So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
1日で報道カメラマンになれる方法 ブログトップ

1日で報道カメラマンになれる方法があるんです! [1日で報道カメラマンになれる方法]

1日で報道カメラマンになれる方法があることをお伝えします!



こんにちは。

今日は、1日で報道カメラマンになれる話を、

聞いていただきたいと思います。


「何? たった1日で報道カメラマンになれる??
ほんとかなあ??」


皆さんはきっと、そう思われたことでしょう。

たぶん誰でもそう思いますよね。
ところがこれは、決してウソでも、でたらめでもないんです。

皆さんは、フォト雑誌 「FRIDAY・フライデイ」 をご存知ですか?

コンビニにいけば、週刊誌より少し大きくて、
薄い本がすぐ見つかると思います。

内容は、概ねゴシッブ記事です。

有名人のアラ探しや、男女間の秘密をネタにした写真雑誌、
と思って差し支えないだろうと思います。

最近こういう写真雑誌が、他にも何冊か出てるみたいです。
けっこう売れてるんでしょうね。


どんな写真が載ってるかといえば、

例えば下の写真をご覧下さい。

デイト城島.jpg
(トキオのリーダー城島が若い女性とデイト中の写真です)


歌舞伎中.jpg



他には、女性の国会議員さんが、夜の路上で、
はばかることなくキスをしているシーンなどもあります。


フライデイには、こういう写真があちこちに出てきます。


ズーッと以前に書いてあった記事からすると、

こういう写真を撮るカメラマンなら、
すぐにでも報道カメラマンになれる可能性があるようです。


一眼レフカメラ一台あれば、あとは、有名人などが出て来るのを待つばかりです。

いわゆる張り込みというのがそれです。


こういう写真は、わずかなぶれなど気にする必要は要りません。
シャッターチャンスがすべてです。

誰が、何をしているかが分かりさえすればいいのです。

カメラ操作としては、前もって目的の場所にピントを合わせておけば、
あとはシャッターを押せばいいだけというわけです。


これなら、フライデイの出版社に入社できれば、
即その日からでも、報道カメラマンになれます。

実は、私もそんなカメラマンがいることを書いた記事を
何度か読んだことがあります。

ただこの場合、張り込んでいる時間が大変だろうとな思います。

短い時もあるでしょうが、1日や2日待つこともザラにあるようです。

その辺の苦労話は、フライデイの最近号に載っていましたね。


でも考えてみれば、普通の撮影でも、
1日や2日、いや場合によっては、それ以上も、
撮影現場にねばっていたというような話は、
よく聞きますよね。

たとえば、「富士山の日の出の一瞬」を撮るためとかです。


まあ、そんなわけで、こういう報道カメラマンにチャレンジする気があれば、
他のフォト雑誌なども調べてみるといいですね。

1日で、カメラマンになる可能性が開けるかもしれません。

私は、プロカメラマンを目指す人にとって、
こういうところで修業しながら、次のステップを模索するのも、
一つの手かもしれないなあと、マジで考えているんです。



nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
1日で報道カメラマンになれる方法 ブログトップ


スポンサーリンク



< トップへ戻る >