So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
コンデジカメラ ブログトップ

コンデジカメラ価格は安くコンテストもОK!主婦が見事金賞獲得! [コンデジカメラ]

コンデジカメラは価格は安くで買えます。
全国のコンテストにも充分対応できます!
犬の散歩途中で主婦の撮った写真が金賞に輝く!




こんにちは。

1月から

「最速・独学戦略」

についてお伝えしていますが、その内容を再度

挙げておきましょう。



「最速・独学戦略」場所の特定!



▲ ・・・・

① ブレインダンプして分野を絞る。

  「脳(brain)の中の情報を吐き出す(dump)」

② 調査をする。

③ 設計図作る。 

④ その道のプロになる(絶対やれるという分野を創る)

⑤ スケジュールを手帳やノートに計画を書き込む。

▲ ・・・・



今日は、その ②番目 に移りたいと思います。



② 番目は調査する。


これは、どういうことかと言いますと、


主に、撮影場所を決めるということです。

毎回、撮るたびに、撮影場所をさがしていると、

それだけで、かなりの時間をとられてしまいます。


「最速・独学戦略」では、時間を有効に使う

戦略でもありますので、

おおざっぱでも、場所を決めて下さい。



例)

私の場合を出してみます。

私は、「人物」を撮ると決めましたので、

人物が、多く集まる場所を特定しました。


・ 道路の横断歩道。

・ 百貨店の格売り場

・ 百貨店の休憩所。

・ 公園。

・ コンビニ。

・ 空港待合所。


次の写真 ①②は ある写真グループの女子学生さんですが、

ゴミ捨て場を撮っています。


女学生①.jpg


女学生②.jpg


この学生さんにとって、ゴミ捨て場に、何か

感じるものがあったのでしょう。

あるいは、ゴミに対して、問題意識を

持っていたのかも知れませんね。


こうして、街のゴミ捨て場を撮ると決めていたら、

次々と、その場所に移ります。

あっちへ、フラフラ、こっちへフラフラ

しなくてすみますね。(笑)



大体こんな感じで、事前に決めておくと撮りやすいし、

良い写真になりやすいといえるでしょう。

もちろん、時間も節約できます。

この学生さんは一眼レフを使っていますが、

安価なコンデジカメラを使用してもかまいません。

狭い場所での撮影(空港待合所など)では、

撮影に、コンパクトなカメラが、かなり「威力」を発揮します。


前にも言いましたが、有名なカメラマン「森山大道」は、

普段でも、小さな「コンデジカメラ」をポケットに

しのばせて街を歩いているというのを、

カメラ雑誌などで幾度か読んだことがあります。


「最速・独学戦略」 では、場所の調査は、

必ずやって下さいね。



近場で金賞を射止めた主婦!



場所を選ぶのに、なかなか時間のない人は、

近場、近所で撮って下さい。

人に見られるのがちょっと恥ずかしいという人は、

適当な時間に、自宅から少し離れた場所(10~30分ぐらい)

を見つけて下さい。


そこには、

「面白い建物」
「古びた垣根」
「冴えない小川」
「白壁に生えるツタ」
「みょうな恰好した電柱」
「工場や、店を出入りする人」


その気になれば、いくらでも見つかりますね。

それでは、朝の犬の散歩途中で撮った主婦の写真

をご紹介します。


以前、取り上げたことがありますが、私のお気に入りの

写真の一つですのであなたも、もう一度

ご覧になって下さい。



「フオトコン誌ネイチャーの部・推薦(1位)」
クモ①.jpg
(キャノンIXY・広角レンズ)(フオトコン誌ネイチャーの部推薦(1位)


これは、キャノンの安価なコンデジカメラで撮った「傑作」です。


ついでに、プロが撮った非常に似た写真がありますので

それも載せてみましょう。


tyouプロ.jpg



どうでしょう?


私は、プロのしゃしんより、主婦が

安いコンデジカメラで撮った


「蜘蛛=クモ」の写真が、


好きで、好きでたまりません(笑)







nice!(2)  コメント(0) 

コンデジカメラ・孫を撮ってグランプリ!賞金30万! [コンデジカメラ]

コンデジカメラ(コンパクトデジタルカメラのこと)で,孫を撮ったおばあちゃんが、グランプリ取って 賞金30万を射止めることもあるのです.




「内容がよければ、コンデジカメラでも写真コンテスト、
入選できますか・・・・・?」


集まった写真仲間のうち、サラリーマンのBさんの質問です。

「もちろん可能ですよ」 私は、即座に答えました。

コンデジカメラがまだ出ていない頃、
フイルム式で、誰でも簡単に使える小型カメラがありました。
いわゆる 「バカチョンカメラ」 というのがそれです。

シャッターだけ押せば、写るカメラです。
このカメラで 「やがてダムになる小さな村」 を記録した
おばあちゃんがいました。

撮りためたその写真は、後に1冊の写真集となり、
「沈む村」 として、個展も開かれました。
さらに、国からだったと思うのですが、
「ある写真賞」 まで受賞して、話題になったようでした。

少し前に取り上げた 「使い捨てカメラ」 でコンテストに
入選した人もありました。


コンデジカメラは、「バカチョンカメラ」 や、
「使い捨てカメラ」 より機能はよくなっております。

最近では、カメラ技術も進み、コンデジカメラは、
さらに、小型化されてきており、操作も簡単で、
画質や、外見などもすぐれたコンデジカメラが、
出回るようになってきております。 


実際、コンデジカメラで撮った写真がアチコチで、
入選しているように聞いております。



下の写真もその1例です。

(以前、催されたコニカカラー写真コンテスト・グランプリ=最高賞)
子供写真2人.jpg
(自分の孫をとったおばあちゃんの写真。
カメラは、コンデジカメラ。  賞金30万でした)



初心者の方には、コンデジカメラ をもっている人が多いようです。
特に、主婦の方や、学生さんによく見受けます。

いずれ、一眼レフを持たれるようになると思うのですが、
それまでは、コンデジカメラでがんばってみて下さい。


ただ、一つ注意していただきたいのは、
風景写真」 です。

huukei.jpg

上のような風景写真は、非常に高い画質と描写力が、問われますので、
コンデジカメラでは、すこし、厳しいかと思われます。

ですから、できれば、「風景」 以外を撮られると、よいと思います。

一眼レフを手に入れるまでは、コンデジカメラ でコツコツと撮ってみて下さい。   
決して無駄にはなりません。

>>コンパクトデジカメ最新・売れ筋ランキング一覧(楽天)

コンデジであろうが、使い捨てであろうが、被写体に、
カメラを向けている間は、光の具合や、構図、動きなど
その他もろもろ・・・・考えていますからね。

ガンバッテ下さい!

http://books.rakuten.co.jp/rb/11768608/








nice!(2)  コメント(0) 
コンデジカメラ ブログトップ

< トップへ戻る >