。

この直接のコミュニケーションは、
大きな刺激を学生各自に、与え、
それが、想像力を広げてくれると考えています。

お互いが、刺激しあうということは、
また、非常に楽しい事でもあり、心を、
ハイの状態にもしてくれます。


このことが、人に次の行動を起こすちょっとした
起爆剤になったりすることもあります。

それは、人が何かを成そうとする場合、
とても大事なことだと私は、思っています。


例えば身近な例で言いますと、

このブログに時々、記事下の「ナイス」のボタンを,
押して下さる人があります。

「おやっ・・・?」 と、

なにがしかの刺激が、私に伝わってきます。

どんな人だろうと思ってクリックすると、
相手かたのブログにたどり着きます。

たった一人のかたの接近が、私を動かしたのです。

未知の人のブログを見るという一種の
「ワクワク」感が、私には、生じていました。

ここに、相手のかたと、こちら側に一つの
未知の連帯の輪ができたといえます。

その輪を覗く(のぞく)ことによって、起こる、
ワクワク感やちょっとした未知への驚き、
このことが、人の想像力を大いに刺激してくれるのです。


今の例は、直接顔を合わせているわけではありませんが、
それでも、次の行動を起こすに足る刺激になっています。

私が、相手のブログを見てなんらかの感想が浮かべば、
それを、書き残すという行動が生まれます。


というようなことで、この場合、直接相手方に会っていないのですが、
それでも、私に少なからず刺激があったことが、分かると思います。

まして直接対面する人間関係は、さらに大きな刺激を
与えあうことになるのです。

それらの関係が、心を動かし、時には、
「ウキウキわかわく」するような、
高揚感さえ抱くようになります。

写真学校に通うことの、良さとして、このことが、
一番大きなものではないかと私は思うのです。

一人で学ぶ独学には、ありえない、
特徴だと言えるのではないでしょうか?

一人、コツコツ学ぶ独学者にとって、やる気が失せたり、
落ち込んだりすることは、たびたび起こることです。


ただ、学生が持つ刺激を独学者も、味わう方法はあります。

それは、わたし自身について言えば、これまでも、
お話してきた、雑誌や新聞の

「切り抜きフアイル」です。

ここに登場するさまざまのカメラマンたちは、
バイトで疲れた私を、どれほど励まし、勇気を与え、
やる気を起こさせてくれたか知れませんでした。

最近、この「切り抜きフアイル」に勝るものが出てきて、
働きながら、学ぶものにとって、
ホントニ嬉しい事だと思います。
http://item.rakuten.co.jp/book/12113153/



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
写真専門学校の良さをとは? ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >