So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
プロカメラマン・最短でなり得た私の方法! ブログトップ

人物写真!私のとった方法2 [プロカメラマン・最短でなり得た私の方法!]

カメラマンへの最短の方法は?
私はその方法を徹底的に考えました!







以前、書いたことと、ダブル部分がありますが、
都合上、ご理解くださいね。



プロカメラマンに、最短でなる方法として、
私は、4つの計画を立てました。

以前にも書きましたがもう一度挙げてみますね。



それは、次のような内容でした。

① 写真がどういうものかの基礎を知る。

② カメラマンとして、目指す方向を決める。

③ 実技(スナップ)を訓練する。

④ 写真コンテストで成果を試す。


ズブの素人であった私の場合、芸術性の高い写真は極力避けました。
というより、当初のわたしには、とても、そんな力はありませんでした。






人物写真でプロカメラマン、として、
採用される写真を撮るということに、的をしぼりました。



方法としては、主として、スナップ手法です。

プロカメラマンとして採用されるには、
普段どこでも見る光景では絶対だめだと考えました。


見た一瞬  「えっ?!」 と思える写真が要求されます。


つまり、「非日常的な写真」 を撮るということになります。


たとえば、アイドル歌手・嵐の桜井翔くんが、レストランで大きな口をあけて、
パンに食いついていたとすればどうでしょう?

そんな写真なら、「えー?」 と誰でも、のぞきこむでしょう。

また、国会で、審議中に イネムリ している大臣の写真などは、どうですか?
皆さんも、似たようなシーンを見たことありませんか?


もう一度繰り返します。

プロカメラマンとして、採用されるには、平凡ではなく、
「 非日常的」 な写真をとるということが非常に大事です。

撮る方法としては、 特殊な撮り方ではなく、ごく普通の「手撮り手法」
つまり、広い意味での「 スナップ手法 」で撮ります。


しかし、いくら、速くプロカメラマンになろうとしても、
「 非日常的」 写真として、芸能人を撮ったり、政治家を撮ったり、
また、何かの有名人を撮ったりする、時間的余裕などはほとんどありません。

ではどうするか?

そこで 「細分化・絞込み法」 という方法を使います。

撮る対象を、もっと絞り込んだらいいのです。



<人物写真・私の方法>


私は、まず、「人物を撮る」 ことに決めました。 
でも、それだけでは、足りません。  もっと絞ります。

ポイントはここです。

時間が思うように取れないわたしは、次のように
対象を絞り込みました。

人物の何を撮るか?

姿」 「しぐさ」 「格好」 「表情」 「服装」 ・・・等々。


このうち、「表情」 を中心に撮ることに決めました。

つまり、スナップの対象は、「表情」 です。


表情には、

笑う、泣く、怒る、ねたむ、憎む、苦しむ、喜ぶ・・・・などがあります。

これらを、自在に取れるようになれば、もう、しめたものです。


下の写真は、ドチラもポイントは表情にあります。
カメラ雑誌の月例コンテストに入選した写真を
引用させていただきました。

ケイタイで取り直したものですから、ちょっと、
見づらいかもしれませんが、元の写真は、ピントはしっかり合っていて、
非常に鮮明に写っております。

これら、2枚とも 「スナップ写真」 で、表情や、
姿を狙ったものです。





(ふりむく)
赤ん坊.jpg

(打つぞー!)
打つぞー.jpg







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
プロカメラマン・最短でなり得た私の方法! ブログトップ

< トップへ戻る >