So-net無料ブログ作成






風景画像①.jpg




          

写真家・田中義和氏の風景写真!撮影カメラは? [写真家・田中義和氏の風景写真!]

          写真家・田中義和氏の風景写真撮影カメラと感想!




こんにちは。


前回の、写真家・田中義和氏の風景写真をもう1枚ご覧下さい。
これもスケールの大きい風景写真です。

撮影カメラなども、ちょっと気になるところですね。

田中②.jpg


ほんとは、写真展とか、写真集などで見ていただければ、
風景写真の良さを満喫されると思うのですが、ブログでは、なかなかそこまでの
再現は困難だろうと思います。


写真家・田中義和氏の風景写真を見た人の感想を載せてみましょうか。


① Bさんの感想。

「 写真家・田中和義氏が撮影した
風景写真に、ハッとして魅了されてしまった。
皆さん、週刊誌なり写真集を、買って鑑賞しましょう。

・・・・・最初は、どのようなカメラマン氏なのだろうか? と、
いろいろ探してみた。
検索しても、詳しい情報は少ないけれど、やっと見付かった・・・・!」


② Sさんの感想。

「・・・・・ 写真家・田中和義氏の風景写真展を見てきた。
めちゃくちゃにショックを受けた写真展である。
こんな印象深い写真展はジョグ・スタージス以来である。

あそこまで緻密なグラデーション。
細部までの解像、立体感には、ただただ感動し、 言葉を失った。 せひ見て欲しい作品展であった・・・・・・」

(注)
「ジョグ・スタージスというのは、アメリカの写真家です。
20年ぐらい前に、ヨーロッパ各地の展覧会において、
世界的な評価を確立した写真家です。」

他にも多くの賛嘆の感想がよせられています。
皆さんすっかり魅了されてしまうようですね。

写真展に展示される写真、 特に風景写真は、1メートル角まで伸ばすことは、
ザラにありますので、カメラも、大型以上のものを使用している場合が、
めずらしくありません。

田中和義氏の使用カメラも、
今回は、8×10のウッドビューカメラによるものだったようです。

では、このような風景写真を撮り続ける写真家 「田中和義」 という人は、
いったいどんな人なのでしょうか。


簡単な、自己紹介がありますので、ご覧下さい。

 50歳を過ぎ、これからの人生を自分の好きな事をして生きようと思い、
25年続けた事業に見切りをつけ、平成15年、貧乏覚悟で風景写真家に転業。

四季折々の、世界に誇れる日本の風景をウッドビュー大型カメラ8×10を相棒に、
[風の吹くままお天気しだい]  ふらふらと毎日のように、
車中泊をしながら一枚一枚思いを込めてシャッターを切っている。

デジカメが大衆化した昨今、大勢の人が写真を楽しみ、テレビはハイビジョン化され、
より一層素、晴しい映像が提供されている。

しかし大型銀塩カメラの完成された滑らかな映像は、
何物をも凌ぐ、素晴しいもので特に大画面にて本領を発揮する。 」


カメラについては、初心者の方には、ちょっと、縁遠い感じですが、
それはそれとして、数回にわたってご紹介した、写真家・田中和義氏の
風景写真を堪能していただければ、それで充分です。

ちょっと、このブログの大きさでは、役不足ですけどね。
そこは、まあ大目に見てくださいね。

関心がある方は写真集をご覧下さい。
http://item.rakuten.co.jp/book/11416887/














nice!(0)  コメント(0) 
写真家・田中義和氏の風景写真! ブログトップ