So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
カメラマン:知られざるこんな方法もあります! ブログトップ

カメラマン:知られざるこんな方法もあります! [カメラマン:知られざるこんな方法もあります!]

    カメラマン:知られざるこんな方法!



こんにちは。


次のメールは、3年前に届いたものです。


「・・こんばんは! カメラマン志望の高校3年生です。
大学の写真サークルに入って楽しく技術や方法
学んでいけたらなと思っています!・・・」


以前、私の別のブログを読んで下さっていた 群馬の学生
「M」さん からのメールです。

当時、高校3年生で、これから大学へいくと言う時に
メールを送ってきた学生さんなのです。


ひょっとして、みなさんの参考になるかも知れませんので、
ご紹介してみたいと思います。


ーーーーーーーーーーここより

こんにちは、憶えておられますか? 当時高校生だった群馬の 「M」です。

病気をされたとかで、ブログが止まり、それ以来です。

今年、このブログに出会いました。

もしや?と思い、さかのぼって、記事を全部読んでみました。
間違いなかったです。

名が 「三郎」 というニックネームに変わっておりましたが、
以前の 「NJ」 さんのブログでした。
もう元気になられたのですね!  よかったですね。(笑)

今、僕は、早稲田の 4年です。  文学部で美術を取っています。
写真クラブにも入っております。

僕は、マスコミで カメラマン としてやりたいと思っていましたので、
三郎さんの意見を参考に、「日大の写真科」ではなく、普通大学をえらびました。

三郎さんは、
「 カメラ技術は、時間がたてば、だれでも自然に身につくけれど、 感性とか、美観は、そう簡単に会得できるものではありません 
と、よくおっしゃっていました。

僕は、かなり迷ったのですが、結局、普通の大学を選びました。
いろいろな事を勉強したかったので、僕の場合、これで正解でした。
広い視野で、ものごとを考えられるようになってきたように、思います。

川を見ているだけで、その表情に 「見とれたり」、
きらめく流れに 「感動」 するようになってきました。

一昨日紹介しておられた本も、最初に教えていただいた時(今月始め)
早速買ってみました。

確かにすばらしいです。 写真学校以上かもしれません。


電線」ばかりを撮って、個展を開いた主婦の記事には、
とりわけ驚きました。 

普段、気に留めたことのない「電線」が、
造形美」 として写真で表現できることに、
「えー?」 っと、思わず息をのんでしまいました。

又、人気絶頂の女性カメラマン「米美智子」さんも、スゴイですね。
カメラ雑誌の「 月例コンテスト 」に挑戦し続け、
とうとうプロカメラマンになってしまいました。

僕も頑張りたいと思います。・・・・・」


ーーーーーーーーーーーーここまで


長いメールからの抜粋です。

彼は、今早稲田大学の写真部で、活動しているのですが、
実は、早稲田は、マスコミに強い大学なんですね。

特に、報道畑の カメラマン は多く出ています。
いずれにしろ、彼のような考えで、
普通大学を選択する人もいるということです。

写真部とはいえ、しょせんは、独学と言ってよいのでは、
ないかなと私は思っています。

一昨日ご紹介した本を、とても喜んでくれていました。

もしよかったら、皆さんもご覧になって見て下さい。
普通の単行本に少し足せば買えます。

そして、おさしつかえなければ、コメント欄でいいですので、
一言 感想を教えていただければ、嬉しいです。(笑)


http://item.rakuten.co.jp/enterking/1-9999-99-9784903485775/


それでは又、この次で・・・・・・。










nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
カメラマン:知られざるこんな方法もあります! ブログトップ


スポンサーリンク



< トップへ戻る >