So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
片ウデの写真家! ブログトップ

口でシャッターをきる、片ウデの写真家! [片ウデの写真家!]

 右手を失った、片ウデの写真家! 口でシャッターを切る写真魂!



さて、今日は、ちょっと、スリリング な実例をあげてみたいと思います。

交通事故で、片腕をなくしながらも、ひたすら、プロを目指し、

「夢」 をなしとげた 「F」 さんのことです。


わたしが、「F」 さんのことを知ったのは、まったく偶然でした。

もっと、知りたくて、調べてみると、
あまりの壮絶さに、胸をえぐられるようでした。

もし、「右腕」 をなくしたら、みなさんは、どうされますか??


「F」 さんが、事故にあったのは、23歳の時だそうです。

3度の手術。  数回にわたる入院。  

さらに、苦痛をともなうリハビリ。

それは、
「呼吸が、困難になるほどの、想像を絶するような激痛との闘い」
だったそうです。

それから、3年。  

どうにか、回復すると、今度は、

「 これからどう ”生きたら”いいか 」 

という大きな問題に直面。

不安と焦燥の、どん底の日々が続いたようです。

そんな中で、選択したのが、なんと、

「ボクサー」を撮るカメラマンだったのです。


理由は、「夢を追う ボクサー に自分を重ねた」 そうです。

左腕でカメラを持ち、口でシャッターをきる。

シャッターにつながっている「ヒモ」のようなケーブルを口にくわえて、

シャッターをきるのだそうです。

リングの脇にもたれるようにして、カメラを持ったウデを置き、
下からボクサーを、ねらって、口にケーブルをくわえている姿は、
もう、執念のかたまりのように、見えました。

(プライバシーなので、写真をあげていませんが、想像してみてくださいね)

それから 12年。  
撮ったボクサーは 20人。 
続いて、その仲間と家族たち。

そして、ついに、それらの写真は、一冊の写真集として実を結びます。

「F」 さんを知るひとが、「F」 さんのことを、
次のように語っています。

「 恐怖と痛みと闘いながら、リングに立つ ボクサーの生き様 

に強く共感し、彼らの写真を撮るために ボクシング界に 

飛び込んだ 」 と。


「F」 さんのカメラマン像、あなたの目には
どう写ったでしょうか? 

何かのヒントになれば、嬉しいです。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
片ウデの写真家! ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >