So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
猫写真家になりたい ブログトップ

猫写真家になりたい!でも、どう撮ったらいいの? [猫写真家になりたい]

猫写真家を希望するSさん、どう撮ったらいいか迷っていました。



こんにちは。

昨日、猫好きな写真仲間(女性)Sさんか゛

「私、猫写真家になろうかなあ!」
「でもどう撮ったらいいのかなあ?」

ネコちゃん.jpg


半分、冗談で話していたのですが、

それから、猫の話に、花が咲きました。

意外に猫を撮りたいという人が多いんですね。

そこに居合わせた仲間の半分ぐらいが、

「それいいね~~~~」

って感じでした。

しかし、撮り方の話になると、

皆の口数が、グーンと減ってしまったのです。

「ああ、やっぱり猫写真家は難しいかもね・・・」

Sさんは、ため息をつきました。

猫についての、
「イメージがあまりあれこれと沸いてこない」
というわけです。



「猫」と聞いた時、
私の頭にパッと出て来たのは、
子供のころ、見た映画の「化け猫」の姿でした。

化け猫.jpg
かわいい化け猫です。ホントは、フスマに映る化け猫の影の
写真にしたいのですが、どうも気がのらなくて・・・)


Sさんの言う可愛い猫とは、まるで逆です。


人の頭には、過去に経験したことや、
見たり、聞いたりしたことがすぐイメージとして、
浮かんできます。


そこで、こで考えてみて下さい。


写真仲間は、ふふくそうに、

「いろんな猫のイメージがなかなか沸きません」 
「一つもいい発想が浮かんできません」 

などと言っていたのですが、


ホントにそうでしょうか?
いいえ、そんなことは、ないはずです。


先ほど猫と聞いて、
私は、即、化け猫を想像してしまいましたが、

他の人も、
その人なりに自分の猫を想像していたに違いないのです。


ある人は、可愛い猫であったり、
ある人は、憎い猫であったり、
またある人は悲しい猫の思い出が浮かんだかもしれません。


このように、人は、言葉によって、いろんなことを想像してるんです。
ただ、そのことに、気付いていないだけなんです。


皆さんは、右脳とか、左脳とか、
聞かれたことがあると思いますが、

ことばは、左脳の働きです。 イメージとか絵や図柄は、右脳の働きです。

そして、左脳と、右脳はお互いに連動しています。


つまり、どういうことかと言いますと、

「海」とか「山」とか「牛」や「りんご」・・・等々の言葉を発すると、
それを、聞いたとたんに、それぞれの絵や、イメージが、
その人の頭に浮かんできています。


皆さんも、今、何か「言葉」を口にしてみて下さい。
「花、船、ポスト、家、銀行・・・・」

どうですか?  上のの文字を追うのではなく、
友達や誰かと何か話しているつもりで、口に出してみて下さい。


人と対話などしている時、物や、状況を頭に、
描きながら、話していることが分かると思います。

そうなんです。

言葉を使えばいいのです。

言葉によって、イメージがふくらみ、
いろんな発想や、思いが湧いてくるものなんです。


人は、何かを考える時、言葉を使います。 言葉を使えば、イメージや、発想が湧いてきます。

ということは、今回のことで言えば、猫について、
いろいろ考えればいいということになります。

普段から、何かを追求して考える習慣があれば、
イメージや、発想も浮かんできやすいものです。

作家などは、いい例でしょう。

写真を撮る前にあれこれ考えてみて下さい。


猫の場合なら、
「猫と道」「猫と水」「眠たそうな猫」「子供と遊ぶ猫」
・・・・・いくらでもありそうですね。


一度、試して見て下さい。
「ああなるほで!」 と 
分かっていただけるのではないでしょうか!


先程、右脳と左脳について少し触れましたが、
右脳や左脳について知りたいかたは、一度、
「七田眞」さんの本をご覧下さい。

イメージ力や、発想力を高めるだけでなく、
頭のすばらしい働き、やさしい訓練法
なども分かりやすく書いてあります。
http://item.rakuten.co.jp/sharakudou/20007356/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
猫写真家になりたい ブログトップ


スポンサーリンク



< トップへ戻る >